タワマンブラリ旅のblog

港区をメインに食べ歩き、日本100名道を巡る旅のお話を書いてます。 最近は、お仕事で、神奈川県や千葉県にも出没します( ´∀` )/ぽん

カテゴリ: 日本100名道の旅・北海道

「うどん処 麦彩の丘」でランチした後は、「新栄の丘」へ向かいます。
このあたりは、富良野・美瑛の本来の姿。
DSCN8345
DSCN8347
DSCN8348
DSCN8350
DSCN8354
DSCN8355
「新栄の丘」に到着。
もちろん、ここの駐車場は無料( ´∀` )ぽん
DSCN8360
DSCN8363
DSCN8366
DSCN8365
本当に8年振りですね。。
360°の広大な風景とその中に佇む赤い屋根の家。
10年前と変わらない風景。
DSCN8358
DSCN8361
DSCN8376
さらに、少し走って、日本100名道「パッチワークの道」へ。
起伏のある広大な丘に、ケンとメリーの木、セブンスターの木、親子の木などの
有名な景観樹が点在します。盛り合わせでどうぞ( ´∀` )ぽん
DSCN8393
DSCN8395
DSCN8398
DSCN8400
DSCN8401
DSCN8404
DSCN8406
DSCN8407
DSCN8409
「哲学者の木」が見つからないと思ったら、持ち主が切り倒してしまったのですね。
DSCN8410
DSCN8411
DSCN8413
DSCN8416
グルっと一周したら、「北西の丘展望公園」で休憩。
三角錐の面白い形の展望台があります。
DSCN8372
DSCN8373
DSCN8374
DSCN8375
DSCN8376
眺望を楽しんだら、すぐそばの「はやつま商会」でオヤツタイム。
オネエサン、メッチャ愛想がよい。
DSCN8381
DSCN8382
「じゃがバター」350円に強く惹かれましたが、、
コールは「北あかりコロッケ」160円。
だって、優しいオネエサンのお勧めなんですもの。
DSCN8384
DSCN8385
店頭のテーブル席で食べていいよ~♪と言われて、お言葉に甘えました。
名産のジャガイモ「北あかり」を使ってます。
揚げたて熱々ホックリホコホコのコロッケ、ウマし。
DSCN8386
DSCN8387
オネエサンの愛情が詰まってました( ´∀` )/ぽん!

北海道の旅、五日目。日本100名道「北太平洋シーサイドライン」を走ります。
根室市・ノサップ岬からまで十勝・広尾町全長321kmの快走路。
そのうち、根室市街~ノサップ岬は前日走ったので、この日は、メインとなる根室~霧多布~厚岸まで、道道142号を走りました。
この道は、断崖や、湿原が次々と現れ、飽きません。見どころ満載の好ルート。 
DSCN7868
DSCN7880

一日に 5~6本の電車しか通らない ローカル線・初田牛駅を横目に見て、
恵茶人沼(えさしとぬま)の快走路へ。 
湿原が広がり、牛が放牧されている中を行きます。
DSCN7890
赤泊海岸。「史跡ウラヤコタン異国船上陸の地」だそうです。
道端に 碑が立っていました。
DSCN7881
DSCN7883
ムツゴロウ(畑正憲)氏の動物王国が有った「嶮暮帰島(けんぼっきじま)」が見えました。
楯を伏せたような平たい島。 
DSCN7892

絶景ポイント、霧多布岬・琵琶瀬展望台で休憩。
DSCN7901
DSCN7911
DSCN7902
東側は、波打ち寄せる雄大な太平洋。 
DSCN7905
西は、霧多布湿原の雄大な風景が広がります。
この湿原は、木道が整備され、初夏は、キスゲの花が咲き乱れます。
DSCN7907

小腹が空いたので、「浜中漁業協同組合売店」へ。
DSCN7914
DSCN7930
店内は、撮影禁止。でも料理は、撮影可。
名物・焼きガキ800円。プリプリリで熱々でジューシー。
DSCN7920
DSCN7922
DSCN7924
美味し。
東京で食べたら二倍はするな。
DSCN7926
DSCN7927
DSCN7928
お土産に牡蠣鍋の缶詰1200円をかったら、スタッフ女子のご機嫌が治った( ´∀` )ぽん
DSCN7929

そして、「涙岬・立石岬」へ寄り道。
今の季節は 誰もいませんね。
DSCN7937
漫画・ルパン三世の作者、モンキーパンチ氏の出身地なので、こんな看板があちこちに。 
オールドファンは楽しい。
DSCN7933
散策路が整備されています。
DSCN7939
DSCN7942
DSCN7941
DSCN7946
花咲き乱れる断崖の道。
陽が差さないと色が出ない。強風で花が揺れてピントが合わない。
DSCN7934
DSCN7935
DSCN7936
DSCN7938
DSCN7945
DSCN7955
DSCN7954
沖合の岩は、東北大震災の津波で破壊されて、形が変わってしまったそうな。
以前は、メガネのように 穴が二つ開いていたとか。 
DSCN7947
DSCN7948

天気の悪い日の北海道も、風情があるものです・・
それにしても、寒かったです。

北海道別海町尾岱沼へ。
荒涼とした風景が続く、「道道950号線野付半島」を走ります。
この道も「日本100名道」のひとつ。
DSCN7210
知床半島と根室半島の中間で海に伸びる、釣り針の形をした全長28kmの砂嘴。
砂や小石の堆積と海水の侵食で今の姿になりました。
DSCN7698
右が野付湾。
DSCN7216
左が北方領土を望むオホーツク海。
DSCN7211
電柱が最果ての旅情を漂わせ、北の果てへ来たことを実感する。。
原生林が海水で立ち枯れしたナラワラを見物。
DSCN7214 (2)
DSCN7214 (1)
DSCN7216 (2)
エゾジカの群れが、其処かしこに居ました。
DSCN7655
DSCN7652
DSCN7654
DSCN7650
ハマナスの実が、沢山成っていました。
これを食べているのかな?
DSCN7697
ほぼ先端に近いトドワラ展望台へ。
野付半島ネイチャーセンターがあります。
DSCN7241 (2)
DSCN7243
DSCN7240 (1)
DSCN7241 (1)
併設された「道の駅おだいとう」で休憩。
生憎と、レストランはお休み。
シーズンオフだからかな。
DSCN7240 (2)
結局、土産物売り場で「ソフトクリーム」350円(税込)。
寒いので、展望スペースで食べます。
DSCN7248
地元・別海町の美味しい牛乳を使用。
黒糖を使ったコーンは、サクサクで香ばしい。
甘し、旨し。お見事です。
DSCN7250
DSCN7251
ここからだと、北方領土・択捉島までは、16キロ。
想像より、遥かに近く見えます。
DSCN7253
そして、野付半島の先端へ。
灯台の近くから先は、一般車は進入禁止。
景色だけ眺めて引き返しました。
DSCN7674
DSCN7659
DSCN7661

知床五湖をチェックした後は、知床半島を南北に走る「知床横断道路」へ。
この道も「日本100名道」のひとつ。
羅臼岳の肩にある知床峠へ上っていきます。
$RI7179E
DSCN7563
$RGKGAUN
DSCN7584
羅臼岳直下のパーキングで休憩。
ここは、先日もヒグマが出たんだそうで、周囲の確認をしながら撮影。
DSCN7572
DSCN7570
DSCN7569
この道を走るのは、4回目ですが、国後島がこんなにクッキリと見えたのは初めてです。
DSCN7576
DSCN7590
そして、羅臼に向かって下ります。
DSCN7577
DSCN7592
DSCN7595
DSCN7600
DSCN7594
DSCN7597
DSCN7602

「阿寒横断道路」を東へ走り切り、弟子屈で左折。
国道243号線」を走って、標高525mの美幌峠へ向かいます。
DSCN6993
DSCN6996
DSCN6998
思い起こせば・・・
最初に、この峠に来たのは、38年前の3月。猛吹雪で何も見えませんでした。
DSCN7000
次に来たのは、32年前にGW。二日間通いましたが、豪雨に見舞われて何も見えませんでした。
DSCN7001
その次に来たのは、8年前の秋。早朝だったので一面の雲海が広がり、屈斜路湖は見えませんでした。
それなりに絶景ではあったものの。。
DSCN7002
そして、ついに全景を見ることが出来たのは、7年前の6月。
もう思い残すことはないと思いました。
DSCN7004
今回は、アレコレ、通算で8回目でしょうか。
見事なパノラマが私を待っていてくれました。
中島が浮かぶ屈斜路湖。藻琴山、斜里岳などの知床連山。大雪山系の山々。
DSCN7006_Moment(2)
DSCN7006_Moment(3)
DSCN7006_Moment(4)
DSCN7006_Moment(5)
DSCN7006_Moment(6)
私は、この景色を日本三大絶景に数えています。
やはり、来てよかった。嬉しい( ´∀` )ぽん

ナイタイ高原牧場を出発し、足寄町へ。
目立つ看板があると思ったら、なるほど、この方のご実家でしたか。
DSCN6933
DSCN6932
それは、それとして、、
足寄から、弟子屈温泉まで、原生林の中を走り抜ける観光道路「阿寒横断道路」。
これもまた、日本100名道の名に恥じない、景色がたくさんあります。
DSCN6937
まずは、オンネトー。
少し、南に外れた場所にありますが、雌阿寒岳と阿寒富士を望む静かな湖。
DSCN6938
DSCN6941
DSCN6943
晴れていれば絶景だったでしょう。
DSCN6956
DSCN6953
DSCN6963
DSCN6962
阿寒湖畔の温泉街をスルー。
エゾジカがいました。
DSCN6968
DSCN6969
DSCN6971
雄阿寒岳を車窓に見ながらさらに東へ。
ペンケトウ、パンケトウの2湖が見える「双湖台」で休憩。
DSCN6974
DSCN6977
DSCN6978
DSCN6984
DSCN6980
さらに、走って、雄阿寒岳、雌阿寒岳の二山が見える「双岳台」。
DSCN6988
DSCN6989
素晴らしい景観道路なので、アクセルを踏みたくなりますが、スピードの出し過ぎに注意。
せっかくの旅行が、不愉快な気分になりたくないですからねー。

ナイタイ高原牧場のなだらかな丘の道を走り切り、標高800mの終点へ。
120台の巨大な駐車場に車を停めます。
ここに天空のカフェ「ナイタイ高原牧場ナイタイテラス」があるのですが、完全に霧の中でした。
DSCN6887
DSCN6888
DSCN6890
2016年に以前のプレハブ建物が、風で倒壊。
2019年にコンクリート打ち放しのサレオツ系デザインで新築。
全面ガラス張りで十勝平野を一望。
内装は、黒を基調として統一。
DSCN6891
DSCN6898
DSCN6904
DSCN6889
さて、朝10時前なのにすでに行列。
人気スポットなんですね。
DSCN6892
DSCN6895
DSCN6896
DSCN6903 (2)
DSCN6903
オーダーは、「アフォード」に惹かれましたが。。
アイスクリームの「しろ(士幌町フレッシュミルク)」410円。
カップも選べますが、ポリポリの食感が嬉しいコーンをコール。
DSCN6906
オーダーを受けてから、ひとつづつ作って、すぐに登場。
外の景色を見ながら食べたら最高でしょうけど、生憎の霧。
DSCN6908
ホールの椅子に座って食べます。
DSCN6905
甘し美味し。

糠平温泉を遅めに出発し、すぐ近所の「ナイタイ牧場」へ。
日本最大の面積1700haを誇る公共牧場だそうな。
DSCN6880
DSCN6881
DSCN6882
なだらかな起伏の1本の道。
展望台へ向かって走ると、徐々に朝霧が濃くなる。
DSCN6884
DSCN6885 (1)
DSCN6885 (2)
DSCN6885 (3)
DSCN6885 (4)
霧に包まれていると、チムチムドンドコするのだが、、
それもそのはず、晴れていれば十勝平野を一望する絶景道路。
日本100名道のひとつに数えられる道なんです。

日本100名道「糠平国道/ぬかびらこくどう」を糠平湖に沿って北上。
三国峠の東側に広がる 雄大な原生林。
シラカバ、ダケカンバが美しい。良く整備された気持のよい快走路です。 
DSCN6729
DSCN6731
この道には、旧国鉄・士幌線の為に作られたコンクリート製のアーチ橋梁が点在します。
ヒグマに怯えながら、原始林の中に分け入ります。
DSCN6764
DSCN6765 (2)
DSCN6766
DSCN6767
DSCN6768
三の沢橋梁や第五音更川橋梁、その他、多くの名橋があります。
その中でも最も有名な橋は「タウシュベツ川橋梁」。
DSCN6772
DSCN6770
今回は、展望台から望遠しただけです。
詳しくはこちらをどうぞ。

三国峠が近づきます。
ツーリング本でよく紹介されてますね。
DSCN6740
DSCN6744
DSCN6742
DSCN6746
絶景ポイント「緑深橋」に到着。
前回来た時は、道路工事中で見ることのできなかった景色。
ついにまた、「やってきました。
DSCN6750
目の前に東大雪の雄大な光景が広がります。
松見大橋をパチリ。 
DSCN6757
DSCN6751
DSCN6753
しかし、天気が、今ひとつでしたね。 
色々と撮影モードを変えてみましたが、私のコンデジでは、これが限界。かなり、残念。
DSCN6759
この日の宿、糠平温泉郷に向かいます。
DSCN6760
十勝三股付近の白樺林。
DSCN6763

羽田空港を定刻に離陸。
北海道産タマネギのオニオンスープを飲みながら暫し。
DSCN6699
DSCN6701
DSCN6706
DSCN6712
雄大な十勝平野が見えてくると、ほどなく帯広十勝空港に着陸。
DSCN6713
DSCN6714
ここは、ジャガイモ王国。
カルビーノの大地。
DSCN6716
ここから一気に、十勝平野を北上し、糠平温泉郷を抜けて、大雪山に向かいます。
DSCN6717
DSCN6718
DSCN6722

稚内から日本海に沿う道道106号線・サロベツ原野線、
別名「オロロンライン」。
稚内から小樽まで380キロ続くシーサイドロードは、空と大地と海の間を行く一本道。
ここは、もちろん、日本100名道~~~!
DSCN8069
サロベツ原野から、南下すると、天塩のすぐ手前で「オトンルイ風力発電所」が見えてきます。
オロロンライン・道道106号線沿いに立つ 巨大な風車群。
凄いですね。
DSCN8070
ランチで貴重だった「砂丘林レストハウス」が、昨年閉店していたのは、かなりショック!
稚内から羽幌までの150キロ間で食事できる場所がないと言う非常事態が発生しています。
このお店、ホッキガイカレーや、タコカレーが絶品だっただけに惜しまれる・・。


ここで、Uターン。稚内に戻ります。
DSCN8078
DSCN8072
人工物がないサロベツ原野。
海の向こうに浮かぶのは、利尻富士。
DSCN8073
DSCN8074
北緯45度ラインを超えて、オロロンライン・道道106号線をさらに北上。
北緯45度の風を感じて走ります。
DSCN8075
DSCN8076
DSCN8080
DSCN8082
DSCN8083
DSCN8085
エゾニュウ。巨大ですね。
DSCN8089
DSCN8090
さらに、北へ。。
DSCN8120
DSCN8121
道端のお地蔵小屋。
ここが、北海道と利尻島の最短距離スポットです。
DSCN8129
DSCN8130
つまり、北海道で最も 大きく 立派な 利尻富士が見える場所。
無藻に隠れて、見えませんでしたけどね。

オホーツク海に面した猿払村「笠井旅館」を出発。
まっすぐに西に走って、日本海まで横断。
DSCN8024
途中で、「サロベツ湿原センター」へ。
「人と自然の共生」をテーマに、平成23年4月に開館。
ここへ来るのは、三回目ですが、無料なので軽く見学~~w
DSCN8025
DSCN8026
サロベツ原野は、野生の宝庫。 
たくさんの花と 動物が暮らしています。
DSCN8027
「サロベツ」は、アイヌ語の「サル・オ・ペツ」葦原(アシハラ)を流れる川が語源ですねー。 
広大な湿原の中を散策。
回遊コースは、二種類。
1キロコースと、0.8キロコースがありますが、急ぐ旅ではないので、長い方をを歩きました。
DSCN8028
DSCN8029
DSCN8036
雲がなければ、正面に利尻富士が見えたはずなんですが・・残念。
DSCN8037
DSCN8038
DSCN8039
DSCN8041
サロベツ湿原・原生花園のお写真もアップしておきますね。

巨大な花は、エゾニュウの群れ
DSCN8031
DSCN8030
エゾノサワアザミ
DSCN8034
コバイケイソウの種子。
DSCN8033
DSCN8034 (2)
ノリウツギ
DSCN8046
DSCN8047
タチギボウシ
DSCN8049
DSCN8050
オオマルバノホロシかな?
DSCN8051
???
DSCN8044
花の時期には、少し遅かったです( ´∀` )/ぽん!

宗谷岬からへ網走へ続く日本100名道「国道238号」を走ります。
DSCN7852
DSCN7856日本100名道 国道238号 
DSCN7859
この道は、オホーツク海に沿って南下する、気持ちの良い快走路。
DSCN7861
DSCN7864
ですが、今回は、猿払村で、この道を外れて、東に折れ「猿払村道 エサヌカ線」へ入ります。
日本100名道・国道238号と並行する海沿いの道。
電信柱や送電線が無くなりましたよね。
そうです。
道路しか人工物のない快走路が、8キロ以上続く道なんです。 
DSCN7865猿払村道エサヌカ線
ここへ来たら、238号ではなく、こちらを走ってください。
きっと素晴らしい風景に出会えます。
DSCN7871
いくら走っても景色が、変わらない。 
すれ違ったバイクや車が、逃げ水の中に溶けていく。
北を向いてパチリ。 
DSCN7882
南を向いてパチリ。
DSCN7880
エサヌカ線の北半分は、「エサヌカ原生花園」の中を行きます。
DSCN7872
見渡す限り、すべてお花畑。
DSCN7874
DSCN7877
DSCN7876
DSCN7875
そして、南半分は、牛が草を食む牧場。
DSCN7884
エサヌカ線を走りきり、ついに辿り着きました。
ここが、「ベニヤ原生花園」。 
DSCN7886ベニヤ原生花園
DSCN7887
独りで遊歩道を歩きます。
DSCN7891
面積330ヘクタール。
砂丘性・湿原性合わせて、100種以上の花が咲くお花畑。
DSCN7888
DSCN7889
見頃は、ノハナショウブが満開の7月上旬。
今回は、ちょいと遅かった。 
DSCN7898
オニシモツケの群落。 
DSCN7895
DSCN7896
DSCN7935
DSCN7936
DSCN7937
DSCN7894
エゾニュウは、背丈を超える高さを誇ります。
DSCN7904
DSCN7906
 DSCN7929
DSCN7931
紫色のクガイソウ。 
DSCN7897
DSCN7934
DSCN7893
DSCN7902
DSCN7903
DSCN7909
DSCN7913
DSCN7912
DSCN7928
オホーツク海へ続く道。 
DSCN7910
DSCN7911
DSCN7925
DSCN7926
DSCN7927
DSCN7914
DSCN7915
DSCN7916
DSCN7920
DSCN7919
DSCN7917
ハマエンドウ。 ハマナス 。
どれも素晴らしい。
DSCN7924
DSCN7921

北海道で、まず最初にやってきたのは、「宗谷丘陵の白い道」。
ライダーの憧れの道なので、皆さん、頑張って走ってました。
DSCN7798
DSCN7799
DSCN7801
稚内から、宗谷岬に向かって海添いを走り、この標識が左にある交差点を見つけたら、
ここを丘に向かって右折します。
今回は、「ゴール地点」から、逆ルートを走りました。
DSCN7803
DSCN7804
ホタテガイなどの貝殻を敷き詰めた白い道。
貝は、割らずに そのまま 撒いていますが、、、
車やバイクが たくさん走るようになって粉々。
DSCN7806
DSCN7825
白い道が、丘陵全体に、網の目のように広がります。
振りければ、利尻岳がみえます。
DSCN7807
ここは、青空の下で走る道ですね~~♪
前回、ここへ来たのは、9年前。
途中で道を間違えて、半分しか走っていなかったので、改めてリベンジなんです。
DSCN7808
DSCN7819
DSCN7818
DSCN7832
日本海とオホーツク海を見ながら走る丘の上の細い道。
一部、舗装路もありますが、美しいです。
DSCN7828
途中で、北向きに折れて、オホーツク海へ降りていきます。
DSCN7833
DSCN7838
海際に降りる所で、キタキツネのお出迎えを受けました。
DSCN7840
DSCN7841

そして、日本最北端の「宗谷岬」へ。
DSCN7844
DSCN7848
お約束の最北端の地の碑。
モニュメントです。
DSCN7845
海の中にアオサギがいました。
日本最北端のアオサギです。
DSCN7847
晴れていればカラフトが見えるそうですが、、
霞んで見えませんね( ´∀` )/ぽん!

2017北海道の旅。 最後の7日目。

せたな町の「国民宿舎 あわび山荘」を早朝に出発。
帰りの飛行機の時間が気になったのですが、、、
とても居心地の良い宿だったので、朝食を食べなかったのが、心残りですw
(朝食のレストランをホームページから無断コピペ)
イメージ 19

追分ソーランライン(国道229号線)を日本海添いに、函館に向かいます。
雨の中、一時間ほど走って、海抜40mの高さに位置する絶景ポイント、「道の駅 ルート229元和台」に到着。
イメージ 1


紺碧の日本海や 北へ続く変化に富んだ海岸線が、見渡せるはずだったのですが、、、
この旅は、本当に、まあ、お天気に恵まれなかったですねえw
イメージ 2


続いて、北海道唯一の城下町「松前町」に到着。
イメージ 3


「道の駅 北前船 松前」から、松前城をパチリ。
早朝の為、観光施設は、まだ開いていないので、先に向かいます。
イメージ 4


北海道最南端の「白神岬」パーキングに到着。この石碑の下を 青函トンネルが通っています。
イメージ 5


天候の良い日は、青森県の竜飛岬が、この水平線上に見えるそうですが・・残念!
イメージ 7


函館方面をパチリ。
白神岬は、実は、渡り鳥のサンクチュアリ。国内に生息する鳥500種類のうち 300種類が観測されています。しかし、波が砕ける音が聞こえるのみ。。
イメージ 6


さらに走って、ついに「函館山」が、見えました~~w
イメージ 8


ここで、寄り道~~♪
北斗市、木地挽山「きじひき高原」へ~w
イメージ 9


一昨年4月に出来た 小綺麗な休憩所、「パノラマ展望台」に到着~~w
昨年の訪問は、完全に霧の中でした~~w
イメージ 10


この丘の上が、本当のパノラマ展望台です。もちろん登ります~w
イメージ 11


大沼方面。またもや、駒ケ岳は、雲の中~!(ポチで拡大)
イメージ 12


大沼公園をアップ~~w
イメージ 17


函館方面。函館山がかすかに見えました~w

イメージ 18


角度を変えて、函館山をアップで。 う~~ん、判りにくいですねええw
イメージ 13


そして、ついに 函館市街に到着。
イメージ 14


赤信号で停止しているスキに 路面電車をパチリ。
イメージ 15


いろんなのが走ってます~~♪
イメージ 16

この旅のお話は、まだ、続きます。。w

↑このページのトップヘ