タワマンブラリ旅のblog

港区をメインに食べ歩き、日本100名道を巡る旅のお話を書いてます。 最近は、お仕事で、神奈川県や千葉県にも出没します( ´∀` )/ぽん

カテゴリ: 港区 海岸港南台場

夕方になって、港区台場へ。
小腹が空いたので、東京港に面した「デックス東京ビーチ シーサイドモール」をウロウロ。
IMG_20240529_161300
IMG_20240529_161302
中高生くらいの男女が、そこかしこにタムロシテ騒いでいる。
この人たち、学校は行ってないのかい?
IMG_20240529_161305
IMG_20240529_161324
そんなこんなで、、
4階にできた「お台場たこ焼きミュージアム」をじっくりと見学。
昭和10年(1935年)に、このお店の初代遠藤留吉が考案。
たこ焼きの前身「ラヂオ焼き」を発明したそうな。
IMG_20240529_161418
IMG_20240529_161420
コロモに、牛肉・コンニャク・豆などを入れた、「ラヂオ焼き」が、たこ焼きの原点らしい。
その後、お客様の「大阪は肉かいな。明石はタコ入れとるで。ほんまに。」の一言をヒントに、ラヂオ焼きにタコを入れ完成。
「たこ焼き」と名づけ、世間の好評を得たとか。
IMG_20240529_161433
IMG_20240529_161436
大阪府の”大阪産(もん)名品”に認証され、
ミシュランガイドにも掲載されていると誇らしげに謳っている。
ホンマかいなぁ?まあ、ええんやけどぉ。。
IMG_20240529_161617
IMG_20240529_161439
中高生に混じって、還暦おじさんが一人で食べるのは、恥ずかしいのでテイクアウト。
自宅に戻って試食タイム。
IMG_20240529_163940
IMG_20240529_164145
IMG_20240529_164150
持ち帰ったのは「会津二種盛り」960円。
元祖たこ焼き&元祖ラヂオ焼きが、各6個入りです。
IMG_20240529_164251
IMG_20240529_164256
さてさて、小麦粉を醤油味のダシで溶いて、ソースを付けずに食べるのが、ここのたこ焼き。
元祖たこ焼きは、中はフンワリトロトロで、外はカリッとクリスピー。
IMG_20240529_164308
コロモに入れたダシが効いてますね。
確かに、何もつけないで旨しです。
IMG_20240529_164337
元祖ラヂオ焼きは、すじコンニャクが入っている。
コクのある生地に、プニュッとした歯ごたえが楽しい。
IMG_20240529_164414
自宅に持ち帰るの20分ほどかかって、少し冷えてしまったのが残念だったけど・・
十分に旨しでした( ´∀` )/ぽん!

早朝の品川駅を東に歩き、「すき家 港南2丁目店」へ。
IMG_20240519_050809
IMG_20240519_050822
IMG_20240519_050824
IMG_20240519_050826
ここは、タブレットで注文する省力化システム。
オーダーは、朝セットの中から選びます。
「牛たまかけ朝食(ご飯ミニ)」360円。
スマホに保管した、‐30円クーポンを使うので、お支払いは、330円なんですけどね~♪
IMG_20240519_050828
IMG_20240519_050933

朝食の定番、生玉子・のり・ごはん・みそ汁・牛肉ミニ・小鉢と
盛りだくさんのラインナップこれは、良いんでないかぁぁぁ~♪
IMG_20240519_051133
IMG_20240519_051137
味噌汁は普通に熱々で旨し。
IMG_20240519_051546
牛肉は、光沢があって美しい。
IMG_20240519_051140
IMG_20240519_051531
IMG_20240519_051608
IMG_20240519_051624
そして、TKG。
IMG_20240519_051353
IMG_20240519_051414
海苔もセットして完成です。。
IMG_20240519_051653
あああ、美味し。満足しました。
しかし、海苔が3枚しかないのが、ちょっと惜しいなあ。4枚は、欲しかった。
まあ、ええんやけど( ´∀` )/ぽん!!

昨日は、連絡船「おがさわら丸」の今年度最後の出港を見送りに竹芝桟橋へ。 IMG_20240327_104218
IMG_20240327_105440
IMG_20240327_110057
例年のように、悲喜交々、阿鼻叫喚、五臓六腑的なの人間ドラマが見られるかと期待したが、、 毎年、少しづつ、見送りが少なくなっている気がする。 IMG_20240327_105615
IMG_20240327_105739
もやいが解かれて出航。
IMG_20240327_110159
IMG_20240327_110600
IMG_20240327_110707
父島の小笠原高校に赴任する先生は、前の便で行ってしまったのか? 都から依頼されて島に赴く医師や役人もそうなのかな。 別れを惜しんで呼びかわす家族の姿がなかったのは、残念。
IMG_20240327_110727
IMG_20240327_110826
IMG_20240327_110909
IMG_20240327_111245
IMG_20240327_111404
とりあえず、父島までの航海に、ボンボヤージュ♪

昨日の東京は、快晴。
朝からご近所を散歩。芝浦運河をパチリ。IMG_20240218_095720
IMG_20240218_095128
IMG_20240218_095253
虹橋を渡って「お台場」へ向かいます。
風のない晴れた日は、絶好の散策コース。
IMG_20240218_100439
IMG_20240218_103205
IMG_20240218_103206
IMG_20240218_103752
IMG_20240218_105032
IMG_20240218_105235
IMG_20240218_105416
IMG_20240218_105540
港区のコートダジュールこと、海の向こうの離れ小島「お台場」へ。
IMG_20240218_105808
IMG_20240218_110607
IMG_20240218_110147
IMG_20240218_111119
海に面して開けた、お台場は、河津桜が満開。
IMG_20240218_111014
IMG_20240218_110922
IMG_20240218_111033
お台場とは、正式には「東京港第3台場史跡公園」。
もっと細かく言うと、「東京港第3砲台場埠頭史跡公園」。
江戸時代末期に、黒船対策で急造された大砲置き場なんです。
IMG_20240218_111831
IMG_20240218_111909
IMG_20240218_111952
IMG_20240218_112056
IMG_20240218_112119
IMG_20240218_112310
IMG_20240218_112404
IMG_20240218_112436
IMG_20240218_112508
IMG_20240218_114239
IMG_20240218_114551
IMG_20240218_120031
IMG_20240218_121022
IMG_20240218_120357
二月とは思えない陽気の日曜日。
散策を楽しむ人がたくさんいました。

JR品川駅ビルに到着。
アチラコチラをウロウロとな。。
IMG_20240216_104245
IMG_20240216_104821
IMG_20240216_104832
駅ビル4階の「グランドセントラル オイスターバー&レストラン」へ。
ランチで利用するのは、15年ぶりかな。
IMG_20240216_104834
IMG_20240216_110033
古き良き時代(old good days)のニューヨークの香りが漂うインテリア。
本店は、NY・Grand Central駅で最も古いレストラン。
25種類以上の魚と、30種類の牡蠣を揃えるシーフードの名店です。
IMG_20240216_110131
そして、ここが日本進出の第一号店。
開業20周年なので、20時以降に使える20%オフチケット配布中。
IMG_20240216_114518
日本支店は各所にありますが、どこも本店のインテリアをコピーしています。
それにしても、長い名前だ。。
IMG_20240216_110140
ランチメニューを拝見。。
オーダーは、限定20食の「スパイシーシーフードカレー」に強く惹かれたものの・・・、、、
IMG_20240216_110141
今の季節は、やっぱり「牡蠣フライ御膳」。
スープ、ドリンク付で1500円(税込)。
IMG_20240216_110155
IMG_20240216_111503
選べるドリンクは、ジンジャエールをコール。
IMG_20240216_110501
クラムチャウダー、熱し、旨し。
IMG_20240216_110634
IMG_20240216_111331
マッシュポテトも良い出来き。ビタミンCが一杯です。
IMG_20240216_111629
IMG_20240216_111655
熱い熱い揚げたて牡蠣フライ。ウッカリ皿に触れると火傷しそう。
IMG_20240216_111437
牡蠣フライが、折り重なったスクラムトライで私を呼んでます。
こいつは、特製オイスターソースで良し。
IMG_20240216_111734
IMG_20240216_112405
レモンを絞って良し。
IMG_20240216_112005
IMG_20240216_112340
噛むと牡蠣のスープが溢れ出す。
ライスも甘くて、牡蠣フライにベストマッチ。
IMG_20240216_112341
IMG_20240216_112412
IMG_20240216_113144
やはり、使えるお店だ。
満足しました。
スタッフ女子の制服が、シワシワだったのだけは残念だったものの( ´∀` )/ぽん!

品川駅港南口を出たところにある「どんぶり屋幸丼(コウドン)東京品川」でランチ。
3
5
7
9
メニューは、外の置き看板でチェック。
11
入り口の券売機で、紙チケット購入。
チョイスは、2019年丼グランプリで金賞を受賞した「幸丼豚玉丼」に強く惹かれましたが・・・
指は、何と「黒丼カレー」味噌汁付き850円をポチしていました。
ビックリだなあ、もう( ´∀` )/ぽん!
15
カウンター席のみ9席。
しかも、席が固定され、その背後が通路(コート掛けスペース兼用)になっているので、客スペースが無茶苦茶に狭い。
18
それはそれとして、その狭いスペースに体を捻じ込み、着丼を待ちます。
20
登場~♪
迫力がありますね。
23
25
27
29
31
濃厚なルーは、豚骨スープベースで、数種類のスパイスを合わせています。
焼豚や味付半熟玉子との相性もバッチリ。
34
36
38
40
42
45
旨しです。
でも、お店の評価は、やはり、「幸丼豚玉丼」を食べてからだなあ( ´∀` )/ぽん!

港区港南1丁目、アレア品川ビルへ。。
3
5
そのビルの別館の 3Fが目的地。
窓をカーテンで閉ざしていますが、結構なサレオツ系中華料理店。
13
メニューを拝見。
ピリっと辛いスパイシーな「麻辣&白湯スープ 火鍋」がおすすめだそうな。。
しかし、ランチタイムはやっていませんでした。残念。
料理の写真は、どれも美味しそうです。
16
17
コールは「ラム肉の麻辣鍋味炒め定食」。
色々セット、白飯・スープお代わりフリーで、1250円。
22
24
26
スープ、美味し。
27
サラダ、旨し。
41
水餃子も、ピリ辛でウマし。
45
49
麻辣鍋(マーラー)のエッセンスを生かしたラム肉の野菜炒め。
使用されているタップリの漢方が、体に効く~♪
50
52
辛さが素晴らしい上に、花椒の痺れが堪りません。
食べるほどに、脳内に、マーラーの交響曲が鳴り響きます。
53
55
58
ピリ辛料理の後で頂く、デザートの杏仁豆腐。
甘し、旨し。
63
66
最後に飲むお冷が、ピりピりと痺れる唇に心地よい。
あああ、辛し、旨し。
68
お見事でした( ´∀` )/お~~ん!

港区港南の「品川シーズンテラス」へ。
3
5
7
二階にあるフードコートでランチ。
9
みんな大好き!「喜多方ラーメン坂内 品川シーズンテラス店」に惹かれたが、、
20
21
メニュー。
色々と、こだわりの多いトンカツ店ですね。
24

25
28
キャベツ、お新香がセルフで食べ放題。
冷たいお茶も飲み放題。
30
31
32
33
34
「ロースカツ定食、ご飯並み」990円。
肉質にこだわらなければ、これで十分。
48
50
52
53
揚げたてなので、口の中を火傷した。
55
58
65
66
68
76
キャベツは、かなり大雑把にカットしている。
口当たりが悪いなあ。
79
とにかく肉が固い。
久しぶりに、胃もたれした。
残念( ´∀` )/お~~ん!

JR品川駅・港南口へ。
最近できたばかりの新店「ただハンバーグが食べたい。」でランチ。
4
6
8
午前11時半~午後2時のみ、営業しています。
階段を上がった二階がお店。
10
12
バー風のインテリア。
それもそのはず、夜は別の傾斜が飲み屋を営んでいて、二毛作営業なんです。
18
窓際のテーブルに着席。
品川駅前の広場が、良く見えます。
22
20
24
メニューをチェック。
なるほど、ハンバーグだけなんですね。
14
16
コールは、「牛100%のハンバーグ ダブル(80g二個)」。
ご飯(セルフでお代わり可)、生卵(セルフで1個のみ取れる)、
味噌汁、コールスロー付きで、1300円(税込)。
28
30
32
33
26
40
熱く焼かれた溶岩プレートに乗っての登場です。
34
36
38
卓上のシャリアピンソースをたっぷりかけて頂きます。
湯気熱し。
うんうん、肉旨し。
41
42
44
46
サービスの生玉子も、旨いマッチング。
ハンバーグを浸して良し、TKGにして良し。
49
48
50
55
58
60
62
64
悪くないなあ。
もう少し、ご飯が美味しければ、新橋の名店「山本のハンバーグ」と良い勝負かも、、
ちょっとだけ、惜しい・・ですなあ。

港区港南「品川インターシティ」をウロウロ。
何度来ても、巨大な凄い街だね。
1
3
5
そんなこんなで、、
JR品川駅・港南口にある「味の店 大元」でランチ。
10
14
16
カウンターのみ、12~3席。
町中華の典型的なメニューがズラリと並ぶ。
19
21
22
天津丼&餃子で1550円。
ナルホド、このお値段だけあって凄いボリューム。
23
25
52
天津丼に掛けられた、トマトケチャップの味がする醤油餡は、味が単調。
もう少し、何かが欲しい。
31
33
35
餃子も巨大ですね。
40
43
ニンニクが、ガッきり利いているが、餡の白菜に存在感がない。
そして、塩分濃度が高い。
餡のスープを吸った皮は、旨し。
46
50
若いサラリーマン向けの店だね
そこそこ、美味しではあったものの。。

自宅から徒歩10分弱の散歩で、東京港へ。
虹橋をパチリ。
3
東京港福利厚生協会が運営する「湾岸食堂本店」でランチ。
バブル景気の時代、数々のドラマの撮影(フジTV系多し)で使われたレストラン。
56
8
港湾地域の勤務者の公共施設とは思えません。
虹橋が見えるサレオツレストランなんです。
9
17
食品サンプルをチェック。
週替わりメニューもチェック。
18
20
22
23
そして、券売機でプラ券購入。
「丸特ランチ」780円が、コスパ最強らしいのですが、私が選んだのは、、
「トンカツ定食」750円。安過ぎ!
23
25
意外と広くて、天井が高い。
レインボーブリッジが見えるカウンター席へ。
カツが揚がるまで席で5分間待ちます。
26
30
配膳コーナーで受け取ります。
あつあつ揚げたてが嬉しい。
トンカツソースと、サラダドレッシングは、セルフ。お好みでどうぞ。
33
36
39
ボリューム十分。
コロモが、ちゃんと豚肉にくっついているのが、当たり前ながらお見事。
手抜きなしですね。
42
45
48
53
50
56
繰り返しますが、750円ですからね~♪
ご馳走さまでした。おーーん( ´∀` )/ぽん!

お天気も良く、散歩しつつ、芝浦中央公園へ。
お花畑や、バラ園・ビオトープもあって、家族連れが初夏の風を楽しんでいました。
DSCN8400
家族連れの楽園になっている、公園を抜けて、「品川シーズンテラスビル」へ。
自宅から、7~8分ですが、久しぶりの訪問。
時折、無性に、ここのラーメンが食べたくなるのは、もはや中毒症状?
DSCN8413
DSCN8415
券売機で、紙チケット購入。
他二店(蕎麦屋とトンカツ屋)と、共用のフードコート(176席、完全禁煙)でしばし待ちます。
DSCN8420
DSCN8418
冷たい麦茶は、セルフ。
出来上がると、配膳口に呼ばれて、受け取ります。
DSCN8429
DSCN8425
DSCN8426
セルフで席に運んで準備完了。
チョイスは、「和風冷やしラーメン」860円(税込)。
DSCN8430
ごま油の良い香りが立ち昇ります。
これぞ、喜多方ラーメン冷やしバージョン。
DSCN8431
氷と脂が浮く冷たいスープは、昆布の出汁が効いてます。
DSCN8432
手もみ風の熟成ツルシコ多加水麺。
美味し。旨し。
DSCN8433
DSCN8434
DSCN8435
蕩けるチャーシューを、冷たいスープに浸して食べると、実に美味し。
DSCN8447
DSCN8448
DSCN8449
チャーシューのお花畑に、チャーシューのチョウチョが乱舞!
ワサビが効いてますねえ。
DSCN8452
DSCN8454
シナチクも良いアクセント。
ワサビがあってこそ、この一杯。うまし。
DSCN8458
DSCN8459
DSCN8461
お見事でした。
大好きです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

再開発がほぼ終了した品川駅港南口に、50m四方ほどの忘れられた一角があります。
戦後の闇市の跡がそのまま残った、飲食店がひしめき合う、ディープな場所。
DSCN7400
DSCN7401
DSCN7402
DSCN7404
DSCN7405
怪しげな家が集積し、独特の香りが漂います。
その一番奥で営業しているホルモン居酒屋。
その名は、ズバリ「 路地裏」。
DSCN7406
DSCN7408
DSCN7409
多くのメディアの取材を受け、知る人ぞ知る存在になりました。
有名人の色紙がたくさん飾られているのが、インテリアになってます。
DSCN7410
DSCN7412
カウンターとテーブルで50席ほど。
楽し気な会話が飛び交う店内。
こういうのが好きな人には、たまらないでしょうね。
DSCN7413
オーダーは「旨辛牛すじ煮込み定食」。
ライス・柴漬け・ワカメスープが付いて850円(税込)。
DSCN7414
DSCN7415
DSCN7417
DSCN7418 (2)
DSCN7418
赤い色のすじ肉煮込みは、30年以上守り続けられた味。
確かに、旨辛。
DSCN7424
DSCN7425
DSCN7426
少し、煮込みが足りない肉は、すじ肉そのもの。
これもご愛敬。
DSCN7427
DSCN7428
DSCN7429
DSCN7431
DSCN7432
噛むのに時間がかかって、アゴが疲れるが、体のためにはそれも良いこと。
美味しかった、と言っておきます。
夜の部の時間まで煮込めば、もっともっと、美味しくなるんでしょうね( ´∀` )/ぽん!

虹橋の下で、東京港をノンビリと眺める昼下がり。
こんな日も悪くない。。
DSCN3300
DSCN3302
そんなこんなで、、
秀味 海岸店」でランチ。
DSCN3305
DSCN3307
芝浦埠頭近くにある創業60年の中華料理店。
15年ぶりくらいの訪問。
DSCN3308
DSCN3311
DSCN3311 - コピー
カウンター12席のみ。
お店は、以前のままですね。。
と、思ったら、壁に飾られていた立川談志師匠の色紙が無くなってました。
DSCN3315
野菜たっぷりの熱々シャキシャキ「タンメン」が名物。
券売機で食券を購入しようとしたらマスターが「チャーハン、旨いよ♪ 旨いよ♪」。
DSCN3396
私の記憶が確かならば、、
ここの炒飯は、保温ジャーに入った作り置きだったはず。
いわゆる「ジャーハン」。
それは勘弁ね、と初志貫徹で「タンメン」880円のボタンをポチリとな。
DSCN3397
カウンターに着席。
目の前で、大きな中華鍋を振り、中華独特のバカ火力で、野菜に火を通して作っています。
DSCN3399
DSCN3400
DSCN3401
キャベツ・モヤシ・人参・玉葱・ニンニク。
そこにわずかな豚肉が、「僕も忘れないで~!」と存在を主張しています。
DSCN3402
DSCN3403
壁に自家製(本当に?)と書かれた、ツルシコ加水ストレート細麺。
ニンニクが効いた、削り節がフワフワ揺れる塩味キツメの茶濁スープ。
DSCN3404
出汁は豚骨ガラと香味野菜ベース。
たっぷりの化学調味料が隠し味で効いてます。
DSCN3405
DSCN3406
もとは、埠頭で働く港湾労働者向けのお店。
この味が受けるのです。
DSCN3408
まずまずですな。
ではぁ~~♪

自宅から徒歩8分ほどの、港区港南1丁目「品川シーズンテラス」へ。
途中で、芝浦中央公園の紅葉を軽くチェック。
最盛期は過ぎていて、傷んだ葉が目立ちます。
DSCN7300
DSCN7303
さて、なんやかんやで、シーズンテラスのレストラン街へ。
魅力的なお店が一杯あります。
和カフェのお店。
もともとは、お茶屋さんです。
DSCN7309
二度目の訪問。
木のぬくもりを生かしたインテリアが、上品。
スタッフ女子もテキパキ動いて、気持ちがよい。
DSCN7310
前回のチョイスは、「鯛茶漬け」1300円(税込)。
魂を抜かれるような優しい透明な味でした。
DSCN7312
DSCN7313
今回のオーダーは、「番長カレー」から「トンカツカレー」1200円(税込)。
辛いカレーの専門店「カレー番長」がコラボして提供しています。
DSCN7317
DSCN7316
ありゃっ??盛り付けが、メニューの写真と違う。
まあねえ、味が大事だからね、と納得しつつ、ひと口。
DSCN7318
DSCN7319
DSCN7320
DSCN7323
DSCN7324
辛さの中に優しさを感じる旨味がすばらしい。
あとをひく辛さ。
DSCN7325
DSCN7326
20種類以上のスパイスと30種類以上の素材を煮込んでいるのがこのカレーの秘密だそうな。
わかりやすく言えば、大阪・西梅田発祥の「インディアンカレー」の辛さを少し和らげた感じ。
DSCN7327
DSCN7331
「病みつきカレー」との謳い文句ですが、それほどでもないかな。
まあ、おいしいのは美味しいわけで、それは良いのだが・・( ´∀` )*ぽん!

↑このページのトップヘ