タワマンブラリ旅のblog

港区をメインに食べ歩き、日本100名道を巡る旅のお話を書いてます。 最近は、お仕事で、神奈川県や千葉県にも出没します( ´∀` )/ぽん

カテゴリ: 千葉県

昨日は、千葉市美浜区の千葉市地方卸売市場へ。
入り口の管理ボックスで、食事しに来ました、と申告。
臨時入館証を受け取って中に入り、敷地中央の駐車場に駐車。
IMG_20240601_090812
IMG_20240601_091053 (1)
黄色い壁が目を惹く、奇妙なデザインの関連棟が目的地。
IMG_20240601_091053 (2)
IMG_20240601_091612
IMG_20240601_091753
IMG_20240601_091824
2Fの「お食事処さくら」でブランチ。
朝8時から営業しているので何かとありがたい。
IMG_20240601_091844
一度も、冷凍していない生マグロを提供しています。
氷水で冷やしただけで流通しているのは、近海で獲れた生マグロだからこそ。
IMG_20240601_091900
昨日は、壱岐近海の極上生本まぐろでした。
ちなみに、使っているお米は、千葉県匝瑳市産プレミアムふさこがね。
IMG_20240601_091902
IMG_20240601_091911
カウンター、テーブル、小上がりで、全24~5席。
壁には、今年入った生マグロの写真が産地名入りで貼られています。
IMG_20240601_094150
IMG_20240601_094152 - コピー
IMG_20240601_094152
IMG_20240601_094352
IMG_20240601_094354
ほとんどのお客様が、海鮮系の料理をオーダーしています。
まあ、そうなりますよね。
IMG_20240601_094356
IMG_20240601_094358
オーダーは、「生マグロ丼(上)」1810円。
素晴らしいボリューム。
IMG_20240601_094748
IMG_20240601_094759
IMG_20240601_094814
IMG_20240601_094828
IMG_20240601_094843
IMG_20240601_095026
マグロが、口の中で蕩けて、甘さだけを残して淡雪のように消えていく。
近海モノの生マグロって、こんなに美味しかったとは、、、
IMG_20240601_095103
IMG_20240601_095130
IMG_20240601_095112
これが、本物の生マグロなんですね。
酢飯まで全てが甘くて、トロけるようだ。
IMG_20240601_095222
IMG_20240601_095226
IMG_20240601_095326
IMG_20240601_095646
大将の「どうだ、うまいだろ♪」との、ドヤ顔は伊達じゃない。
ちょっと感動した。
生マグロって、凄い!

千葉県九十九里「成東・東金食虫植物群落」で初夏の花を観察した後は・・
山武市の「パンケ成東店」でランチ。
IMG_20240504_125908
ご近所の「どさんこ」、「帯広ロッキー総本店」、「北海とんこつ ら~めん純輝」等と、
九十九里を舞台に数十年に渡る北海道ラーメン戦争を繰り広げる猛者。
八千代台、京成大久保」にも姉妹店があります。
IMG_20240504_125929
10台以上止められる駐車場があるので、旅行者には便利です。
テーブル、小上がり、カウンター席で全25~6席。
IMG_20240504_130203
卓上には、一味、胡椒、ラー油、二ンニクなどの味変セットが一式。
IMG_20240504_130432
壁のメニューをチェック。
名前通り、北海道味噌ラーメンが売りですが、オリジナルラーメンもたくさんあります。
IMG_20240504_130209
IMG_20240504_130309
特に、カレーらーめん各種と、つけ麺系が目を惹きますね。
自家製餃子もお勧めですか。
IMG_20240504_130303
IMG_20240504_130306
オーダーは、、
「コク旨味噌ラーメン」980円 &「シャケ節ご飯」400円。
IMG_20240504_130617
IMG_20240504_130622
ナイスなルックスで登場。
コーン、ネギ、モヤシ、炙りチャーシュー、シナチク、海苔。。
IMG_20240504_130640
バターが見る見るうちに溶けていく。
あああ、味噌が香る。
IMG_20240504_131051
IMG_20240504_130759
麺は、もちろん札幌西山製麺の特注品。
鹹水がガッキリ効いた黄色い綺麗な麺が味噌スープに映える。
IMG_20240504_131052
ツルシコ加水ピチピチ中太縮れ麺は、喉越し最高。
味噌ラーメンには、やっぱり、これでしょう。
IMG_20240504_131054
ノリで巻いて食べると、旨いね。
IMG_20240504_131056
「シャケ節ご飯」は、薄く削った花のような節が、ご飯の上でユラユラと呼んでいる。
IMG_20240504_131525
醤油を少し掛けて味見。
あまり、シャケ風味を感じませんね。
IMG_20240504_131527
IMG_20240504_131549
残ったスープを掛けて雑炊風。
おおお、これは良い。
IMG_20240504_131639
IMG_20240504_131717
IMG_20240504_131823
IMG_20240504_131837
シャケの香りが立って、美味いわあ。
お見事です。
次回は、気になってショウガナイ一杯、
「レッドタンタン炙りチャーシュー麺」
を食べに来ますね( ´∀` )/ぽん!

昨日は、GW名物の道路大渋滞に耐えて、
成東・東金食虫植物群落」へ行ってきました。
IMG_20240504_13200
IMG_20240504_13300
日本の天然記念物 第1号。
2021年の調査で約450種の植物と、8種類の食虫植物が確認されています。
IMG_20240504_13362
IMG_20240504_13367
絶滅危惧種の動植物が、ごっそり集まって暮らす様子は、まさにノアの箱舟。
季節に応じて、次々に違う花が咲いてイキマス。
IMG_20240504_134446
IMG_20240504_134448
今の湿原の主役は、ピンクのトキソウ。
朱鷺が羽を広げた色が緑の湿原に映えます。
まだ、5割程度の咲きですが、綺麗です。
IMG_20240504_134528
IMG_20240504_134529
IMG_20240504_134839
IMG_20240504_134613
IMG_20240504_134923
湿原を代表する食虫植物・イシモチソウも大きく育ち、捕虫を観察できます。
白い花です。
IMG_20240504_135308
IMG_20240504_135310
IMG_20240504_135318
黄色い花は、ウマノアシガタ。
頑張って、一か月以上咲き続けていますが、傷んだ花が増えてきました。
IMG_20240504_13369

IMG_20240504_13372
IMG_20240504_13375
青紫色のハルリンドウは、もう今年は終了。
種子を飛ばす準備をして、雨が降る日を待っています。
IMG_20240504_134444

IMG_20240504_140239

つくばエキスプレス「柏の葉キャンパス駅」へ。
ウロウロ。。凄い駅だね。。
IMG_20240423_104498
IMG_20240423_104482
そんなこんなで、、
やって来たのは、「千葉県柏市公設総合地方
卸売市場」
IMG_20240423_105727
IMG_20240423_105740
IMG_20240423_105745
早速、探検。楽しい。
そうか、そういうことなのか。この施設は、奥が深いなあ。(どういうこと?)
IMG_20240423_105853
IMG_20240423_105855
そんなこんなで、ランチタイム。
食堂棟には、魅力的な店舗が並びます。
IMG_20240423_105952
IMG_20240423_110021
IMG_20240423_110023
そこから、選んだのは「中華そば れもん」。
福島県の有名な「白川とら食堂」の系譜に連なるお店。
IMG_20240423_110100
IMG_20240423_110113
IMG_20240423_110123
先年、店名を「白川」から「れもん」に変える時に
メニューも大幅に減らして絞り込んでます。
IMG_20240423_110218
店内で待ち構えるスタッフ女子(奥様?)に、直接オーダーをコール。
先払いなんですね。
IMG_20240423_110449
選んだのは「特製中華そば」1400円。
選べる麺量は、200g。
IMG_20240423_111101
IMG_20240423_111105
鶏ガラが匂いたつ、絶品醤油スープ。
完全無化調でよくぞこれだけ旨味がだせるものよ。
IMG_20240423_111109
アトランタ五輪銅メダルの店主が打った、
自家製青竹打ち手揉みゴワゴワツルシコプッツンプリプリ加水太麺。
IMG_20240423_111305
喉越し最高。
粘膜を撫で回しながら胃に落ちていく感触は、とら系ラーメンの特徴。
IMG_20240423_111307
鉢一杯に幾重にも重なっているタップリのチャーシューは牛肩ロース。
スープに浸しながら食べると絶品。僅かな燻製香が、食欲を刺激します。
IMG_20240423_111110
海苔も良いものを選んでますね。
麺を包んで食べると旨いこと、旨いこと。
IMG_20240423_111423
シナチクも煮玉子も素晴らしい。
IMG_20240423_111112
IMG_20240423_111233
ホウレンソウに至るまで、全体的に調和が取れている。
感動モノだな。
IMG_20240423_111602
IMG_20240423_111727
本当に美味しかった。。
残念なのは、本家の「白川とら食堂」もそうだったが、
ちょっとだけ、スープがぬるかったこと。
それだけが惜しい( ´∀` )/ぽん

千葉県東金市「支那そば専門店へいきち東金店」でランチ。
IMG_20240416_110149 (1)
IMG_20240416_110149 (2)
2023年1月オープン。
三重県で創業し、食べログラーメンランキング1位になったが、千葉県に移転してきました。
千葉県の旭市・小見川町にも姉妹店がある人気店。
IMG_20240416_110149 (3)
IMG_20240416_110232
メニューは、潔く3種類のみ。
・支那そば 普通盛880円(大盛990円)
・ワンタン麺 普通盛1010円(大盛1120円)
・チャーシューの炊き込みご飯(ザーサイ付)120円(限定20食)
IMG_20240416_110236
入り口の券売機で紙チケット購入。
Ⅼ型配置のカウンターのみ、8席。
IMG_20240416_110308
キビキビした若いイケメンスタッフが二人で頑張ってます。
クールビューティースタッフ女子がいると聞きましたが、いませんでしたね。
ちょっと、残念。
IMG_20240416_110410
IMG_20240416_110418
コチラの売りは、何と言っても「まのけ」と呼ばれる「ワンタン麺」。
チョイスは、もちろん、
「ワンタン麺 普通盛」 & 「チャーシューの炊き込みご飯」。
IMG_20240416_110935
豚骨と鶏ガラが、ベースの透き通ったスープ。
IMG_20240416_110943
店内に貼られた説明では、漢方薬が色々入っているそうな。
健康に良いスープなんですね。知らんけど。
IMG_20240416_110955
蕩ける豚バラチャーシュー。これは、絶品の出来栄え。
IMG_20240416_111117
極細ツルシコピチピチ加水ストレート麺。
この喉越しの良さは、多加水麺かな。
IMG_20240416_111132
IMG_20240416_111144
ワンタンは、プリプリタプタプでシットリ熱々、。
IMG_20240416_111318
穂先メンマも美味し。
IMG_20240416_111329
チャーシューの炊き込みご飯が、凄い。
豚バラチャーシューの切り落としを炊き込んでいるのだが・・
IMG_20240416_111755
コンブ出汁が効いているし、醤油の味付けが濃いめで美味いのよ。
IMG_20240416_111757
IMG_20240416_111802
IMG_20240416_1118320
レンゲで掬って、スープに浸して食べると、極上の雑炊。
この組み合わせは、ベストマッチ。
IMG_20240416_111904
IMG_20240416_111913
素晴らしい。
このスープなら、ネギより微塵切りのタマネギが合うのでは?と思ったものの( ´∀` )/ぽん!

千葉県九十九里平野「成東・東金湿原(食虫植物群落)」へ行ってきました。
IMG_20240416_121233
IMG_20240416_121338
日本の天然記念物 第1号。
2021年の調査で約450種の植物と、8種類の食虫植物が確認されています。
絶滅危惧種の動植物が、ごっそり集まって暮らす様は、まるで「ノアの箱舟」。
IMG_20240416_121458
IMG_20240416_121459
IMG_20240416_121460
IMG_20240416_122134
IMG_20240416_122136
IMG_20240416_122253
IMG_20240416_122425
IMG_20240416_122407
春の花が、湿原のアチラコチラで咲いています。
IMG_20240416_121461
IMG_20240416_121463
今の時期の主役は、青紫色のハルリンドウ。
IMG_20240416_121557
IMG_20240416_121700
IMG_20240416_121701
そして、黄色いウマノアシガタ&ミツバツチグリ。
IMG_20240416_121464
IMG_20240416_121465
IMG_20240416_121550
天然記念物指定の決め手になった食虫植物。
まだ、イシモチソウとコモウセンゴケが芽吹いているだけ。
IMG_20240416_122543
IMG_20240416_122549
IMG_20240416_122626
コモウセンゴケは、こちらね。
IMG_20240416_122718
西洋タンポポ、オドリコソウ、カラスノエンドウも咲いています。
IMG_20240416_123513
IMG_20240416_123441
IMG_20240416_123614
ゼンマイも、勢いよく、芽を伸ばしています。
IMG_20240416_123440
数年ぶりに、この湿原でキジを見ました。
無事に生きていたんだ。良かった。
IMG_20240416_124016


さてさて、ところで・・・
北川フラム先生が、総合ディレクターを務める「千葉百年後芸術祭」。
内房が会場だと思っていたが、、、
今度の4月27日(土)は「山武東金湿原」を借り切って「イベント」するんだ。
千葉県誕生150周年記念事業の一環だから、内房に拘らなくても良いのね?
千葉県出身のアーチスト欄に「伊藤佐千夫」を載せるのは如何かと思うものの。。
いじょ( ´∀` )/ぽん!

千葉県長生郡長生村の「きらく」でランチ。
駐車場は、お店の裏に数台分あります。
IMG_20240407_114800 (1)
IMG_20240407_114800 (3)
IMG_20240407_114800 (4)
カーブミラーのあるT字路を裏に回ります。
駐車場を発見。
IMG_20240407_114800 (5)
IMG_20240407_114904
IMG_20240407_114934
家族経営で頑張ってきた、創業70年の町の老舗食堂。
店を仕切っていた祖父母が体調を崩し、経営の危機になりました。
IMG_20240407_114950
IMG_20240407_115113
しかし、二十歳そこそこの美人孫娘が跡を継いで奮闘中。
当初はメニューも限られたものしか用意できず、手が回らずにお客様をお待たせしたりしたようです。
IMG_20240407_115114 - コピー (2)
今はメニューも増え、後期高齢者の祖母と、アルバイトの三人でメニューごとに調理を分担。
サービスが向上しているようです。
IMG_20240407_115114 - コピー
オーダーは、テーブルの上の紙片に、テーブル番号と料理名を書いて厨房に渡します。
なるほど、慣れないウチは、このオーダーの取り方が確実ですね。
IMG_20240407_115116
私が紙に書いたのは「カツカレー」850円。
意外と早く提供されました。
IMG_20240407_115740
IMG_20240407_115747
IMG_20240407_115749
素晴らしいボリューム。
香辛料の香り。
IMG_20240407_115752
IMG_20240407_115754
市販のルーですね。
ジャワカレーともう一種類のミックスですか。
IMG_20240407_115756
IMG_20240407_115852
IMG_20240407_115913
ほんのりとスパイシー。
美味し。
IMG_20240407_115932
IMG_20240407_115938
IMG_20240407_120127
美人孫娘が、ハニカミながらお会計してくれました。
う~~ん、うんうん。。私の心にバラが咲いたよ。
他のメニューも食べに来ますね。
では~~~( ´∀` )/ぽん!

千葉県君津市「はちみつとミードのはちみつ工房」を見学。
IMG_20240407_091914
IMG_20240407_092016
IMG_20240407_092018 (1)
IMG_20240407_092018 (2)
まずは、ソフトクリーム。
券売機で紙チケット購入。
IMG_20240407_093140
チョイスは、「ハニーソフトクリーム」450円。
IMG_20240407_093241
IMG_20240407_093258
IMG_20240407_093403
ここは、何が凄いって、セルフで好きなだけ、追いハチミツさせてくれること。
IMG_20240407_093407
IMG_20240407_093524
IMG_20240407_093530
色々な花から採った5種類の蜂蜜と、蜂蜜チョコレート。
特に、蕎麦の花から採った黒い蜂蜜は、絶品。
IMG_20240407_093550
IMG_20240407_093623
カロリー高過ぎて体が火照る。
あああ、贅沢。素晴らしい。甘し。美味し。冷たし
IMG_20240407_093704
IMG_20240407_093646
IMG_20240407_093804
そして、ハチミツ作りを体験。
IMG_20240407_093420
IMG_20240407_093433
IMG_20240407_094315
IMG_20240407_094317
女王バチの見分け方を知る。
女王バチって、働きバチより大きいとの先入観があるが違っていた。
IMG_20240407_094319
蜂蜜を絞って出来立てを試食。
素晴らしいぞ♪
IMG_20240407_100901
IMG_20240407_101032
IMG_20240407_101038
IMG_20240407_101313
さらに、売店スペースへ。
IMG_20240407_101742
ここにも追い蜂蜜があります。
IMG_20240407_095826
試飲の楽園。これが、「ミード」かぁ!
車の運転があるので、ミードを試飲出来ないのが残念。
IMG_20240407_101918
IMG_20240407_101910
IMG_20240407_101950 (2)
蜂蜜レモンなら、飲める。
ノンアルコール、万歳。
IMG_20240407_101950 (3)
IMG_20240407_101950 (4)
IMG_20240407_101953
う~~ん、素晴らしい。
IMG_20240407_102502




























千葉県千葉市美浜区の「千葉市地方卸売市場」へ。
入り口の管理ボックスで「食事しに来ました。」と申告。
臨時入館証を受け取って中に入り、敷地中央の駐車場に駐車。
IMG_20240220_08341
IMG_20240220_083443
IMG_20240220_083444
黄色い壁が目を惹く、奇妙なデザインの関連棟が目的地。
IMG_20240220_083600
IMG_20240220_083601
まだ、朝の九時前。
二階の「長谷川食堂」で朝食。
IMG_20240220_083625
IMG_20240220_083726
IMG_20240220_083815
IMG_20240220_083817
IMG_20240220_083854
IMG_20240220_083856
IMG_20240220_083925
IMG_20240220_083927
IMG_20240220_083951
もともとは、中華料理店だったらしい。
メニューには、ラーメン、炒飯、ニラレバ炒め等が並ぶ。
IMG_20240220_084052
IMG_20240220_084055
しかし、場所柄もあり、オロシの魚問屋が格安で魚介類を提供。
いつしか、海鮮丼の名店になっていたとか。知らんけど。
そんなこんなで、ほとんどのお客様が、海鮮丼を食べます。
IMG_20240220_084101
IMG_20240220_084106
コールは、限定20食「びっくり海鮮丼」1580円。
決め手の一品は、アナゴか、ウニを選べますが、ウニを。
IMG_20240220_084828
IMG_20240220_084850
IMG_20240220_084854
IMG_20240220_084901
IMG_20240220_084939
IMG_20240220_085100
素晴らしいボリューム。
ウニが、口の中で蕩けて、甘さだけを残して淡雪のように消えていく。
IMG_20240220_085137
IMG_20240220_085148
ホタテも甘いなあ。
IMG_20240220_085236
イクラも、マグロも、酢飯まで全てが甘く融けていく。
IMG_20240220_085313
IMG_20240220_085323
IMG_20240220_085351
IMG_20240220_085547
IMG_20240220_085627
IMG_20240220_085628
IMG_20240220_085630
あああ、旨いぞ。お見事。
千葉って凄い。

先日の東北旅行に出かける前に、買い置きしていた食料を食べつくした。
そこで、昨日は、美味しい食べものの宝庫・九十九里へ買い出しに行ってきました。
その途中、「山武東金湿原」へ。
IMG_20240204_123442
湿原は、11月1日から、3月31日まで、立ち入り禁止。
でも、周囲の道路から、遠目に様子を見ることはできます。 IMG_20240204_123434
ここは、日本の天然記念物指定 第1号。 大正時代に、東京大学・牧野富太郎博士が、「植物学を学ぶ者は、必ずこの湿原に行かねばならない。」と言ったのが、指定の決め手になったとか。ならないとか。。
2021年の調査で約450種の植物と、8種類の食虫植物が確認されています。 絶滅危惧種の動植物が、ごっそり集まって暮らす様子は、まさにノアの箱舟。
IMG_20240204_123312
先週、野焼きしたばかりなので、焼け焦げた草が一面に!
天然記念物指定の範囲だけでなく、その周囲、数倍の面積が焼かれています。
湿原を外来種から守るために。それだけの労力を掛けなければならないのです。
IMG_20240204_123301
焼け跡では、たくさんの鳥が餌を啄む。
今年は、キジを見かけなかったのは、残念だが、結構、賑やかな光景。
IMG_20240204_123256
ここは、植物以外にも希少種の小動物も多いので、今のように草がない状況だと見つけやすいんです。
毎年、繰り返される野焼きだが、ボランティアさんや、関係各署の努力には頭が下がる。

千葉県山武市「濃厚鶏らーめんゴッチ」でランチ。
3年ぶりの訪問かな。
IMG_20240204_112402
IMG_20240204_112425
ラーメン「並木商事」、「二升屋」で修業したご主人はプロレス好き。
店名は、もちろん、プロレスの神様「カール・ゴッチ」に由来する。
もちろん、完全禁煙。
IMG_20240204_112427
自動券売機でチケット購入。
ご主人に手渡す。
IMG_20240204_112429
彼が、私を覚えていたのには、びっくり。
ホスピタリティとは、そう言うものだ、うん。
IMG_20240204_113034
オーダーは、「辛口つけ麺」880円+「ライス並」100円。
「お好み」は、すべて「普通」をコール。
IMG_20240204_113038
独特のスープは、食欲をそそる赤い色。
韓国唐辛子など6種類の香辛料をブレンドした魂を揺さぶるピリ辛味。
ゴマダレに鶏白湯を合わせ、隠し味で銚子名産・白醤油を使っています。
IMG_20240204_113800
IMG_20240204_113801
IMG_20240204_113803
九十九里名産のタマネギの微塵切りが、シャリシャリと良いアクセント。
IMG_20240204_114256
IMG_20240204_113807
つけ麺は、茹でるのに時間がかかる太麺。
菅野製麺の特注麺は美しい。
ズシリと重い手応え。丁寧に湯切りしていますね。
IMG_20240204_114300
IMG_20240204_114321
IMG_20240204_114354
IMG_20240204_114408
IMG_20240204_114425
チャーシューは、脂が溶けてホロホロに崩れる。
IMG_20240204_114456
IMG_20240204_114508
ニンニクチップとホウレン草が、この旨辛スープに素晴らしく合います。
IMG_20240204_114815
IMG_20240204_114855
IMG_20240204_114442
すべてに、ご飯が良く合う!
IMG_20240204_114620
IMG_20240204_114641
良い海苔です。
これもこだわってますね。
IMG_20240204_114709
IMG_20240204_114722
IMG_20240204_115338
シメのスープ割りまで、しっかり飲み干して、ああ、旨し。
IMG_20240204_115940
IMG_20240204_115954
IMG_20240204_120016
IMG_20240204_120029
まったくもって、うましです。

内房なぎさラインの途中にある「ニコニコドライブイン」でランチ。
有名な竹岡式ラーメン「鈴の家」から100mほどの場所にあります。
10
15
17
以前から、ジモティが食べに集う、隠れた名店と聞いていました。
ついに辿り着きました。
21
22
オーダーは、アジフライ。
そして、裏メニュー?の半ラーメン、半ライス。
25
26
30
合計で、970円(税込)。
噂通りの最強コスパの定食屋。
24
31
32
33
しかも、旨い。
朝食をあれだけ食べたあとなのに、いくらでも食べられる。
42
44
特に、この「竹岡式ラーメン」は、私が今まで食べた中でも最上級だ。
水が違うのかな?
45
46
47
巨大な脂のノッた、サクサクホックラのイワシフライにいたっては、
南房総まで来ないと食べられない逸品。
素晴らしい。
53
55
そして、ご飯が美味しい。
57
59
61
68
それにしても、このボリュームはどうしたことか。
私は、半ラーメンと半ライスを頼んだはず。
フルサイズでオーダーしていたらと、考えると恐ろしくさえある( ´∀` )/ぽん!

千葉県富津市「もみじロード」へ。
志駒川に沿って、約10kmも続く、県道182号(上畑湊線)です。
1
3
12
15
6
9
関東で一番遅くまで、紅葉が楽しめる道。
でも、流石に少し遅かった。
18
21
24
26
30

房総の旅、三日目。
休暇村館山」で目を覚ます。
前日とは、打って変わった、快晴。
2
68
70
朝風呂に入ったら、朝食。
セルフビュッフェです。
6
10
準備完了。
12
14
16
18
鯛の「朝茶丼」、美味し。
かなり、旨し。
20
22
24
そして、「極卵かけ御飯/TKG」で、千葉県産醤油7種類の味比べ。
29
31
これが楽しい。
この醤油って、ホテルの売店で売ってるのね( ´∀` )/お--ん♪
33
36
48
ああ、TKGって、奥が深いなんめり。。
39
美味し、旨し。
途中で、辛すぎて味が分からなくなったものの。
42
45
そして、デザート。
果物のある朝食って素敵。
51
53
54
56
62
それにしても、デザートのライチは、白過ぎてスマホではピントが合わない。
それだけが、残念( ´∀` )/ぽん!
66

雨あがるも 花無き 房総フラワーライン
5
6
そして、、
房総の旅二日目の宿は、千葉県館山市「休暇村 館山」。
8
9
11
東京湾も、浦賀水道を超えて、館山まで来ると波が少し荒い。
15
ウエルカムティーと、お茶受け。
ホッとするね。
13
17
19
とりあえず、温泉。
大浴場で汗を流したら、、夕食。
21
浦賀水道を一望するダイニングホールで、セルフビュッフェです。
22
33
24
27
30
キンメダイの煮付け、ローストビーフ、カキフライ、、どれも美味しい。
36
39
45
53
55
42
巨大アジフライが、特に美味しかった( ´∀` )/ぽん!
48
51
デザートまでしっかり頂いて、満足、満腹。
ごちそうさまでした。
58
60
63

↑このページのトップヘ