タワマンブラリ旅のblog

港区をメインに食べ歩き、日本100名道を巡る旅のお話を書いてます。 最近は、お仕事で、神奈川県や千葉県にも出没します( ´∀` )/ぽん

カテゴリ: 東京23区以外小笠原村

埼玉県からの帰り道、東京都東村山市「手打ちうどん こげら」でランチ。
10年前から来たかったお店。
ついに辿り着きました。
DSCN0900
DSCN0902
最寄り駅は、西武拝島線小川駅ですが、歩くと30分近くかかります。
まさに、都会の秘境。
DSCN0904
DSCN0906
実は、お店の横路地を入ると、常連さんしか知らない契約駐車場が3台分あります。
それを知っているかどうかで、このお店の評価は大きく変わるでしょう。
DSCN0907
中は、狭い。
カウンター3席、二人掛けテーブル2卓で、合計7人しか入れません。
店主の小笠原さんが、一人で調理・接客をしているので、お冷、天かす、スリオロシ生姜は、セルフ。
食べ終わった食器も、細かく分別して、返却棚までセルフで戻すシステム。
DSCN0908
午前11時開店ですが、実際は、もっと早いかも。
私は、午前11時半に入店。運よく待ち無しで着席。
DSCN0910
手打ちうどんは、一日30食程度で売り切れ、、かな。
TKGが付いたお得な「こげらセット」600円は、炊飯器で一回に炊けるご飯の量しかないので、たぶん8食くらいで終了します。
「こげらセット」をコールしたところ「こげらは、これで売り切れ。」とのこと。
これまた、運が良かった。
DSCN0909
こげら特性だしで、炊いたご飯から、生卵をお供に登場。
DSCN0914
選べるうどんは、「釜揚げ」をチョイスしたかったのですが、、
10分ほど時間がかかるとのことなので、一番早い「かけうどん」を。
選べる天麩羅は、「ちくわ天」に惹かれましたが、「げそ天」を。。
DSCN0911
あああ、このTKGは、かなりうまい。
ご飯だけ食べても中々の味です。
DSCN0915
DSCN0918
DSCN0919
DSCN0920
うどんは、極太ツルシコピチピチの讃岐うどん。
DSCN0921
DSCN0922
これは、歯応え、舌触り、だしとの相性まで、すべてが極上。
なるほどねえ。
武蔵のうどんの縄張りで、あえて、讃岐うどんで勝負するだけあって、こりゃあ、うまいや。
DSCN0923
DSCN0931
ゲソ天は、巨大なためハサミで切り分けます。
この作業も、讃岐うどんの伝統的な儀式。
DSCN0925
DSCN0926
ザクザクと切って、うどんつゆに浸して口の中へ。
小笠原さん、お見事。
DSCN0927
DSCN0930
こりゃあ、本当に、うまいやね。

小笠原諸島・父島で、ネイチャーガイドをしている、
弟の「オガツアー」こと、小笠原(弟)さんのおすすめ通りです。
わざわざ食べに来たかいがありました。
ごっちゃんです( ´∀` )/ぽん

東京近郊区間を利用して、「JR東日本・最小額切符片道大廻り日帰り旅」の旅。
東神奈川駅ホームの立ち食い「日栄軒」で名物「穴子天そば」600円を食した後は、JR横浜線で八王子へ。。
JR大廻り乗車 - コピー (3)
約1時間ほどで、JR八王子駅に到着。
DSCN0489
改札内の「いろり庵きらく 八王子店」へ。
JR東日本が駅の内外にチェーン展開するエキナカ蕎麦屋。大好きです( ´∀` )/ぽん!
ここで、二度目のランチ。いわゆるひとつの「食後のご飯」と言うやつです。
「麺類は別腹。人類は、みな兄弟。」ですね~~♪
DSCN0490
DSCN0491
入り口の券売機で紙チケット購入。
配膳カウンターでスタッフの渡して、待ちます。
DSCN0493
チョイスは、「武蔵野もりうどん1枚(冷)」550円。
配膳カウンターでうどんを受け取り、七味、摺り胡麻を掛けて完成。
お冷はセルフ。
DSCN0495
DSCN0497
奥のテーブル席に座って、食べます。
DSCN0498
DSCN0501
腰の強い太いうどん。
摘まもうとすると、箸をはじいて逃げ回ります。
DSCN0503
DSCN0505
DSCN0509
やっとのことで取り押さえて、ツユにつけて口の中へ。小麦の味がしますね。
あああ、これって、結構、旨しです。ツユも辛めでイケてます。
DSCN0511
今まで、武蔵野うどんで美味しいと思ったのは、埼玉県飯能市「あさみ茶屋」くらいかな。
うん、でも、ここのは、それに負けないくらい美味しい。
喉越しの後味が、違うんですよ。
DSCN0507
$RN3LALT
アッサリと完食。
蕎麦湯も用意されていて、ツユもすべて飲み切りました。
DSCN0500
DSCN0515
DSCN0518
ありきたりなうどんだけど、かなり普通に大満足。
蕎麦よりも、うどんがお勧めとは、さすがは武蔵野を擁する埼玉県。
素晴らしいです。

次の目的地に向かいます( ´∀` )/ぽん!

JR大廻り乗車 - コピー (4)

本日午前11時。
連絡船「おがさわら丸」が定刻に出航するのを竹芝ふ頭でお見送り。
乗船客は、公式発表で、399人だそうな。
DSCN7531
DSCN7538
DSCN7533
DSCN7535
折悪しくも、「小笠原諸島の海底火山・噴火浅根が、断続的噴火 噴石・噴煙に警戒」と、
気象庁が注意を呼びかけている中の出港となりました。
DSCN7545
おがさわら丸のマスコット「おがじろう」もお見送り。
DSCN7548
毎年、年度末の最後のこの連絡便は、
父島と母島に勤務する都の公務員、自衛隊員、医療関係者の交代で使われます。
悲喜こもごもの人生の一場面が展開され、何度見ても、胸にこみ上げるものがあります。
DSCN7544
父島の小笠原高校へ赴任する先生が3人いるようで、
船上デッキとお見送りデッキで、盛んにエールが交換されていました。
DSCN7536
家族4人で赴任する先生もいて、吃驚。
一度出港すれば、最低でも1週間は、内地に戻れないので、いっそ、家族全員で・・
と、言う気持ちは良く分かります。
世界遺産登録された、豊かな自然の中で、子供たちは、きっと、健康に、元気に育つでしょうね。
DSCN7550
DSCN7551
DSCN7552
DSCN7557
DSCN7559
DSCN7560
DSCN7564
DSCN7566
ボンボヤージュ!
良い航海を~~~~~!

3月27日(日)の朝。
天気予報は、見事に外れて関東平野は、スッキリとした快晴!
DSCN7452
晴れと分かっていれば、城山には、今日行ったのに・・。
DSCN7442
朝から、自宅のお庭(公開空地)を一周。
桜は、満開。
DSCN7444
DSCN7446
DSCN7448
ハーブの一種、シソ科のローズマリーや、地中海原産のエリカ属・エリカ様も咲いてます。
DSCN7450
ローズマリ~~♪
DSCN7449
トランス脇のカシワバアジサイも芽を吹き、他の花も咲く準備に入りましたねー。
DSCN7451


それは、それとして、、
一昨日、相模原市の「城山かたくりの里」へ行く途中のお話。。
中央自動車道・石川PA(下り)で、休憩。
色々と新商品が出て、賑わってました。
DSCN7310
DSCN7311 (2)
DSCN7311
DSCN7312
DSCN7314
DSCN7313
まだ、午前10時でしたが、ちょいと早いランチ。
フードコートの「麺や石川 」へ。
DSCN7315
DSCN7316
DSCN7317
実は、このお店、名物「八王子ラーメン」が、八王子で一番美味しいと言われている隠れた名店。
甘さの立った新玉ネギをみじん切りにし、大量にトッピングした甘味の効いた一杯は、
ラーメン通を唸らせています。
DSCN7319
DSCN7320
DSCN7321
しかし、何故か、私のオーダーは、カツカレー900円。
ハイウエイのSA,PAの、美味しいカレーを食べ尽くしたい私としては、当然、こうなりますね。
DSCN7323
DSCN7324
DSCN7326
七味を振って、美味しく頂きました。
DSCN7328
DSCN7332
DSCN7331
良い出来のカレーです。
次は、ちゃんと八王子ラーメンを食べますから許してね( ´∀` )/ぽん!

東京都町田市へ。
ラーメン専門店「パパパパパイン」でランチ。
DSCN5600
DSCN5602
DSCN5604
DSCN5606
DSCN5608
2017年2月にドラマ「デスノート」を彷彿とさせる怨念の隠しメッセ―ジ入り張り紙を残して、突如閉店した西荻窪の人気店。
それが、同年12月に町田ターミナルプラザ2階で移転・開業しています。
DSCN5610
DSCN5613
DSCN5616
西荻窪で食べて以来、8年ぶりの訪問。
テレビドラマ「ラーメン大好き小泉さん」に登場して、有名になりましたね。
パイナップルカラーのインテリア。
お腹が、期待で膨らみます。
DSCN5619
DSCN5622
このお店は、限定で提供される代わりラーメン(1000円前後)が凄いんです。
生ハムとメロンが共演する「メメメメメロン」。
カルピスラーメン「カカカカカルピス」。
すり下ろしリンゴ入り「リリリリリンゴ」。
桃を使った「ピピピピピーチ」。
冷やし汁無し担々麺「バババババナナ」。
チョコレート担々麺「カカカカカオ」。
苦みが嬉しい「コココココーヒー」などなど。
DSCN5625
DSCN5624
今回のチャレンジは、「パイナップル海老塩ラーメン」800円。
カレイに登場。
トッピングで「パイナップル味玉」120円を付けています。
DSCN5630
DSCN5634
DSCN5636
DSCN5637
意外と、自然な味ですね。
パイナップルが程よく自己主張。
旨しです。
DSCN5638
DSCN5640
DSCN5641
ニンニクトッピングが絶品。
全てのトッピングが、パイナップルと共鳴しています。
DSCN5643
DSCN5644
DSCN5647
DSCN5648 (2)
DSCN5648
DSCN5649
パイナップル味玉は、パイナップルの切り実と一緒に食べると味が冴えますね。
お見事です。
DSCN5651
DSCN5652
ウウウウウマイ。
ゲテモノにして、ゲテモノを超えた本格ラーメン。
満足しました( ´∀` )/ぽん!

なんだ、かんだで、町田へ。
JR町田駅って、大きくて立派ですねw
DSCN3300
DSCN3303
DSCN3305
駅前の「仲見世商店街」で、ランチスポットを探します。
あの有名な立ち食い餃子店は、COVID-19対策で休業中。
DSCN3307
DSCN3309
4年前にオープンした「餃子製造直販 餃山堂」へ。
DSCN3311
DSCN3313
中は、意外と広くて、テーブルとカウンターで全80席ほど。
DSCN3312
DSCN3315
DSCN3318
DSCN3321
DSCN3322
卓上には、餃子を美味しくする調味料各種が 舞台に上がるのを今や遅しと待っています。
流石に、昼の日中から、ニンニクは使えませんが、自家製食べるラー油など準備していざ~~w
DSCN3323
DSCN3329
オーダーは、「W餃子定食(焼き+水)」、清湯ワカメスープとザーサイ付で750円(税込)。
会いたかったよ・・ 
グッドルックスですね~w ナイスですね~~ww
DSCN3331
DSCN3333
DSCN3362
さあ、見せてもらおうか、餃子製造直販の実力とやらお~~♪
よっしゃ、焼き餃子からイキマーース!
DSCN3365
箸で持ち上げようとすると、熱気で眼鏡が曇る。
まだ、メインカメラをやられただけだあー!
DSCN3368
慎重にラー油の中へ。
DSCN3381
肉餡は、みっちリジューシー。
ラー油で、「赤い彗星」と化した焼き餃子。
皮の熱々、パリパリが、タマリませんなー。
DSCN3382
お酢とラー油で、さらに、ジェットストリームアタック!
DSCN3380
DSCN3371
DSCN3374
肉汁を吸った、ぶ厚い皮の旨さときたら、もうあなた、タイへンですよ。
美味いぞ、こいつ。
DSCN3377
そして、次の標的・スープ餃子へ。
これが、連邦の白いヤツか。。
DSCN3385
DSCN3386
箸でつまもうとすると、プリプリと体をカワして逃げる。
コイツ、動くぞ! どこかに武器はないのか?
DSCN3388
レンゲがあるじゃないか。
優しく掬って、オンザライス。
DSCN3389
スープを吸った、白飯のなんと美味いことよ。
DSCN3390
これは、良い餃子だ。
さっそく、キシリア殿下にお教えせねば!
DSCN3395
美味い物食って太って早死にするなら、本望だ。
我が人生に悔いなし( ´∀` )/ぽん!

お仕事で、北区のJR赤羽駅へ。
それにしても、腹が減った。。
DSCN3300
食べログラーメン名店5000にランキングしている「麺処 夏海/なつみ」でランチ。
「麺処ほん田」の系列店。
赤羽駅から徒歩1分の商店街の横筋の裏の外れにあります。
DSCN3302
DSCN3303
店頭には、拘りの説明が、沢山。
DSCN3306
DSCN3310
DSCN3315
DSCN3318
特製やら、裏メニューやら、色々ありますね。
DSCN3325
DSCN3330
表の券売機で「特製煮干し豚骨ラーメン」1200円を購入。
カウンターのみ、10席ほど。
DSCN3370
DSCN3371
DSCN3373
待つこと10分足らず。迫力のお姿で登場。
DSCN3375
みんな大好き濃厚コッテリ味のトンコツスープと、
煮干しが香る苦みスープの合わせスープが見事なハーモニー♪。
DSCN3376
完全無化調ですか。素晴らしい味わいです。
煮干しの微かな苦みが、大人の味ですなあ。。
DSCN3377
低音調理されたチャーシューが二種類。豚バラと肩ロース。
個性の違うチャーシューが、ジューシーで口の中で競うように蕩ける。
口福とはこのこと。
DSCN3380
DSCN3381
DSCN3382
DSCN3383
太麺か細麺を選べるので、太麺をチョイス。
加水率含めの特注全粒粉ストレート太麵は、長い、長い。
スープを纏わりつかせ、滴り落としながら、空中浮遊です。
DSCN3386
そして、一気に口へ。
プチン、プチンと暴れて、嫌々をしながら、喉の奥へ滑り落ちていきます。
あああ、快感。うましです。
DSCN3387
もう止まらないー。
海苔で麺を巻いて、旨し。
DSCN3389
味玉、うまし。
DSCN3390
煮干し粉末で味変して、旨し。
DSCN3374
煮干しが香るスープ割も美味し。
DSCN3391
DSCN3392
お見事でした( ´∀` )/ぽん!

アホウドリに会いにいこう~~( ´∀` )/ぽん!
ついに、最終話。
連絡船「橘丸」は、竹芝ふ頭へ帰港すべく、さらに北上~♪
DSCN6367
伊豆大島の沖を通過中にそいつもまた、突然、現れました。
DSCN6369
アップ~~~ッ!
DSCN6370
写真だと、波にしか見えないッスw
DSCN6371
遭遇したのは、マッコウクジラの母子です。
DSCN6372
鼻から白いブローを斜め前方に吹くのが特徴。上手く、その一瞬を獲れたと思ったのですが、外れでした~w 海中のクジラを写すのは、実に難しいですなあ(V)o¥o(V) フォフォフォ~~ッ!
DSCN6374
さて、マッコウ勝負には負けたものの(意味不明?)・・・
浦賀水道へ。。
ここは、指定されたコースしか、船は通れません。
DSCN6376
「橘丸」は、16ノットに減速し、他の船との接触を避けながら 慎重に東京湾へ。
船がたくさん行き交う海の難所です。
DSCN6377
夕暮れが近いので、デッキへ。
三浦半島に沈む夕陽と富士山が美しい。
DSCN6381
DSCN6381 (2)
レインボーブリッジをくぐってやっとのことで竹芝ふ頭に到着。
DSCN6382
45分遅れの20時半に帰ってきました。
DSCN6383
DSCN6385
船べりで足元を見るとユリカモメがたくさん飛んでいました。
出迎えご苦労と、パチリとな。
DSCN6387
こうして写真で見ると、カンブリア紀に生きていた謎の生物にしか見えんわい( ´∀` )/ぽん!

アホウドリに会いにいこう~~( ´∀` )/ぽん!
その⑥。
DSCN6314
日本の野生動物の特別天然記念物は、21種類。
そのうち、8種類は、これまでに出会ったことがあります。
オオサンショウウオ、トキ、コウノトリ、タンチョウヅル、イリオモテヤマネコ、カンムリワシ、二ホンカモシカ、
土佐のオナガドリ・・・
DSCN6315
今回は、9種類目のアホウドリ(信天翁)に会うために連絡船「橘丸」に乗って旅に出ました。
DSCN6330
さて、三宅島を出ると、太平洋を回遊するアホウドリの海域。
いよいよ、シン・クライマックスです。
DSCN6331
そして、、
そいつは、突然、現れましたぁ~~~♪
DSCN6332
あああああぁぁぁ~~~♪
三宅島を背に、羽を動かすこともなく飛翔しています。
DSCN6336
DSCN6350
でかいぞ!
DSCN6348
こいつは、大モノです。
DSCN6348 (2)
DSCN6353
翼長が2mもある、その巨体は、ほかの鳥とは明らかに違う。
DSCN6355
まさに、これぞ、アホウドリ!
DSCN6358
DSCN6356
三歳くらいの幼鳥が船に近づいてきたので何とか撮影出来ました。
成長になり、産卵する頃になると、背中も白くなります( ´∀` )/ぽん!
DSCN6356 (2)
そして、悠然と、水平線の彼方に消えていきました。。
DSCN6359
ここまで、荒海にもまれること18時間。
来た甲斐は、ありました。満足です( ´∀` )/ぽん!

アホウドリに会いにいこう~~( ´∀` )/ぽん!
その⑤。
連絡船「橘丸」の旅もそろそろクライマックスが近い。
私と同じ目的で旅をしている人たちが、甲板に集まってきました。
DSCN6282
三宅島へ向かう途中、沖・9キロに浮かぶ無人島・大野原島をパチリ。
大小10の岩礁があります。
DSCN6283
子安根、エビ根、大根の3つの大岩が目立つので「三本岳/さんぼんだけ」とも呼ばれます。
DSCN6284
御蔵島~三宅島海域は、魚がたくさんいる海鳥の聖地。
黒潮が海中山嶺に当たって、海面に上昇するので魚の餌が豊富なんです。
このアタリは、カンパチ、シマアジなど、大物釣りで有名な好漁場。
魚を狙って海面に群れる、数百羽のミズナギドリ&カンムリウミスズメがいました。
DSCN6285
DSCN6286
海鳥乱舞~~( ´∀` )/ぽん!
頑張って撮影しています。
ナカナカの迫力なんですが、写真では伝わりませんね。
DSCN6287
DSCN6311
DSCN6312
DSCN6313
三宅島が目の前に迫ります。
DSCN6290
三宅島・阿古港に入港。
DSCN6300
こちらは、波が静かです。
DSCN6301
DSCN6302
DSCN6303
人と資材の上げ下ろしも順調に進み、別れの挨拶もほどほどに、竹芝ふ頭へ向かって出港。
DSCN6305
DSCN6307
DSCN6309
DSCN6310
さて、いよいよ、ここからが、シン・クライマックス。
太平洋を回遊するアホウドリの海域に入ります( ´∀` )/ぽん!

アホウドリに会いにいこう~~( ´∀` )/ぽん!
その④。
八丈島と竹芝ふ頭をムスブ連絡船「橘丸」で八丈島・底土港を出発。
昼前になって到着したのは、御蔵島・御蔵港
DSCN6260
DSCN6262
DSCN6263
往路では、海が荒れて接岸できなかった島です。
なるほど、周囲に入り江はなく、海に突き出た突堤が一本あるだけ。
DSCN6264
百戦錬磨の「橘丸」乗組員をもってしても、3回に1回は着岸できないと言われるのも納得。
今回は、無事着岸。
DSCN6267
少し波が弱まった、このスキにランチタイム~~♪
船内の「橘丸レストラン」へ。
DSCN6269
カツカレーに惹かれたのですが、揚げ物は、まだ波が高いのえ販売休止中ですか。
DSCN6268
結局、オーダーは、「天かすうどん」700円。
DSCN6270
タップリの天かすが、嬉しい。
DSCN6271
ナルトをここまで薄く切るとは、ここのコックはかなりの腕と見ました。
DSCN6272
七味を振って準備完了。
DSCN6273
麺は、フニャフニャノ市販品。
出汁も市販品ですね。
DSCN6274
全体にバランスが取れているので、それなりに旨し。
DSCN6276
そんなこんなのうちに、御蔵島を出港。
DSCN6277
現在地点をナビでチェック。
DSCN6278
さらば、三宅島~~♪
また来るぞ~w 知らんけど・・
DSCN6279
こうしてみると、島の周囲が断崖です。
港を作る入り江がないのが、良く分かりますね。
DSCN6281
お隣の三宅島に向かいます(V)o¥o(V) フォフォフォ~~ッ!

アホウドリに会いにいこう~~( ´∀` )/ぽん!
その③。
東京から南の海上へ287km。朝10時になるころ。。
黒潮の流れの上に浮かぶひょうたん形の八丈島が見えてきました。
DSCN6204
DSCN6206
大波が防波堤を洗う大荒れの八丈島・底土港(そこどこう)に入港します。
ここは、どこ?ソコドコですってかぁ?
DSCN6210
私の目的は、復路の海上でアホウドリに会うこと。
八丈島は、単なる折り返しで、目的地ではないのです。果たして接岸できるのか?
DSCN6211
船から降りられなければ、運賃が帰ってくるので、ドキドキワクワクで待機します。
しかし、歴戦の雄たちが操艦する東海汽船。少し時間はかかりましたが、見事に着岸しました~w
お見事~~♪
DSCN6212
小雨降る八丈島に、ついに、やっとこさ上陸です。
ココが、江戸時代の流刑地「鳥も通わぬ」と言われた八丈島なんですよー。
それが、今や知る人ぞ知るバードウオッチングの聖地とは・・
DSCN6216
さて、底土港から徒歩3分の「八丈島底土港観光案内所」へ。
DSCN6214
DSCN6215
30分後の折り返しの復路で、今乗ってきた「橘丸」に乗って戻るのです。
DSCN6217
チケットを確保して、観光案内所の3階へ。
気象予報では、ウネリが3mとのことですが、それ以上に感じる凄い波です。
DSCN6218
DSCN6219
DSCN6222
隣のキャンプ場・底土野営場に、トラツグミがいたのでパチリ。
DSCN6224
八丈島で見られるツグミ科のでは一番大きく、一年中見られます。
DSCN6227
雄雌同色で、背側は黄褐色、腹側は白っぽく、全体に黒い三日月模様があります。
DSCN6230
そんなこんなで、乗船します。
DSCN6232
DSCN6234
定刻の30分遅れで出港。東京に向かいます。
DSCN6236
DSCN6254
さらば、八丈島~~♪
DSCN6255
DSCN6258
でも、ここも、東京都なんですけどねぇ~~w
さて、太平洋を回遊するアホウドリに出会えますかどうか。
ここからが、本番です( ´∀` )/ぽん!

アホウドリに会いにいこう。
と、いうわけで・・
海岸一丁目「竹芝ふ頭」で22:30発八丈島行き連絡船「橘丸」に乗り、翌朝5時前。
DSCN6158
DSCN6157
まだ夜も明けきらないのに、三宅島に寄港し、人と生活資材の上げ下ろし。
DSCN6160
釣り客が多いですねー。
なるほど、この時間に島で降りると ゆっくり釣りを楽しんで、昼過ぎの帰りの便に乗れるのですね。
DSCN6161
アット言う間の10分ほどで、舫/モヤイを解いて、出港。
DSCN6163
次の寄港予定地・御蔵島は、波が高くて接岸できず、通過。
DSCN6165
DSCN6171
DSCN6177
そんなこんなで、朝7時30営業開始のに「橘丸レストラン」で朝食。
なかなかの船内価格ですね~~w
DSCN6180
揚げ物系が販売中止なのは、船が揺れるので、揚げ油が飛散するのが危険だから。
その対策ですか。
DSCN6181
オーダーは、「明日葉カレー」1000円。
DSCN6182
DSCN6183
メニューには、アルコール類もあるのね。
八丈島産の焼酎などがあり、魅力的。
DSCN6184
ここは、セルフかと思いきや、スタッフが運んできてくれました。
DSCN6185
ちょっとしたグリーンカレーですね。
仄かに香るのが、明日葉/あしたばですか。
DSCN6188
スープは、普通の市販品。
DSCN6190
まずは、ひと口、イキマス。
DSCN6191
DSCN6193
ご飯が、固いのが惜しいが、まずまず、旨し。
DSCN6196
卓上のタバスコを振り掛けて味変。
明日葉の味は消えてしましますが、こっちのほうが美味しいですね。
DSCN6197
DSCN6199
DSCN6202
そして、目的地の八丈島へ一目散です~♪

本日二度目の更新。
立川市役所で打ち合わせをした後は、JR立川駅に戻ってランチ。
DSCN0400
DSCN0368
やってきたのは、立川駅前の日本蕎麦屋「ボンサイ/盆栽」。
DSCN0369
地元では、結構な人気だそうです。
ラム蕎麦つけ麺なんてのもあります。
DSCN0371
DSCN0370
代わり蕎麦のお店なんですね。券売機でチケット購入。
DSCN0372
カウンター席に座って、説明を読みます。
DSCN0373
DSCN0377
DSCN0374
DSCN0375
DSCN0376
DSCN0380
DSCN0381
オーダーは、、
「ごまだれ鶏つけ蕎麦(並)」800円。
DSCN0382
カツオ、サバ、昆布で取ったダシに
たっぷりの白ゴマと豆乳を使ったクリーミーなつけ汁。
すりたてショウガが効いています♪
DSCN0384
鶏油と山椒を加えた 香り豊かなつけ汁は、無化調だそうな。
DSCN0390
特注太麺の蕎麦。

DSCN0386
DSCN0387
DSCN0391
歯ざわり最高。貪り食います。
DSCN0392
DSCN0393
揚げニンニクと特製スパイスでアジ変。
DSCN0394
うまし。
DSCN0395
DSCN0397
美味過ぎるなあ。
蕎麦湯までしっかり頂きました。
DSCN0398
DSCN0399
伝統的な日本蕎麦を食べたい人には、受けが悪いだろうけど、
変わりダネのラーメンの一種と思えば、ありだなあ、
よくわからんから、知らんけど( ´∀` )/ぽん!

お仕事で、立川市役所へ。
DSCN0358
DSCN0366
誰の設計かは知らないけれど、仮設かと見まがう大胆なデザイン。
DSCN0359
DSCN0360
DSCN0362
この市庁舎を許容した立川市民に敬意を表します。
DSCN0361
DSCN0365
そして、施工した戸田建設の皆様。ご苦労様でした~。
立川市役所、ちょっとだけ感動した( ´∀` )/ぽん!ぽん!

↑このページのトップヘ