タワマンブラリ旅のblog

港区をメインに食べ歩き、日本100名道を巡る旅のお話を書いてます。 最近は、お仕事で、神奈川県や千葉県にも出没します( ´∀` )/ぽん

カテゴリ: 港区 芝5丁目

港区芝5丁目に昨年出来た田町タワーへ。
田町タワーの一階のマルシェを軽くチェック。
IMG_20240616_12435
IMG_20240616_124354
そして、1階の奥にある「JASMINE THAI 田町タワー店」でランチ。
空いている席に、スンナリ着席。
IMG_20240616_124456
IMG_20240616_124512
シックで上品なインテリア。
スタッフが、キビキビと動く。
IMG_20240616_124515
IMG_20240616_124518
平日のランチタイムは、混みこみですが、休日は空いてますね。
その代わり、ランチセットの値段が少し高い・・・
IMG_20240616_124523
オーダーは、休日ランチセットメニューから、、
「G.チキングリーンカレー」。
生春巻き・ご飯・タピオカミルク付きで、1500円(税込)。
IMG_20240616_125039
IMG_20240616_125058
IMG_20240616_125113
生春幹が、良いですねえ。
酸味の効いたドレッシングが、全体をまとめていて美味しい。
うんうん、これ、好きです。
IMG_20240616_125225
IMG_20240616_125241
IMG_20240616_125335
そして、翡翠色のカレー。
まずは、野菜とスープから。
IMG_20240616_125620
IMG_20240616_125621
IMG_20240616_125730
そして、ゴロゴロチキンをモリモリとオンザライスで食べ進みます。
メニューの表示では、辛さを示す唐辛子が2本。
しかし、それほど辛くない。旨し。
IMG_20240616_125805
IMG_20240616_125831
辛くないと、思って油断していたら、半分食べたころに来ました。
来ましたね~♪
IMG_20240616_125904
緑色の溶岩が私の胃袋の中でアバレル君。
沸々と燃え滾ってアチチ、アチチ、アッチッチと存在を主張。
IMG_20240616_125930
タピオカミルクの出番です。
これで、胃をナダメつつ、なんとか完食。
IMG_20240616_130705
IMG_20240616_130723
IMG_20240616_130749
旨しでした~( ´∀` )/ぽん!

港区芝5丁目「東京味噌ちゃんぽん 田町三田本店」でランチ。
昨年春にオープン。
IMG_20240514_123635
IMG_20240514_123651
以前、芝4丁目にあった伝説級の「とん汁とからあげの専門店 ばくばく」のご主人が、
チャンポンで勝負しています。
IMG_20240514_123700
入り口の券売機で紙チケット購入。
IMG_20240514_123730
IMG_20240514_123735
IMG_20240514_123918
IMG_20240514_123931
IMG_20240514_124030
チョイスは、、
「シビ辛味噌ちゃんぽん」990円。
IMG_20240514_124332
IMG_20240514_124347
亀戸の味噌専門店「佐野みそ」監修した4種類味噌を使い、
鶏ガラ&豚骨で摂った濃厚w出汁を合わせたスープ。一杯づつ大鍋で仕上げているようです。
(厨房の音で判断していますw)
IMG_20240514_124424
トッピングされた唐辛子と花椒が、見事にシビ辛。(
味と見た目で判断していますw)
IMG_20240514_124356
「1日の野菜を1杯で。」を標榜。
一杯に300gの野菜を使っています。
IMG_20240514_124500
IMG_20240514_124505
麺は、村上三朝日製麺所製で加水率低めのツルボソワッシリ中太ストレートチャンポン麺。
(店主のインスタグラムより抜粋w)
IMG_20240514_124532
IMG_20240514_124542
確かに旨い。
食べ終わって最後に飲むお冷が、痺れた唇に心地よい。
このお冷がぬるいと、シビ辛は台無しだが、ご主人は良く分ってイラッシャル。
IMG_20240514_125801
さて、しかし、、
芝5丁目には、老舗チャンポン店「ロビン69」や、巨大勢力「長崎ちゃんぽんリンガーハット」があるのです。少し、心配・・
と、思っていたら、店頭に貼り紙を発見。
来月で閉店だそうな。残念!
IMG_20240514_125843

昨日は、「貝のしらはら 田町タワー」でランチ。
三田駅直結「田町タワー」2階に、今年2月オープン。
IMG_20240511_113640
横浜関内~大井町~新橋の「貝・刺身専門店しらはら」の姉妹店です。
夜は貝をメインにした居酒屋。
ランチタイムは、「貝だし・追いがつおラーメン」が売りで、特に「ラーメン&手巻きor握り5貫セット」が狙い目。
IMG_20240511_113659
入り口の券売機で食券購入。
愛想の良い綺麗めスタッフ女子に手渡します。
IMG_20240511_113737
テーブルとカウンターで全30席ほど。木を生かした温もりのインテリア。
厨房のスタッフも結構なイケメン揃いだな・・
と思っているうちに、ササっと登場。
IMG_20240511_114159
「貝ダシ追いがつおラーメン&ねぎトロサーモン手巻き」1000円。
ラーメンからイキマス。
IMG_20240511_114232
IMG_20240511_114306
柔らかく煮込まれた豚バラチャーシュー、コマ肉2欠片、極太メンマ、
刻み白葱、紅白ナルト、海苔、ミツバがトッピング。 
IMG_20240511_114322
スープは、透きとおった琥珀色。
スッキリした優しい塩味ですね。
IMG_20240511_114346
このスープは、中太ツルシコピチピチ平打ちウエーヴ多加水麺に良く絡む。
IMG_20240511_114435
IMG_20240511_114440
う~~ん、貝の味をあまり感じないなあ。
美味しいから、なんでも、ええんやけど・・
IMG_20240511_114628
途中で、黒七味&にぼ酢で味変。
IMG_20240511_114750
IMG_20240511_114754
IMG_20240511_114854
コクが出て、サッパリして、さらに旨し。
IMG_20240511_114856
手巻きは、美しいルックス。
IMG_20240511_114922
脂がノッたサーモンが、口の中でプリプリッと踊る。
噛み切ろうとする歯を押し返す生きの良さ。
IMG_20240511_115159
それも、一瞬。。あああ、融ける、蕩ける~♪
ワサビを使っていないので、食べやすいね。
IMG_20240511_115207
サーモンが、ネットリと口内粘膜を撫でて、胃に落ちていく。
このノド越しのよさはどうよ。
酔いしれますなあ。
IMG_20240511_115212
ああああ、旨し。
これで、1000円だから、コスパは十分過ぎるでしょう。
ようこそ、田町へ~~♪

JR田町駅三田口・田町センタービル1階に「元祖油堂」が昨日オープン。
八重洲、恵比寿、横浜などに数軒の姉妹店があります。
IMG_20240421_090053
オープン時間の10分前に並ぶます。
あっという間に、行列が伸びていきます。高校生が多いですね。
IMG_20240429_105440
IMG_20240429_105442
入り口の券売機でチケットボタンをポチッとするシステム。
「辛味噌油そば」950円に惹かれましたが・・
一瞬の迷いの後、看板メニュー「油そば」850円。
IMG_20240429_105444
おすすめトッピングは「A」130円。
卵黄・肉増し・パルメザンチーズが追加されます。
IMG_20240429_105444 - コピー
麺量は、同一価格で、並150g・大225g・特大300gが選べます。
今回は、用心して、大をポチ。
IMG_20240429_105444 - コピー (2)
セルフで飲み放題の3種類のフリードリンクは、リンゴ黒酢、黒烏龍茶、ルイボスティー。
今回は、黒ウーロン茶をチョイス。
pr
IMG_20240429_110350
カウンター席に座って、食べ方の説明文を読みます。
IMG_20240429_105937
こだわりの油そば専用麺に、卓上調味料を好みで加えて、
「自分だけの油そば」をカスタマイズするんですね。
IMG_20240429_105912
IMG_20240429_105915
IMG_20240429_105931
綺麗で上品なルックス。
期待で胸が高鳴りますね。
IMG_20240429_110500
IMG_20240429_110508
IMG_20240429_110514
IMG_20240429_110516
まずは、ニンニク・タマネギ・紅ショウガを投入して、混ぜ混ぜ。。
セルフなので、遠慮なく、タップリ投入できるのが嬉しい。
IMG_20240429_110543
IMG_20240429_110603
丼の底のタレ油をしっかり、なじませます。
そして、、イキマス。
IMG_20240429_110626
IMG_20240429_110720
熱々で、モッチリで、ツルンとした歯触り。
喉越しが良いです。
IMG_20240429_110738
IMG_20240429_110744
さらに、ケイジャン・一味唐辛子・魚粉を投入。
味変が楽しい。
IMG_20240429_110839
IMG_20240429_110938
IMG_20240429_110852
さらに、さらに、ラー油・酢も投入。
この「油そば」、なかなか美味し。
IMG_20240429_110948
〆の追い飯を追加しようか迷いましたが。自分の年齢を考えて、パス。
卓上ポットのそば湯で残った油ダレを頂いてフィニッシュ!
IMG_20240429_111352
ご馳走様でしたあ。お見事です。
ようこそ、田町へ( ´∀` )/ぽん!





















JR田町駅を二階レベルで三田口方面へ。
目の前の田町センタービルの入ります。
IMG_20240422_110817
IMG_20240422_110819
地下一階の食堂街は魅力的なお店が色々。
さて、ランチは何処にしますかねぇ。
IMG_20240422_110850
IMG_20240422_110911
チョイスは「イタリア食堂TOKABO 田町センタービル店」。
意外にも、初訪問。
IMG_20240422_111035
IMG_20240422_111040
メニューを軽くチェック。
普段使いの大衆オステリア。(頭が頭痛的な表現?)
IMG_20240422_111043
IMG_20240422_111101
IMG_20240422_111103
明るくて、清潔な店内。
テーブル席とカウンター席で全60席ほど。意外と奥が広い。
IMG_20240422_111154
IMG_20240422_111257
ドリンクバーをチェック。
セットメニューですが、これが+120円なら、悪くない。
IMG_20240422_111320
ランチメニューを拝見。パスタが6種類ですね。
パスタの量、200g、300gは同じ値段。400gにすると+200円ですね。
そして、今回はパスしましたが、、、
パン、スープが、各150円!
サラダ、デザートが各180円とは、田町では破格の安さ。
IMG_20240422_111323
オーダーは、「鶏引き肉とそら豆のペペロンチーノ」950円に惹かれましたが・・
「蒸し鶏とグリーンピースのクリームソース」1200円。(全て税込価格)
ダイエット中ですが、我慢で来ず、麺量300gをコール。
IMG_20240422_112307
IMG_20240422_112312
IMG_20240422_112317
少し時間がかかったのは、最近流行の生パスタではなく、乾麺タイプだからですね。
美しい色合い(照明の加減で少し色が悪いですが・・)。
IMG_20240422_112322
底に沈んだ緑色のソースは、春が春を告げています。
グリーンピースが、春爛漫。
IMG_20240422_112330
パスタは、当然ながら、見事なアルデンテ。
塩加減も完璧。
IMG_20240422_112336
オリーブオイルが乳化して旨味に変わっています。
このシェフは、腕が良いと見た。
IMG_20240422_112351
散らされたガーリックチップが、シャクシャクと良いアクセント。
蒸鶏、美味し。
IMG_20240422_112324
あああ、本当に美味しです。
チカラ一杯、パスタを食べたい人は、是非、ここへ♪
今年のNo.1コスパランチかもしれない( ´∀` )/ぽん

「美少女戦士セーラームーン」と、水道局がコラボした「セーラームーン デザインマンホール」が、港区内の5カ所に設置された。
そのひとつを、田町駅前「慶應仲通り商店街」の入り口で発見。
IMG_20240406_142733
IMG_20240406_142736
なんで、港区?と思ったが、物語(アニメ)の舞台が港区麻布十番で、実在する街や建物が多数登場しているそうな。
知らんけど。。
IMG_20240406_142738
IMG_20240406_142738 - コピー
麻布十番にも違うデザインで設置されたらしいので、そのうちに行ってみる( ´∀` )/ぽん!

さて、自宅から徒歩5分の「札の辻スクエア」は、図書館や格安マーケットの入った複合ビル。
一階の観光インフォメーションセンターで「セーラームーン デザインマンホール パンフレット」をゲッツ。
IMG_20240412_14274
港区設置のデザインマンホール5カ所の位置が、ピンポイントで分かる。
麻布十番、六本木、そして東京タワーの近くと、芝公園ですね。
散歩がてらミニ行ってみるかな。。
IMG_20240412_142545
それはそれとして、オマケについてきた丸い記念カード。
これって、全部集めると何か良いことがあるの?
IMG_20240412_14275
神龍・シェンロンが出て来て、スーパーサイヤ人になれるとか。
それなら、コスプレイヤーの新聖地誕生だろうに。。
IMG_20240412_14276
惜しい企画だ。残念”!!
考えた人は、月に代わってお仕置きよ( ´∀` )/ぽん

JR山手線・田町駅へ。
これから、いよいよ再開発が進んでいくんだね~♪
IMG_20240306_114300 (1)
IMG_20240306_114300 (2)
IMG_20240306_114300 (3)
コンコース直上階の「ザ・ローズ&クラウン 田町店」でランチ。
4年ほど前は、アイリッシュパブでしたが、今はスコッチレストランになってます。
入り口へ続く階段が、ヴィクトリア調。
IMG_20240306_114711
IMG_20240306_114730
ウイリアム・モリスの壁紙に、クロムウエルの肖像画ですか。
んん?イングリッシュパブかな??
コンセプトが良く分らないっす( ´∀` )/ぽんIMG_20240306_114742 (1)
IMG_20240306_114802
IMG_20240306_114742 (2)
ケレン味タップリ。欧米か!
でも、こう言うのって、嫌いじゃない。
IMG_20240306_114742 (4)
IMG_20240306_114742 (3)
IMG_20240306_114742 (5)
広々とした店内も、重厚で落ち着いたインテリア。
バーカウンター、テーブル席、個室で全102席の大箱。
それにしても、キッチュ(死語?)ですなあ。
IMG_20240306_114964
IMG_20240306_114958
IMG_20240306_114967
メニューをチェック。
ハギスか、ラム肉を食べたかったが、無いですねぇ。残念。
IMG_20240306_115023
迷った末のオーダーは、、
5種類から3つハンバーグを選べる「数量限定 SPCIAL ハングリー ハンバーグ」、、、
に強く惹かれましたが・・・
IMG_20240306_115015
結局、「週替わりランチ」ライス付きで980円。
ランチサラダ150円と、ランチドリンクバー100円は、メインの量が分からないのでパス。
チキンの生姜焼き定食ですね。
IMG_20240306_120100
IMG_20240306_120111
IMG_20240306_120136
鶏肉の火加減が素晴らしい。
良く炒めたタマネギが甘くて、生姜風味のソースと合う。
IMG_20240306_120145
IMG_20240306_120255
IMG_20240306_120321
ああ、美味し。
ライスも粘りがあって甘い。
IMG_20240306_120337
IMG_20240306_120631
かなり旨いね。
駅ビルのチェーン店なので甘く見てました。ごめんなさい。
再訪は、十分ありだな( ´∀` )/ぽん!

田町駅前で応援。
IMG_20240303_133313
IMG_20240303_133327
IMG_20240303_133437
IMG_20240303_133647
ここからゴールまでは、残り5キロ。
最後の力を振り絞るランナーたち。
IMG_20240303_133848
IMG_20240303_133940
IMG_20240303_134105
ガンバンベー。
IMG_20240303_134858
IMG_20240303_134511
IMG_20240303_134432

山形~宮城の旅の疲れが抜けない。
こういう時こそ、天下一品の「こってり」だぁ♪
慶應仲通リ「天下一品田町店」へ出動!!
IMG_20240203_105908
IMG_20240203_110117
IMG_20240203_110213
IMG_20240203_110140
IMG_20240203_110511
こってりに、唐揚げトッピング。
1160円なり。豪華~~♪
IMG_20240203_111122
IMG_20240203_111149
IMG_20240203_111136
IMG_20240203_111200
辛味噌を入れて、完全体の出来上がり。
いよ~~!すてき!!
IMG_20240203_110727
IMG_20240203_111433
IMG_20240203_111444
IMG_20240203_111314
これで、完全復活だぜい( ´∀` )/ぽん!

港区芝5丁目、建築会館をうろうろ。
1
2
5
6
7
「慶仲通り商店街」に面した、目立たない階段を上がって、二階に上がります。
9
11
13
14
目的の「お店は、昨年8月にオープンしたイタリアン「LODA/ろーだ」
知らないと辿りつけない、分かり難い場所。
ペット同伴可のオープンテラス席が20席余り。
15
店内は、カウンター3席と、テーブルが24~5席ほど。
シンプルなデザインのインテリアは、清潔でオッサレ~♪
17
19
さて、ランチです。
メニューを拝見。ハンバーガーやカレーも売りなんですね。
21
オーダーは、サラダとスープがセットの「LODAパスタセット」。
どのパスタにするか、少し迷いましたが、、
コールは「週替わりパスタ」1100円+「ランチデザート」250円。
23
最初に登場したサラダのマッシュポテトが、ヤケに旨い。
24
ミネストローネスープに入っている野菜も、ちょっと感動するほど美味しい。
28
メインは、幅広の生パスタ。
ちょっと、ベロネーゼ風(説明してくれたが忘れたw)。
30
32
34
野菜の彩りも良く、ボリュームがあって、ガッツリ味わえる。
旨し。
36
40
38
自家製スイーツのデザート。
見た目はシンプルだが、甘さが立っていて味わい深い。食べだすと止まらない。
42
44
46
48
50
「ランチドリンク」250円は、今ならアンケートに答えると無料サービスだそうな。
もちろん、全部回答して「ホットコーヒー」をゲッツ。
52
ホットコーヒーも、本格的。
香りと酸味のバランスが良いので、まったりと味わってしまう。
56
スタッフ女子のホスピタリティーも完璧。素晴らしい。
ここは、田町で最強の隠れ家レストランだな。
慶應仲通リ商店街に新しい名店の誕生です。
ようこそ、田町へ~♪

昨年10月にオープンした「田町タワー」へ。
2階にあるレストラン街をウロウロ。
1
2
3
4
広州市場 田町タワー店」でランチ。
広州市「場田町タワー店」ではありません。
ありそうな地名ですが、、念のため( ´∀` )/ぽん!
5
7
9
「毎週木曜日は、ワンタン麺一杯500円サービスやっている。」と聞いて来たましが、違った。昨年末の開店背0ルの時だけだったようです。
少し残念。
11
ランチメニューから、「ワンタン麺ご飯セット」1012円(税込)。
選べるワンタン麺のスープは、、、
醤油 or 塩を選べますが、「醤油」。
13
セットのご飯は、、、
チャーシュー飯 or 高菜飯 or ルーロー飯(これは+120円)から選べますが・・・
「チャーシュー飯」をチョイス。
18
16
20
23
25
26
4類の味変調味料&中国醤油を使いつつ、、
7ケも入っているワンタンと格闘。
熱し、旨し。
28
30
32
34
36
食べるラー油ダレが一番美味しいかな。
38
40
チャーシュー飯も、調味料を使って味変。
43
44
48
これも食べるラー油ダレが一番美味しい。
50
ご馳走様でした。

港区芝5丁目、慶応仲通り商店街へ。
朝の11時前だと開いているお店は「少ない。
なんやかんやで、「三田製麺所 三田本店」で、ランチ。
1
4
一階は、カウンター席。
二~三階は、テーブル席。
カウンターに座ってメニューをチェック。
5
6
10
ダイエットが功を奏して、一か月で3キロ減ったのを祝し、好きなものを食べます。
11
9
オーダーは、、
冬季限定「味噌つけ麺 麺量 並み」1090円。
13
16
19
24
27
程よい辛さ。旨し。美味し。
体が芯からポカポカになります。
30
33
34
途中で、オロシニンニクや生姜を入れて味変。
ああ、美味し。
14
42
48
シッカリ、スープ割まで飲み干して体は、芯からポカポカ。
冬の定番ですねー( ´∀` )/ぽん!
54
59
素晴らしい年末です( ´∀` )/お~~ん!

2023年の第9位は、北海道新得町十割そば「肉そばトムラウシ田町店」。
港区芝に出来た「田町タワー」の一階に入った新店。
16
お店の外に置かれているレギュラーメニュー。
夜メニューですね。北海道らしいアルコール類も充実。
14
17
18
中へ入ると、木の温もりを生かした、清潔で綺麗なインテリア。
若い女性スタッフ3人が、キビキビと動いて、なかなかに華やか。
シェフも女の子なんですね。
20
ランチメニューを拝見。
全品とも、北海道新得町近辺で栽培されている「牡丹蕎麦」の十割蕎麦ですか。
これは、他品種と比べて香りや風味が強く、甘みが強いのが特徴。
こんな希少品種を使っているとは、頑張ってますね。
21
前回は「つけ蕎麦 辛旨 豚辛汁」をコールしましたが、、
今回は「せいろ蕎麦 定番もりつゆ」800円。
「信州ワサビめし」200円も付けました。
25
26
綺麗な、見とれるような、見事な蕎麦です。
丁寧に仕事しているのが、見ただけで伝わってきます。
26
27
30
まずは、蕎麦だけを何も付けずに、ひと口。
有名な「新得蕎麦」を名乗るだけあって、この十割蕎麦は、かなり旨し。
33
これほど良い蕎麦なら、蕎麦に塩だけ振って食べたくなるが、、
卓上を見渡しても塩が無いのが残念。
37
さて、ツユにつけて、もう、ひと口。
ツユは、それほど辛くない。優しい円やかな出汁です。
旨しですね。
40
薬味で味変。
これも良いなア。
46
48
蕎麦湯も美味しい。
50
52
そして、気になっていた「信州わさびめし」。
特性醤油を垂らして頂きます。
54
57
普通は捨ててしまう、ワサビの茎を使っているのがポイント。
カツヲ節粉の香りが良い。
58
64
あああ、旨し。
これが、今年出会った、No1.日本蕎麦です。
おーーん( ´∀` )/ぽん!

港区芝に出来た「田町タワー」。
ペデストリアンデッキで、JR田町駅から直結しています。
11
12
エスカレーターで、その一階へ。
13

北海道新得町十割そば「肉そばトムラウシ田町店」でランチ。
14
16
外に置かれているのは、レギュラーメニュー。
夜メニューですね。北海道らしいアルコール類も充実。
18
木の温もりを生かした、清潔で居心地の良いインテリア。
若いスタッフが、キビキビ動いて、なかなかに爽やか。
20
ランチメニューを拝見。
全て新得町産の蕎麦粉を使った、十割蕎麦なんですね。
22
コールは、「つけ蕎麦 辛旨 豚辛汁」1000円。
26
ツユには、色々沈んでます。
28
30
綺麗な、見とれるような、見事な蕎麦。
有名な新得蕎麦を名乗るだけあって、この十割蕎麦は、かなり旨し。
32
35
38
40
だが、ツユが、今ひとつパンチがない。
バランスが悪いのが惜しい。
七味を振って味変。普通に旨し。
44
46
蕎麦湯も美味しいのだが、辛旨ツユでは、味が良く分らない。
48
52
これほど良い蕎麦なら、蕎麦に塩だけ振って食べたい。
次は、ノーマルな「せいろ蕎麦 定番もりつゆ」を食べよう。
きっと、美味しいと思う。評価は、それからだな。
おーーん( ´∀` )/ぽん!

先月、田町駅直近にオープンした「田町タワー」を初訪問。
江戸時代末期、この場所で、勝海舟&西郷隆盛が、江戸無血開城を決めたとか。
11
13
15
二階のレストラン街へ。
このフロアには、ラーメン店が4軒以上入る模様で、現在、3軒が工事中。
田町に新しいラーメン激戦区が誕生しますね。
17
18
中華そば専門店 田中そば店 田町タワー店」をチョイス。
券売機の前で、何にするか?小考。。
19
46
21
23
先客たちは、無料サービスの「背脂多め」で、ラーメンを注文しているが、、、
我が道を行くオーダーは「中華そば」850円。
すべて、デフォでOK。
26
27
28
30
平打縮れツルシコ加水麺。
豚骨ベースに塩だれを合わせた透明なサッパリ味の醤油スープ
35
38
「気軽に食べる田舎のラーメン」が、コンセプトだそうだが、、
これは、ほぼ喜多方ラーメンなり。
38
だが、卓上に置かれた、喜多方ラーメンにはない「特製辛味・香唐」は特筆。
これを入れると一気に激辛となり、私好みの一杯に変身。
40
素晴らしい。
お見事です( ´∀` )/ぽん
41
43

食べ終わって、二階の外部に設けられた、ペデストリアンデッキをウロウロ。
57
50
53
55
ここを通れば、JR田町駅からの近道なんですね。
次回からは、そうします( ´∀` )/ぽん!

↑このページのトップヘ