タワマンブラリ旅のblog

港区をメインに食べ歩き、日本100名道を巡る旅のお話を書いてます。 最近は、お仕事で、神奈川県や千葉県にも出没します( ´∀` )/ぽん

カテゴリ: 港区 麻布十番

セーラームーンデザインマンホールを探して、港区麻布十番へ。
パティオ広場の緑も鮮やかになってきましたIMG_20240413_105852
IMG_20240413_104501
なんやかんやで、懸案だった「UDON BUZEN 麻布十番店」でランチ。
雑居ビル7階のうどん店。
IMG_20240413_105852
IMG_20240413_105908
IMG_20240413_105917
気づき難い入り口から直通エレベーターで7階へ上がります。
扉が開いて一歩踏み出すと、白い世界が氷魚がいます。
広くて天井が高い。
IMG_20240413_110203
IMG_20240413_110335
ウンター席、テーブル席、テラス席、個室もあって、全100席ほど。
ほぼサレオツ系バー。
IMG_20240413_110337
でも、浮ついた感じはせず、落ち着いた感じ。
夜は、バー営業もしているらしいけど。
IMG_20240413_110340
さて、メニュー。
色々ありますね。
黒毛和牛の牝牛厳選部位のみを使った「究極の肉うどん」に惹かれましたが・・
IMG_20240413_110518
IMG_20240413_111234
IMG_20240413_111236
コールは、出汁うどん(温)シリーズから「ごぼう天うどん」1680円(税込)。
このお店の定番・人気メニューです。
IMG_20240413_111342
IMG_20240413_111351
透き通った綺麗なツユ。
カツヲとコンブの出汁が良く効いている。
IMG_20240413_111423
IMG_20240413_111425
使っているのは、銚子の白醤油か。
なるほど、なうほど。
これが「こだわりの黄金出汁」。
IMG_20240413_111446
IMG_20240413_111455
ツルンツルンした透き通るような白い細いうどん。
讃岐うどんでもない、稲庭うどんでもない、、不思議な麺。
IMG_20240413_111558
讃岐うどんの小麦粉「白鳳」を使って、フォーの製法で打っているのか。
こりゃ、喉越しがタマランばい。
IMG_20240413_111605
巨大なごぼう天は、薄くカットされ、カリッと軽くサクサク。
シャクシャクと食べやすい。
ああああ、美味しです。
IMG_20240413_111732
半分食べて、卓上の激辛「黄金」で味変。
IMG_20240413_111744
IMG_20240413_111822
IMG_20240413_111922
さらに「辛蔵一味」も二振り。
IMG_20240413_111950
IMG_20240413_112012
う~~ん、美味いねえ、この七味たち。
京都祇園・原了郭の黒七味にも負けていない。素晴らしい。
IMG_20240413_112025
流石にスペシャルな激辛「大魔王」は遠慮したものの。。
ランチタイムは、わらび餅の無料サービスもあるそうな。
夜も使い勝手が良さそう。
IMG_20240413_104433
また、来るだろうな。
今年のNo.1うどんカモしれない。

「美少女戦士セーラームーン」と、水道局がコラボした「セーラームーン デザインマンホール」が、港区内の5カ所に設置された。
そのひとつを、田町駅前「慶應仲通り商店街」の入り口で発見。
IMG_20240406_142733
IMG_20240406_142736
なんで、港区?と思ったが、物語(アニメ)の舞台が港区麻布十番で、実在する街や建物が多数登場しているそうな。
知らんけど。。
IMG_20240406_142738
IMG_20240406_142738 - コピー
麻布十番にも違うデザインで設置されたらしいので、そのうちに行ってみる( ´∀` )/ぽん!

さて、自宅から徒歩5分の「札の辻スクエア」は、図書館や格安マーケットの入った複合ビル。
一階の観光インフォメーションセンターで「セーラームーン デザインマンホール パンフレット」をゲッツ。
IMG_20240412_14274
港区設置のデザインマンホール5カ所の位置が、ピンポイントで分かる。
麻布十番、六本木、そして東京タワーの近くと、芝公園ですね。
散歩がてらミニ行ってみるかな。。
IMG_20240412_142545
それはそれとして、オマケについてきた丸い記念カード。
これって、全部集めると何か良いことがあるの?
IMG_20240412_14275
神龍・シェンロンが出て来て、スーパーサイヤ人になれるとか。
それなら、コスプレイヤーの新聖地誕生だろうに。。
IMG_20240412_14276
惜しい企画だ。残念”!!
考えた人は、月に代わってお仕置きよ( ´∀` )/ぽん

麻布十番をウロウロと散策。
春ですねえ。。
DSCN4180
なんやかんやで、人気ラーメン店「AFURI麻布十番店」でランチ。
DSCN4181
DSCN4184
現金が使えない券売機は、「スイカ」でクリア。
DSCN4186
DSCN4191
DSCN4194
¬ノ字に配されたカウンターのみ、20席ほど。
DSCN4185
一番のお勧めは、掟破りの空中殺法ラーメン「かけ」780円(税込)。
選べるスープは、、醤油に惹かれましたが、、
春なので、塩(淡麗)をチョイス。(意味不明)
DSCN4200
DSCN4199
シンプルで美しいルックス。
トッピングは、ありません。
DSCN4202
水菜、半熟玉子、海苔、葱、タケノコ、炙り蕩けバラチャーシューなど、一切不要。
ラーメンの原価率は、30%が原則。
30円の材料を使ってトッピングすれば、提供価格は100円アップする。
DSCN4203
諸物価高騰に抗して安くて旨いラーメンを作ろうとすれば、行き着く先は、この姿。
一切の無駄を削ぎ落した、究極の一杯。
まさに「かけ」ですねぇ~~♪
DSCN4204
澄んだスープが香る、香る、香る、香る、香る。
完全無化調の奇跡のスープ。
DSCN4205
ひと口飲むと、味が深くて、複雑で、妙なる旨味が、喉の奥に広がる。
この感覚、もはや愉悦。
ウマイジャマイカぁ~~♪ サンタルチアぁ~~~♪(意味不明)
DSCN4206
麺にプチプチの斑点があるのは、全粒粉の証し。
この特注極細加水ストレートツルシコピチピチ麺は、口当たりが良く、喉越し最高!
旨しです。 
DSCN4208
卓上の胡椒と、酢を順に使って味変。
DSCN4211
DSCN4213
DSCN4215
DSCN4216
爽やかな春風が体を吹き抜ける。
旨し!あああ、美味し!!
DSCN4217
DSCN4219
スープをすべて飲み切って、完食。
見事にな味。
これなら、ワザワザ食べにくる価値がある。
お見事!
今年のNo.1ラーメンかもしれない( ´∀` )/ぽん!

昨日は、港区麻布十番へ。
いつものように、パティオ広場をパチリ。
DSCN3200
DSCN3209
中国広東料理「永新」でランチ。
昭和36年(1961年)創業。
DSCN3221
食の街・麻布十番では、結構有名な老舗でメディアでの紹介も多数。
典型的な下町の町中華。
DSCN3222
DSCN3223
1~2階合わせて、テーブル席30数席。
狭い階段を上がった2階へ誘導されました。
こちらは、基本的に相席なのね。
DSCN3225
メニューを拝見。
お勧めは、2200円のエビチリや、2700円の酢豚。
タンメンや五目そばが1000円前後なので狙い目かな。
DSCN3226
でも、私のチョイスは、「回鍋肉丼」。
スープ、ザーサイ付きで1000円(税込)。
妙齢のスタッフ女子が「時間がかかる。」と何度も繰り返すので、
「では、ネギソバ。」と言うと、沈黙。。
なんやかんやで、「いくらでも待ちますから!」と説得して、ようやくオーダー完了。
DSCN3227
待つこと数分。
普通に「回鍋肉丼」が運ばれてきました。
DSCN3228
これが、食べ物にうるさい某氏が、「美味しい。」と絶賛していた醤油白湯スープ。
普通ですよ。
普通そのものですから( ´∀` )/ぽん!
DSCN3229
DSCN3230
これまた、見るからに普通の回鍋肉。
少し色が黒いかな、、、程度ですね。
DSCN3234
DSCN3238
DSCN3246
味も普通。美味しいんだけどね。
そうそう、普通に化学調味料の味。
少し醤油辛いか、、と思ったものの。
DSCN3249
DSCN3250
量もほどほど。
芝や芝浦より、200円ほど高いと思ったが、それは麻生十番価格なので、、以下、略。
DSCN3257
このお店って、実は、私と同い年なんです。
この世に生き残っているだけで、おめでたいんです。そこに意義があるお店。
それなりにお見事です。
では~~♪

「2022 勝手にお願いランチベスト11(イレブン)」
第1位の発表( ´∀` )/ぽん!

寒い中を麻布十番へ。
パティオ広場や、十番稲荷を表敬訪問。
そして、目的地へ。。
DSCN8519
DSCN8520
DSCN8523

2022 勝手にお願いランチベスト11(イレブン)は~~~♪
麻布十番の隠れた名店「シーファン」。
DSCN8524
「シーファン/Shi-fan」とは、中国語で「十番」の意味。
広東料理をベースに、四川山椒も使ったピリ辛料理を提供しています。
DSCN8525
DSCN8528 - コピー
エレベーターの乗って、5階へ。
扉が開くと、いきなり店内です。
DSCN8529
DSCN8530
テラス席4卓10席、テーブル1卓6席、カウンター9席、個室3室が各6~8席。
セミオープンキッチンに向き合う、カウンター席に案内されました。
DSCN8533
無垢板を使った幅の広いカウンター。チーク材ではなく、アサメラを使っているところなど、インテリアが、微妙にキッチュ。
豪華な雰囲気が、全体に漂ってはいるものの。。
DSCN8534
オーダーは、お得なランチセットから、「B.叉焼と海老の五目炒飯」。
担々麺(ハーフ)、デザート、中国茶が付いて、1500円(税込)。
五目炒飯を大盛にして、+200円(税込)。
パラパラシットリ系の炒飯が。担々麺とツートップで登場。
DSCN8535
DSCN8536
DSCN8539
この炒飯が、実に旨い。
海老とチャーシューの細切れが、良い味を出してます。
DSCN8540
ああああ、旨いねえ。
これが、今年のNO.1、炒飯に決定です。それくらい美味い。
DSCN8541
続いて、担々麺。
これが、また、実に旨い。
DSCN8548
DSCN8549
肉味噌と白ねりごまの風味が効いた濃厚なスープ。
麻辣は、それ程でもないが、濃厚な芝麻醬が、かなり旨い。
DSCN8550
麺は、加水率抑えめの細麺。ノド越しが心地よい。
モチ粉で打った麺かな。
これが、今年のNO.1、担々麺ですね。
DSCN8551
DSCN8553
DSCN8556
気が付くと、デザートの杏仁プリンと熱々の中国茶が目の前に。。
食べるのに夢中で気が付かなかった。
DSCN8557
中国茶は、熱々。
口の中の脂を洗い流してくれて、すっきり爽やか。
DSCN8558
杏仁豆腐は、チーズケーキのような甘さ。
それでいて、くどくない。
牛乳がたっぷり入っています。
DSCN8559
口の中でフルフルと震えて、スーッと溶けていく。
まったりと柔らかく口内粘膜を撫で回す。この感触は、もはや愉悦。
これも今年のNO.1、杏仁豆腐です。
DSCN8561
完璧!!
今までで最も美味しいと思った料理と、( ^^) _旦~~が勢ぞろい。
奇跡と言ってよいでしょう。
文句なしに今年のランチ第一位。お見事です( ´∀` )/ぽん!

「2022 勝手にお願いランチベスト10♪」の選考のため、麻布十番をウロウロ。
DSCN9000
DSCN9004
DSCN9006
ベスト10候補の「山芋の多い料理店 麻布十番」へ。
店頭には、自然薯、大和芋、長芋が置かれていて、それぞれの姿を教えてくれます。
DSCN9008
DSCN9010
DSCN9011
グランドメニューには、「山芋」や、「トロロ」の文字が踊ります。
松たか子様と、広瀬すず様が食べに来て絶賛した山芋料理たちですねー。
DSCN9015
黒を基調とし、自然の素材を多用したインテリア。
カジュアル系和食居酒屋なんです。
DSCN9022
料理に使用している三種類の山芋の産地と生産農家の名前が、
黒板に書かれているのもポイントが高いです。
DSCN9026

ランチメニューは、四種類。全てトロロが付きます。
カレーうどん以外は、山芋を「自然薯」か「大和芋」から選べます。お客様は、ほとんどが、色が黒くて栄養価が高い「自然薯」をチョイスします。
山芋を選ばせてくれる料理店なんです。
DSCN9017
さてさて、私のオーダーは、、、
「とろろごはん@自然薯」に強く惹かれましたが・・・
前回の訪問と同じく、「カレーうどん」950円(税込)。
熱いほうじ茶と冷水が、セルㇷで飲み放題ですが、ほうじ茶をチョイス。
DSCN9028
紙エプロンを纏って待つことしばし。木のお盆に乗って、ドンと登場。
白い大和芋のエスプ―マがドンブリを覆って・・・いませんね。
DSCN9031
DSCN9047
山芋の量が減って、マイタケがトッピングされています。
前回とは、違う。マイナーチェンジしましたか。
DSCN9048
山芋のエスプーマの中に粗く切られた山芋のサイコロが混ざっていて、
これが、サクサクと良い歯応え。美味しいです。
DSCN9049
エスプ―マの下には、極太のツルシコウドン。
スパイシーなカレーの風味が、鼻腔をくすぐります。
DSCN9054
DSCN9051
DSCN9053
そして、豚バラ肉。
これも前回は、巨大な一枚肉でしたが、細切れになりました。
DSCN9060
山芋が、スープに混じり合うほどに味変。
このかてースープは、ノド越しが溜まりませんな。
DSCN9057
DSCN9059
あああ、ええ気持ちやぁ。
極楽ゴクラク。ごくごくごく・・・。
DSCN9061 (2)
小皿は、薩摩芋とカボチャのマッシュ。
干しブドウがよいアクセントですね。すべて、旨しです。
DSCN9061
DSCN9063
旨しなんですが、しかし、、
以前の鉢一面のエスプーマが、コンセプトが明快で好きでした。
今回は、少し肩透かしだったかな。
インパクトが減った分、ベスト10には、1ミリだけ届きませんでした。
アウト オブ フィールドです。残念( ´∀` )/ぽん!


ちなみに、前回頂いた時のルックスはこれ。
こっちの方が、インパクトがありますね。
港区麻布十番1 山芋の多い料理店 麻布十番

麻布十番パティオ広場の緑もどんどん濃くなってますね。
DSCN2600
さて、そこのすぐ近く、「麻布 和たま/わたま」で遅めのランチ。
DSCN2602
DSCN2605
4年くらい前までは、ラーメン屋でしたっけ。
店名の「和たま」って、「柚子風味の和風らーめん+味玉」の略だったはず。
違いましたか??
DSCN2608
DSCN2610
マイナーチェンジして、あんかけ炒飯オシの中華料理店になってます。
平日のランチタイムは、午後1時にオープンする変則営業。
DSCN2613
1階はカウンター3席・テーブル3卓6席。
2階はテーブル13~14席で全22~23席。
DSCN2616
両親と10代の息子が、3人で頑張る家族経営のお店。
こういうお店が、昔からの麻布十番の姿なんです。
DSCN2619
メニューは、前より20~30円値上がりしたようですが、今だに1000円前後。
御飯・味噌汁・小鉢・お新香付きで、定番の中華メニューをいただけます。
DSCN2646
麺類は、壁の黒板をチェック。
DSCN2644
でも人気は、ドンブリ系。
特に名物「あんかけ炒飯(白・赤・黒)、スープ付」990円(税込)がイチオシ。
DSCN2645
白・赤・黒とも、具は、挽肉・竹の子・ピーマン・玉ネギで、色を選べる餡がたっぷりかかります。
「赤」は、豆板醤と醤油のピリ辛味。
「黒」は、豆板醤と甘みその辛し味噌味。
DSCN2649
迷いましたが、オーダーは、「白」。
胡椒とエバミルクの塩味です。
DSCN2651
DSCN2654
丸く美しくこんもり盛られた炒飯に、白い餡が掛かっています。
DSCN2652
DSCN2653
お供は、胡椒とスープ。
このスープも具だくさんで結構、美味し。
DSCN2650
シットリしたチャーハンは、ゆっくり食べ進むうちにあんと混ざり合い、複雑に味変。
かなり旨し。
DSCN2657
DSCN2659
DSCN2660
DSCN2661
途中で、セットの胡椒をタップリ振り掛けてさらに味変。
刺激的なピリピリ味が、五感を揺さぶります。
DSCN2662
DSCN2663
DSCN2665
最後は、かなり塩分がきつく感じるようになりましたが、それでも、レンゲは止まらず。。
ザックザックと口の中に放り込み、気持ちよく完食。
ご馳走様でしたぁ( ´∀` )/ぽん!

本日は、5月5日のこどもの日。
今夜の東京タワーを見ながら、柏餅を肴に、もう何杯目かの冷やしアメオンザロック( ´∀` )/ぽん!
0504夜 自宅 (2)
2020505
さてさて、お昼は、港区麻布十番へ。
GWは、お休みのお店が多い。
DSCN1805
久留米ラーメンを全国区にした「元祖久留米らーめん福ヤ」でランチ。
久留米生まれの貞方邦介氏が、「くるめふるさと大使」になったのをきっかけに出店。
久留米愛、豚骨ラーメン愛に溢れています。
DSCN1806
DSCN1807 (2)
DSCN1807
久留米ラーメンは、強い火力で沸騰させ骨が粉々になるまで煮込んだ白濁とんこつスープが、基本。
久留米「大栄ラーメン」から、40年熟成したスープを譲られ、それを「呼び戻し」で作っています。
DSCN1808
DSCN1809
久留米ラーメン伝統の秘儀「呼び戻し」とは、スープ釜に常に残し、別の釜で取った新しいスープを少しずつ継ぎ足して、スープを作る技法。
DSCN1810
DSCN1812
久留米でも今では伝承しているお店は極めて少ない
技法だそうな。
久留米から、本場物を空輸した麺は、低加水ストレート細麺。
久留米で好まれる、このボソッとした食感が、濃厚なコッテリスープによく合います、
DSCN1813
DSCN1815
DSCN1816
久留米らーめん福ヤのメニュー。
DSCN1817
久留米らーめんらしく、平日ランチは、ご飯や替え玉の無料サービスがあります。
DSCN1817 (3)
久留米らーめんの魂の一杯、「とんこつ久留米らーめん」800円に惹かれましたが。。
久留米らーめんのニューウエーブをチョイスして、「福ヤ辛かラーメン」900円。
久留米らーめんらしい白濁豚骨スープに辛味を加えた女性に大人気の一杯。
DSCN1817 (2)
久留米らーめんですから、麺の硬さは「粉おとし・はりがね・バリカタ・カタ・ふつう・やわ」から選べるので、「はりがね」。
久留米らーめんの「福ヤ辛かラーメン」は、辛さを 1〜10倍まで選べるので、当然「10倍」。
DSCN1817 (4)
久留米らーめん名物「一口焼餃子(4ヶ入)」230円も追加しました。
久留米らーめんらしく、1分ほどでドカンと登場。流石に、ハリガネは茹で上がりが早いですね。
DSCN1819
久留米らーめん、、嗚呼ああ、美しいです。
DSCN1820
DSCN1821
久留米の有明海が夕陽に染まったような赤い大海原が目の前に広がります。
「さあ、一緒にこの海へ漕ぎ出そう。大冒険の旅に出よう。」
ドンブリが呼び掛けてきます。
DSCN1822
久留米、イキマス!
久留米、行くんです!!
DSCN1824
DSCN1825
久留米らーめん。もはや、なんの説明も不要でしょう。
久留米らーめん、辛し、旨し、辛し、旨し、旨し、辛し、旨し、辛し。
DSCN1826
久留米らーめんに、ニンニクやカラシ高菜、ナムル、摺りゴマなどを投入して味変。
久留米らーめん、さらに旨し。
DSCN1836 (2)
DSCN1836
DSCN1837
DSCN1838
久留米らーめんの餃子は、酢醤油で食べてももちろん美味しいが、、
真っ赤なスープに浸して食べるとさらに美味しい。
DSCN1830
DSCN1831
DSCN1833
DSCN1834
DSCN1839
DSCN1840
久留米って、素晴らしい。
久留米らーめん、ご馳走様でした。
DSCN1842
さあ、久留米まで、本場の久留米ラーメンを食べにいこうかなあ( ´∀` )/ぽん!

自宅マンションから見える、今夜の東京タワー。
上半分が消灯と言うことは、たぶん、今夜が満月なのね( ´∀` )/ぽん!
20220417
それは、それとして、、、
本日は、麻布十番へ。
いつものように、パティオ広場をチェック。
DSCN9902
DSCN9900
なんにゃかんにゃで、麻布十番1丁目「山芋の多い料理店 麻布十番」でランチ。
ランチメニューには、全てトロロが付きます、だそうです。
DSCN9904
DSCN9906
DSCN9910
グランドメニューにも、「山芋」や、「トロロ」の文字が踊ります。
松たか子様と、広瀬すず様が食べに来て絶賛した山芋料理たちですね。
DSCN9912
黒を基調とし、自然の素材を多用したインテリア。
サレオツ系、カジュアル系の和食居酒屋。
DSCN9913
DSCN9915
壁には、三種類の山芋の写真が飾られ、それぞれの素材の本来の姿を教えてくれます。
料理に使用している、自然薯、大和芋、長芋の産地と生産農家の名前が、
黒板に書かれているのもポイントが高いです。
DSCN9917
DSCN9916
ランチメニューは、四種類。
カレーうどん以外は、山芋の種類を「自然薯」か、「大和芋」を選べるそうな。
山芋を選ばせてくれる料理店なんです。
DSCN9919
お客様は、ほとんどが、色が黒くて、栄養価が高い「自然薯」をチョイスしています。
さてさて、、私のオーダーは、、、
「とろろごはん@自然薯」に強く惹かれましたが・・・
「カレーうどん エスプ―マ」950円(税込)。
DSCN9922
セルㇷで飲み放題の熱いほうじ茶と冷水をのみ、
紙エプロンを装着して待つことしばし。。
DSCN9923
木のお盆に乗って、ドカンと登場。
白い大和芋のエスプ―マが、ドンブリを覆っています。
DSCN9925
エスプーマとはスペイン語で 「泡」 という意味。
調理場を盗み見していたら、「エスプーマ スパークリング マシン」を使っていたので、
二酸化炭素をトロロに吹き込み泡立てたのですね。
DSCN9927
ほの暗い闇の中に浮かび上がる白い大海原。
美しいです。輝いています。
山芋トロロの「ラ ベル メール」なんです。
DSCN9930
DSCN9933
イキマス。
エスプ―マの白い海の下には、極太のツルシコウドンが、隠れています。
DSCN9936
そして、巨大な豚バラ肉。
これは、食べ応えあり。旨いっすねぇ。
DSCN9945
スパイシーなカレーの風味が、鼻腔をくすぐります。
旨し!
実にもって、旨しなんです。
DSCN9942
ネギを入れて風味を変えます。
DSCN9946
DSCN9948
山芋が、スープに混じり合うほどに様々に味変。
味が濃くなっていきます。
DSCN9950
ノド越しが溜まりませんなぁ。
あああ、ええ気持ちやぁ。
極楽ゴクラク。ごくごくごく・・・。
DSCN9954
バケツほどもある、分厚い重い熱々のドンぶり。
しかも、饂飩は生きが良くて、跳ねてあばれる。
これを食べるには・・・。
ネギの入っていた小鉢で取り分けて食べるのがお上品ですね。
DSCN9957
素晴らしい。。
DSCN9960
小皿は、薩摩芋とカボチャのマッシュ。
干しブドウとナッツ?がよいアクセントですね。
DSCN9977
DSCN9995
すべて、旨しです。
今までの人生で一番美味しい山芋料理かもしれません。
これほど美味しいと、「とろろごはん@自然薯」を食べずにはいられません。
麻布十番は、まだまだ、美味しいお店があるのですが、再訪決定です。
では~~~( ´∀` )/ぽん!

もう、〇〇かぁ。。
そんなこんなで、麻布十番へ。
DSCN7601
パティオ広場をチェック。
そして、十番稲荷の桜もチェック。
DSCN7590
DSCN7600
麻布十番「シーファン/Shi-fan」でランチ。
「シーファン/Shi-fan」とは、中国語で「十番」の意味。
DSCN7602
DSCN7604
DSCN7605
広東料理をベースに、四川山椒も使ったピリ辛料理も提供しています。
DSCN7606
DSCN7607
DSCN7608
五階へ、エレベーターで上がります。
テラス席4卓10席、テーブル1卓6席、カウンター9席、個室3室が各6~8席。大通リを見下ろすテラス席は、これからの季節、最高でしょう。
DSCN7609
セミオープンキッチンと間近に向き合う、カウンター席に案内されました。
無垢板を使った幅の広いカウンター。
チーク材ではなく、アサメラを使っているところなど、インテリア全体が、微妙にキッチュ。
豪華な雰囲気が、全体に漂うものの。。
DSCN7610

まずは、お絞りと冷たい中国茶から登場。
DSCN7611

オーダーは、お得なランチセットから、「B.叉焼と海老の五目炒飯」。
担々麺(ハーフ)、デザート、中国茶が付いて、1500円(税込)。
DSCN7614

パラパラシットリ系の炒飯。実に、旨い。
海老とチャーシューの細切れが、良い味を出してます。
これが、今年のNO.1、炒飯かも知れない。それくらい美味い。
DSCN7615
DSCN7619
DSCN7620

続いて、担々麺。これも、旨い。
肉味噌と白ねりごまの風味が効いた濃厚なスープ。
麻辣は、それ程でもないが、濃厚な芝麻醬が、かなり旨い。
DSCN7621
DSCN7622
麺は、加水率抑えめの細麺。ノド越しが心地よい。
モチ粉で打った麺かも。
これが、今年のNO.1、担々麺かも知れない。
DSCN7625
DSCN7626 (2)
DSCN7626

ふと気が付くと、デザートの杏仁プリンと熱々の中国茶が目の前に。。
食べるのに夢中で気が付かなかった。。
DSCN7627

杏仁豆腐は、チーズケーキのような甘さ。
それでいて、くどくない。
牛乳がたっぷり入っているのですね。
DSCN7628
口の中でフルフルと震えて、スーッと溶けていく。
まったりと柔らかく口内粘膜を撫で回す完食は、もはや至福。
これが、今年のNO.1、杏仁豆腐かも知れない。
DSCN7629

〆の中国茶は、熱々。
口の中の脂を洗い流してくれて、好きり爽やか。
これが、今年のNO.1、中国茶かも知れない。
DSCN7630

最後までしっかり頂いて、完食。
還暦の私には、量もちょうど良い。
お見事です( ´∀` )/ぽん!

麻布十番へ。
いつものように、パティオ広場をチェック。
4月3日は、「花まつり お稚児さん行列」があるそうな。
DSCN7600
DSCN7605

さてさて、、
麻布十番3丁目「麻布 川上庵」でランチ。
DSCN7620
DSCN7642
本店は、軽井沢で名の知れた蕎麦の名店。
目立たないビルの階段を下りた、地下一階にあります。
DSCN7644
DSCN7645
全50席ほど。
ちょいと、オッサレ―な雰囲気が漂います。
営業時間は、11:30 ~翌日4:30(3:30 LO)と長い。
DSCN7648
DSCN7649
メニューを拝見。
日本酒や焼酎の他、ワインも色々あり、夜は高級な蕎麦居酒屋なんですね。
DSCN7650
DSCN7651
オーダーは、「季節限定サヨリと春野菜の天せいろ(数量限定)」に惹かれましたが・・・
丼物メニューから「大海老天丼とヒトクチ蕎麦」1705円(税込)をチョイス。
ヒトクチ蕎麦を通常サイズにしてもらい、クルミダレに変更して、+649円(税込)。
DSCN7652
DSCN7653 (2)
まずは、サービスの蕎麦のオカキが、熱々の蕎麦茶と共に登場。
DSCN7653
蕎麦オカキは、揚げたてで、ポリポリの食感。
振り掛けられた塩が、蕎麦の甘い香りを引き立てて旨し。
DSCN7654
DSCN7657
いよいよメインが、豪華に登場。
DSCN7660
DSCN7665
厳選したそば粉を使用し、特注石臼で自家製粉した粗挽き二八蕎麦。
細く切られた上品な蕎麦は、クルミダレと抜群の相性。
DSCN7675
DSCN7676
口いっぱいに広がる甘い、豊かな風味。
喉越しが、素晴らしい。
DSCN7678
オカキの残り塩で頂くと蕎麦の味が良く分かっていいですね。
DSCN7682
蕎麦湯に、クルミダレがイマイチ合わないのは、残念でしたが、この蕎麦は、本当に美味い。
旨し!ただ、それだけだぁ。
DSCN7685
DSCN7686
野沢菜漬けで軽く口直し。
DSCN7687
続いて、色トリドリの野菜が乗った、大海老天丼に取り掛かります。
大海老、薩摩芋・ピーマン・蓮根・茄子・舞茸ですね。
DSCN7688
美しいです。
ボリュームがあります。
DSCN7690
DSCN7691
ドンツユは、甘め。
甘いご飯に染みて、どれもが良くマッチングしています。
DSCN7693
DSCN7694
七味を振って味変。
これまた、旨し。
DSCN7695
DSCN7697
DSCN7698
DSCN7699
最後までしっかり頂いて、完食。
お見事です( ´∀` )/ぽん!

麻布十番へ。
ハイソ層と、下町ジモティ、そして大使館勤めの多国籍住民が織り成す不思議な町。
ようやく春が来たパティオ広場をチェック。
DSCN7150
そして、麻布十番2丁目、「ディディ グランデ/DiDi Grande」でランチ。
DiDiは、ガーナ語で「食べてね」。
Grande は、ラテン語で「いっぱい」という意味。
DSCN7152
DSCN7153
ガーナ共和国出身のオーナーシェフ・リッチー氏が作る「アメリカングリル&イタリアン料理」がいただけます。
DSCN7154
DSCN7155
オーダーは、、
「贅沢ジョンディービーフの DiDiʼsサンドイッチ」。
自家製ポテトフライ、BBQソース、ソラマメのグリーンスープ、
バゲット、エキストラバージンオイルが付いて、1350円(税込)。
DSCN7158

グリーンスープから登場。
DSCN7159
上に散らされた、フライドベーコンチップが、良い歯ごたえ。
DSCN7160
体の中を緑の春風が、吹き抜けました。
お見事です。旨しです。
DSCN7162
DSCN7163
エキストラバージンオイルに浸して食べるバゲット。
サクサク。
風味が、これまた、お見事。
DSCN7164
DSCN7167
DSCN7168
そして、メインがドカン!と登場。
サンドウイッチで軽いランチを・・
と思っていたのですが、吃驚。迫力がありますね。
DSCN7170
DSCN7171
DSCN7176
DSCN7177
表面をカリッと焼き上げた熱々パンとジューシーで柔らかいビーフが見事なマッチイング。
本当に、肉が柔らかい。
トマトの果汁に肉汁が絡み合い、レタスのシャキシャキな歯ごたえがもはや愉悦。
DSCN7179
DSCN7182
DSCN7183
もう止まらない。
豪快に食べ続けます。
DSCN7184
DSCN7185
DSCN7186
自家製スモークBBQソースが、エキゾチックな香り。
経験したことのない不思議な風味で、かなり美味し。
ひょっとして、隠し味は、カカオ豆ですか?
DSCN7187
DSCN7188
DSCN7189
DSCN7190
などと思うイトマモ有らばこそ、一気に完食。
素晴らしい!
エクセレント!
ご馳走様でした。
サンドウイッチは、麻布十番に限るね( ´∀` )/ぽん!

東京都港区の高級住宅街・麻布十番へ。
DSCN6700
いつきても楽しいお店が一杯です。
パティオ広場をウロウロして、さて。。
DSCN6702
DSCN6703
麻布十番2丁目、自家製干物で有名な「あん梅」でランチ。
脱サラして、「干物道」に人生を捧げたオーナー。
日本一の干物を作るために、魚を吟味し、刺身で食べられる新鮮な魚を、
自分のビルの屋上で天日干しで干物にしています。
DSCN6705
DSCN6706
世の中にはすべてピンからキリまでありますが、ここは「ピン」の干物にこだわっています。
季節によって、干物の出来栄えによって、メニューが変わる。
ここで食べたお客様は「今まで食べていた干物はいったいなんだったの?」と自問するのです。
DSCN6708
DSCN6710
快晴無風が一週間ほど続いた後に食べに来るのが、大事。
「ピン」の干物が待ってますよーー。
DSCN6714
二人掛け一卓、4人掛け一卓で合計6席。 
さらに奥にも小さなカウンター5席。 
魚を焼く炭火が、目の前でユラユラと揺れる、カウンター席に着席。
DSCN6716
さて、ランチメニューを拝見。
魚と水と塩だけで作った干物。
もちろん、保存料など使っていません。
8800円の干物定食もありますね。
DSCN6718
DSCN6717
オーダーは「鮭塩麹焼き定食」1600円(税込)。
干物は、目の前で串を打ち、備長炭で焼きあげます。
DSCN6720
お盆に乗ってドカンと登場。
美しいです。香しいです。
これが、麻布十番の干物膳です。
DSCN6722
DSCN6723
土のカマドに羽窯と薪を使って炊き上げた御飯。
ツヤヤカです。美しいです。
DSCN6724
DSCN6725
味噌汁も豆腐が美味い。
本物のニガリを使った豆腐ですね。
DSCN6726
干物は 良く焼いた方が美味しい。 
素晴らしい脂のノリ。
DSCN6728
DSCN6729
DSCN6730
荒オロシの大根が、甘くて甘くて、いったい何なのこれは~w
皮までサクサクで旨し。
DSCN6731
DSCN6736
野菜の炊き合わせも、優しい味で、塩麹とマリアージュ。
柴漬けも何が違うのかわからないけど、旨しですねー。
DSCN6733
DSCN6734
あああ、どれもこれも、すべて旨し!
やはり、干物は麻布十番に限りますなあ( ´∀` )/ぽん!

港区麻布十番へ。
DSCN5761
DSCN5762
2020年3月にNEW OPENした「スープカレーKENASHIBA/けなしば」でランチ。
DSCN5763
DSCN5764
DSCN5765
北海道出身で農家のシェフが、自家農園で作った野菜も含めて「多種多彩な野菜で豊富に栄養を取ってもらいたい。」との想いを込めてスープカレーを作ってます。
DSCN5766
オーダーは、「20種野菜のスープカレーとランチセット」1500円(税込)。
ランチセットには、ライス、サラダ、小鉢、ドリンクバー、ミニデザートが含まれます。
選べる辛さは、激辛。ライスの量は、デフォで100g。
DSCN5767
DSCN5768
ドリンクバーで、ジャスミンティをゲッツ。
DSCN5770
DSCN5773
DSCN5772
まずは、瑞々しいサラダから。
ゴマと卵の自家製ドレッシングですね。
野菜が生きてます。旨しです。
DSCN5774
DSCN5775
DSCN5776
美しい姿で登場です。
DSCN5777
DSCN5778
20種類のB野菜のトッピングが凄い。
フライドポテト、フライドニンジン、フライドサツマイモ、フライドナス、フライドダイコン、
フライドカボチャ、フライドピーマン、二色のフライドパプリカ、タマネギ、インゲン、コーン、
紫キャベツのピクルス、煮込みキャベツ、ガーリックブロッコリー、カイワレ、水菜、ゴボウ。
黒いのは、シイタケ?ムカゴ? 白いのは、つくね芋(大和芋)の摺り身?
ダメだ。20種類、分からなかった。
DSCN5779
DSCN5782
DSCN5783
DSCN5788
DSCN5789
DSCN5790 (2)
DSCN5790
DSCN5792
DSCN5793
DSCN5794
途中で、辛味ペーストを入れて味変。
旨しですねえ。
DSCN5796
DSCN5797
DSCN5795
デザートは、クミンシードが乗った杏仁豆腐。
辛くなった、口の中がヒンヤリして、甘し、旨し。
DSCN5800
あああ、何もかも旨しです。
ご馳走様でした( ´∀` )/ぽん!

古川に掛かる二の橋を越え、港区麻布十番へ。
仙台坂オークヒルズ一階の「松玄(まつげん)麻布十番店」でランチ。
DSCN5700
DSCN5703
店頭に掲げられたメニュー。
刺身に目が、停まりますが、このお店、元は恵比寿のお寿司や。
魚を扱うのが本職なんです。
DSCN5706
DSCN5725
今では、すっかり、手打ち蕎麦で有名になりました。 
「遅い時間でも旨い蕎麦が食べられる。」が、こちらのコンセプト。
毎日、国産そば粉を石臼で轢き、お店で手打ちした蕎麦が、閉店時間の23時まで食べられます。
DSCN5728
DSCN5727
インテリアは、スノビッシュ風サレオツ系で、良い感じの落ち着いたダイニング。
炭火を囲むようにカウンターをコの時に配し、周囲の壁は蕎麦殻を練り込んだ土壁。
DSCN5731
DSCN5730
気の利いた薬味が、卓上に並びます。
塩は、藻塩。
七味は、京都・祇園原了郭の黒七味。
楊枝は、墨書きした箱に納められた金千両。
DSCN5729
当然、蕎麦か、刺身系に行きたかったのですが、、、
何故か、オーダーは、「大海老天丼」1500円(税込)。
美しい姿で登場です。
DSCN5732
DSCN5733
DSCN5734
DSCN5735
DSCN5739
ドンツユが別についてますね。
江戸前天丼は、ドンツユを潜らせて真っ黒な天婦羅にしますが、こちらは至って上品な色。
行き届いた配慮を感じます。
ドンツユを少しづつ回しがけながら頂きます。
DSCN5741
DSCN5743
コロモはサクッ、中はジューシー。
当然、旨し。
DSCN5744
DSCN5746
藻塩と黒七味でも頂きます。
あああ、何もかも旨しです。
DSCN5748
DSCN5747
DSCN5749
DSCN5750
DSCN5753
DSCN5760
ご馳走様でした( ´∀` )/ぽん!

↑このページのトップヘ