タワマンブラリ旅のblog

港区をメインに食べ歩き、日本100名道を巡る旅のお話を書いてます。 最近は、お仕事で、神奈川県や千葉県にも出没します( ´∀` )/ぽん

昨日は、千葉市美浜区の千葉市地方卸売市場へ。
入り口の管理ボックスで、食事しに来ました、と申告。
臨時入館証を受け取って中に入り、敷地中央の駐車場に駐車。
IMG_20240601_090812
IMG_20240601_091053 (1)
黄色い壁が目を惹く、奇妙なデザインの関連棟が目的地。
IMG_20240601_091053 (2)
IMG_20240601_091612
IMG_20240601_091753
IMG_20240601_091824
2Fの「お食事処さくら」でブランチ。
朝8時から営業しているので何かとありがたい。
IMG_20240601_091844
一度も、冷凍していない生マグロを提供しています。
氷水で冷やしただけで流通しているのは、近海で獲れた生マグロだからこそ。
IMG_20240601_091900
昨日は、壱岐近海の極上生本まぐろでした。
ちなみに、使っているお米は、千葉県匝瑳市産プレミアムふさこがね。
IMG_20240601_091902
IMG_20240601_091911
カウンター、テーブル、小上がりで、全24~5席。
壁には、今年入った生マグロの写真が産地名入りで貼られています。
IMG_20240601_094150
IMG_20240601_094152 - コピー
IMG_20240601_094152
IMG_20240601_094352
IMG_20240601_094354
ほとんどのお客様が、海鮮系の料理をオーダーしています。
まあ、そうなりますよね。
IMG_20240601_094356
IMG_20240601_094358
オーダーは、「生マグロ丼(上)」1810円。
素晴らしいボリューム。
IMG_20240601_094748
IMG_20240601_094759
IMG_20240601_094814
IMG_20240601_094828
IMG_20240601_094843
IMG_20240601_095026
マグロが、口の中で蕩けて、甘さだけを残して淡雪のように消えていく。
近海モノの生マグロって、こんなに美味しかったとは、、、
IMG_20240601_095103
IMG_20240601_095130
IMG_20240601_095112
これが、本物の生マグロなんですね。
酢飯まで全てが甘くて、トロけるようだ。
IMG_20240601_095222
IMG_20240601_095226
IMG_20240601_095326
IMG_20240601_095646
大将の「どうだ、うまいだろ♪」との、ドヤ顔は伊達じゃない。
ちょっと感動した。
生マグロって、凄い!

男を磨くため、JR大井町駅西口「おふろの王様 大井町店」へ。
しかし、その前に、大井町1丁目の「そば道 西のはなれ」で、ブランチ。
大井町駅の東口にも支店がありましたね。
IMG_20240530_111025
IMG_20240530_111048
シックで上品なインテリア。カウンターとテーブルで30席ほど。
自由なスタイルで蕎麦を愉しむ、東京流・蕎麦の居酒屋。
日本酒に拘って、30種類以上を取り揃えています。
IMG_20240530_111200
IMG_20240530_111204
IMG_20240530_111224
IMG_20240530_111224
ランチタイムは、蕎麦+丼のお得なセットが狙い目。
この時間の蕎麦単品には、混ぜご飯・香の物がサービスで付くので嬉しい。
つけ蕎麦・丼も、各種あって、魅力的。
IMG_20240530_111256
IMG_20240530_111340
オーダーは、なんやかんやで、かなり迷いました。
「穴子天丼と蕎麦のセット」980円に惹かれましたが・・・
IMG_20240530_111403
IMG_20240530_111405
結局、「本日のドンブリと蕎麦のセット」890円をコール。
三種類から選べるドンブリは、鮭イクラ丼。
IMG_20240530_111610
細打ちの蕎麦切り(冷)か、太打ちのかけ蕎麦(温)を選べますが、蕎麦切りで。
IMG_20240530_111707
本当に蕎麦が香る。
喉越しが素晴らしいね。
IMG_20240530_111712
IMG_20240530_111915
IMG_20240530_111932
あああ、良い蕎麦だ。
薬味で味変。これも美味しです。
IMG_20240530_112053
IMG_20240530_112108
蕎麦湯までしっかり頂きます。
IMG_20240530_112425
IMG_20240530_112527
そして、いよいよ、鮭いくら丼。
親子丼ですねw
IMG_20240530_112609
IMG_20240530_112613
IMG_20240530_112611
これが、最高!
あああ、旨し、美味し。
IMG_20240530_112646
IMG_20240530_112703
お新香もポリポリと良い出来。
IMG_20240530_112706
全てが、お見事。
今年のNo.1蕎麦セットかも知れない( ´∀` )/ぽん!

夕方になって、港区台場へ。
小腹が空いたので、東京港に面した「デックス東京ビーチ シーサイドモール」をウロウロ。
IMG_20240529_161300
IMG_20240529_161302
中高生くらいの男女が、そこかしこにタムロシテ騒いでいる。
この人たち、学校は行ってないのかい?
IMG_20240529_161305
IMG_20240529_161324
そんなこんなで、、
4階にできた「お台場たこ焼きミュージアム」をじっくりと見学。
昭和10年(1935年)に、このお店の初代遠藤留吉が考案。
たこ焼きの前身「ラヂオ焼き」を発明したそうな。
IMG_20240529_161418
IMG_20240529_161420
コロモに、牛肉・コンニャク・豆などを入れた、「ラヂオ焼き」が、たこ焼きの原点らしい。
その後、お客様の「大阪は肉かいな。明石はタコ入れとるで。ほんまに。」の一言をヒントに、ラヂオ焼きにタコを入れ完成。
「たこ焼き」と名づけ、世間の好評を得たとか。
IMG_20240529_161433
IMG_20240529_161436
大阪府の”大阪産(もん)名品”に認証され、
ミシュランガイドにも掲載されていると誇らしげに謳っている。
ホンマかいなぁ?まあ、ええんやけどぉ。。
IMG_20240529_161617
IMG_20240529_161439
中高生に混じって、還暦おじさんが一人で食べるのは、恥ずかしいのでテイクアウト。
自宅に戻って試食タイム。
IMG_20240529_163940
IMG_20240529_164145
IMG_20240529_164150
持ち帰ったのは「会津二種盛り」960円。
元祖たこ焼き&元祖ラヂオ焼きが、各6個入りです。
IMG_20240529_164251
IMG_20240529_164256
さてさて、小麦粉を醤油味のダシで溶いて、ソースを付けずに食べるのが、ここのたこ焼き。
元祖たこ焼きは、中はフンワリトロトロで、外はカリッとクリスピー。
IMG_20240529_164308
コロモに入れたダシが効いてますね。
確かに、何もつけないで旨しです。
IMG_20240529_164337
元祖ラヂオ焼きは、すじコンニャクが入っている。
コクのある生地に、プニュッとした歯ごたえが楽しい。
IMG_20240529_164414
自宅に持ち帰るの20分ほどかかって、少し冷えてしまったのが残念だったけど・・
十分に旨しでした( ´∀` )/ぽん!

知っていないと辿り着けない、本当に隠れている名店「大衆割烹 三州屋 銀座本店」で、ブランチ。
天下の銀座の一等地・並木通りから路地の奥に入っていくとあります。
本当にあるんです。
IMG_20240529_103200 (2)
IMG_20240529_103200 (3)
IMG_20240529_103200 (4)
創業は1968年。
今年でいったい何年、この不思議な立地で頑張っているんだぁ?
IMG_20240529_103200 (6)
IMG_20240529_103200 (7)
暖簾分けで増えた「三州屋」は、最盛期には都心を中心に15店舗以上ありましたが、再開発等で激減。
今は、昨年、北海道ボールパークFビレッジに出来た店を含めて、5軒のみ営業中。
ある意味、居酒屋界の絶滅危惧種。
IMG_20240529_103200 (8)
IMG_20240529_103200 (9)
朝10時半から呑み客が集い、古き良きお江戸の時代の匂いが漂う天国。
夜は、22時まで通し営業しています。
IMG_20240529_103305
IMG_20240529_103344
チャキチャキした若い綺麗目スタッフ女子(お店のお嬢さん?)が、
テキパキとオーダーを捌いてイキマス。居心地よし。
IMG_20240529_103358
IMG_20240529_103358
IMG_20240529_103412
IMG_20240529_103655
オーダーは、名物「鳥豆腐」がセットになった、おめでたい名前の「開運金目・銀ムツ煮付け定食」に惹かれましたが・・
「フライ盛り定食(海老1・鮭1・帆立2)」をチョイス。
綺麗目スタッフ女子が、ササッと運んできてくれました。
IMG_20240529_103848
IMG_20240529_103922
自家製お新香と赤だしがセットで1400円。
そして、海老フライには欠かせない、タルタルソース100円も忘れずにコールしています。
IMG_20240529_103944
銀シャリが美しく輝いています。
IMG_20240529_103854
IMG_20240529_104130
赤だしは、豆腐とワカメの定番ネタ。
IMG_20240529_103901
IMG_20240529_103902
まずは、海老フライをタルタルで・・
コロモはサクサク。身が甘い。
タルタルの濃厚なマッタリした味わいが、それらを一つにマリアージュさせてお見事。
IMG_20240529_104031
IMG_20240529_104111
帆立は、レモンを絞って、いざ。
大きな貝柱から、旨味が溢れます。旨しです。
IMG_20240529_104309
IMG_20240529_104341
キャベツは、ソースを掛けます。
色々野菜のドレッシング和えも旨し。
IMG_20240529_104443
IMG_20240529_104500
IMG_20240529_104617
そして、鮭。
そのままでよし。
タルタルで良し。
IMG_20240529_104649
IMG_20240529_104707
IMG_20240529_104800
お新香まで手抜きなし。
IMG_20240529_104802
IMG_20240529_104804
お見事でした( ´∀` )/ぽん

雨の降る中、品川区東品川「イオン品川シーサイド」へ。
シーサイドフォレスト・オーバルガーデンをウロウロ。
IMG_20240528_105900
IMG_20240528_105903
直訳すると、海辺りの森・楕円形の庭ですね。
濡れずに食べに行ける駐車場付きの飲食店は、23区内では少ないので貴重。
「名古屋めし」を売りにしているお店。
1987年創業。名古屋市の「栄店」が第一号本店。
IMG_20240528_110025
IMG_20240528_110053
IMG_20240528_110134
今では、中部と関東で40店舗ほどを展開。
カレーうどんを売りまくってます。
IMG_20240528_110135 (1)
IMG_20240528_110138
IMG_20240528_110150
木を多用した、小奇麗なインテリア。
100席以上ある大箱店。
IMG_20240528_110154
IMG_20240528_110155
メニューを拝見。
期間限定「カレー麻婆うどん」は、今は、やってないのね。残念。
IMG_20240528_110203
IMG_20240528_110314
IMG_20240528_110341
オーダーは、「白まろカレーうどん」に惹かれましたが、、、
「カレーうどんと選べるミニ丼セット」1280円をコール。
IMG_20240528_110501
紙エプロンを装着して、準備万端。
いさ!
IMG_20240528_111144
IMG_20240528_111154
カレーうどんの汁は、風味豊かなクリーミィ和風タイプ。
数種類のスパイスを配合した秘伝のカレー粉をムロ節と鶏ガラスープに合わせたもの。
コク・辛味・とろみが素晴らしい。
IMG_20240528_111223
豚肉は「スギモト」。揚げは「くすむら」。
名古屋の老舗から取り寄せて使用しています。
IMG_20240528_111326
油揚げは柔らかくて、シットリとツユの旨味が染み込んでます。
ナルトが良いアクセント。
IMG_20240528_111324
熱が通って柔らかくなったネギが旨い。
IMG_20240528_111329
モチモチツルシコ極太特注自家製麺も凄い。
きしめんにも変更できますが、デフォでオーダー。
IMG_20240528_111404
腰と歯触りが素晴らしい。
ノド越しに恍惚。
IMG_20240528_111431
七味を振って味変。
うんうん、美味し。
IMG_20240528_111716
IMG_20240528_111737
ミニ丼は、鶏天丼・味噌カツ丼・梅しらす丼・ネギトロ丼・どて丼・天丼から選べますが、、、
やはり名古屋名物「味噌カツ丼」ですね。
IMG_20240528_111906
IMG_20240528_111914
セオリー通リに、名古屋名物・八丁味噌仕立て。
秘伝のドロソースが染みたご飯が旨し。
IMG_20240528_111933
IMG_20240528_112010
最後に残ったご飯をカレーうどんの汁に浸して雑炊風。
こりゃ、堪りましぇんばい。
IMG_20240528_112603
旨し( ´∀` )/ぽん

昨日は、小雨の中、品川区東品川「イオン品川シーサイド」へ。
雨に濡れずに食べに行ける、駐車場付きの飲食店は、23区内では少ないので、ここは貴重。
IMG_20240527_122510
サンクンガーデンに面したストラン街「品川シーサイドフォレスト」をウロウロ。
「オーバルガーデン」と呼ばれ、魅力的な6店舗が軒を連ねています。
IMG_20240527_122512
IMG_20240527_122516
さて、ランチタイム。
都内だけでも、60店舗以上を展開する有名なチェーン店。
IMG_20240527_122519
IMG_20240527_122528
IMG_20240527_122541
明るくて清潔なインテリア。
ランチメニューは、7種類?。う~~ん、悩みますね。
IMG_20240527_122619
IMG_20240527_123335
タルタルソースのエビフライ
&駿河湾産 桜海
が、セットになった「季節限定・花ごよみ」に惹かれましたが、、、
IMG_20240527_123320
ランチメニューは、全て、ごはん&キャベツ&シジミの味噌汁が、お代わりフリー。
いやぁぁ~、太っ腹なお店でねえかい♪
IMG_20240527_123438
結局、コールは、「和光ご飯・ロースカツ」970円。
御膳ではなく、ご飯なのが、気取っていなくて好印象。
IMG_20240527_123932
IMG_20240527_123936
IMG_20240527_123948
IMG_20240527_124004
IMG_20240527_124041
さて、コロモがサクサクのロースカツ。
イキマス!
IMG_20240527_124122
IMG_20240527_124124
IMG_20240527_124135
秘伝のドロソースを漬けて、オンザライス。
肉は、シットリ柔らかい。ああ、このカツ、お美味しいわぁ。
IMG_20240527_124202
IMG_20240527_124221
ビネガーが効いた柚子ドレッシングで頂くキャベツ。
シャキシャキで、少し甘くて、かなり旨し。
春は、キャベツの美味しい季節ですねぇ~♪(もう初夏ですが・・)
IMG_20240527_124313
IMG_20240527_124336
トンカツをカラシで味変。
これまた、ケッコウなお味♪
IMG_20240527_124437
IMG_20240527_124519
大根の浅漬けも旨いねえ。
口の中の油が切れてサッパリ、スッキリ。
IMG_20240527_124522
大好きなシジミの味噌汁をお代わり。
トンカツの味噌汁は、シジミに限りますよね~♪
IMG_20240527_125217
IMG_20240527_125229

最後は、急須で提供された冷たい番茶を飲み干して、
ご馳走様でしたぁ( ´∀` )/ぽん!
IMG_20240527_125904
満足です。
再訪問は、間違いなくありますね( ´∀` )/ぽん

昨日は、朝から銀座をウロウロ。
IMG_20240526_101737
カウンター蕎麦の「よもだそば 銀座店」でランチ。
IMG_20240526_102532
”よもだ”とは、愛媛県松山地方の方言(伊予弁)。
”いいかげん”、”ふざけている”の意。
IMG_20240526_102605
メニューが豊富。 
IMG_20240526_102615
IMG_20240526_102620
IMG_20240526_102621
IMG_20240526_102625
こだわりの数々が、壁の貼り紙で見て取れます。
銀座では、こうでないと生き残れませんよね。
IMG_20240526_102832
まず、券売機で紙チケットを購入。
午前11時前だったので、朝定食480円を購入できました。
IMG_20240526_102706
これは、お値段同じで、A・B・Cの三種類から選べてお得。
ズンズンとお店の奥の配膳口へ進んで、定食の種類をコールします。
IMG_20240526_102701
「A:納豆定食」、「B:トロロ定食」にも惹かれましたが、
今回は、「C:朝カレー定食」。
IMG_20240526_102617
待つこと2~3分。配膳口にササっと登場。
IMG_20240526_102830
セルフで、席に持ってきて準備完了。
ソバとカレーのセットです。
IMG_20240526_102917
IMG_20240526_103019
IMG_20240526_103024
本格和風インドカレーからイキマス。
自慢の無化調蕎麦ツユを加えたルゥが自慢。
IMG_20240526_103048
複雑なスパイスの香り。
ローリエの香りが特に際立ちます。トマトの酸味も効いてます。
意外にも爽やかなカレー。うまし。
IMG_20240526_103107
IMG_20240526_103118
そして、自家製生蕎麦。
二八の優しい口当たり。
IMG_20240526_103304
出汁は、やや辛め。醤油の香りに、天カスが良いコクを加えています。
あああ、うまし♪
IMG_20240526_103308
IMG_20240526_103149
お見事です( ´∀` )/ぽん

昨日は、品川区東品川「イオン品川シーサイド」フードコートでランチ。
8店舗ほどの飲食店が軒を連ねるが「はなまるうどん イオン品川シーサイド店」をチョイス。
IMG_20240525_092347
IMG_20240525_092420
コールは、期間限定メニュー「ゆず牛肉うどん つけ麺(麺量中)つけ出汁温」。
ゴッチャンです。
IMG_20240525_092451
IMG_20240525_092500
全てセルフサービスのお店。
料理渡し口で、代金を支払い、お盆ごと受け取ります。
IMG_20240525_092503
IMG_20240525_092510
お代は、740円。
しかし、−50円クーポンと、−500円株主優待券を使って、結局、190円。
IMG_20240525_092535
セルフで、七味、胡麻、摺りオロシ生姜、天かす等をトッピングして完成。
ゆずが香り、肉の旨味が押し寄せます。
IMG_20240525_092841
IMG_20240525_092846
辛めのツユ。
海老入りの天かすが、さらに旨味を加える。刻みネギが清々しい。
IMG_20240525_092847
モッチリツルシコうどん、喉越し良し。
美味し。
IMG_20240525_093013
IMG_20240525_093016
IMG_20240525_093023
IMG_20240525_093118
うんうんうん、旨いぞ。
お見事( ´∀` )/ぽん!

      E・ω・`ヨi /7
  ())  「/~'ー'~~ 7/ ̄ |
===二]匚ト〈‐〈iテ〈〈c iエコ
  ノヲ 弐ノ[]v/□ || ╋|
       | j | |.|| ┃|
      几0(几)L二!
     ∠三ヲ/i二iヽ

千代田区丸の内へ。
この辺りのビルは、地下で繋がっていて、迷路になっている。
何処がどうなっているのか、高齢者には、よくわからんばい。
IMG_20240524_102828
IMG_20240524_103026
IMG_20240524_103206
そんなこんなで、、
「TOKIAビル」地下1階レストランフロアをウロウロ。
IMG_20240524_103529
IMG_20240524_103643
IMG_20240524_103702
IMG_20240524_104043
トナリ 丸の内店」でランチ。
コールは、「タンカラ」と言っても、「タンメン&カラアゲ」ではなく、、
「辛激タンメン 辛さ4(最辛)生姜&ニンニク入り」940円。
IMG_20240524_104053
IMG_20240524_104058
IMG_20240524_105602
キャベツ、もやしがタップリで、\(◎o◎)/!
巨大なフライパンで、一杯づつ仕上げるスープは、
豚骨ベースに濃厚な辛味噌を入れている。
IMG_20240524_105615
IMG_20240524_105630
モヤシなど、野菜の旨味が良く出ているねえ。
IMG_20240524_105701
ツルモチ中太やや縮れの特注加水平打ちチャンポン麺。
ノド越しが、心地よい。爽やかですらある。
IMG_20240524_105737
生姜&ニンニクをスープに溶かしながら食べると、これまた旨し。
途中で、うんうんと、二度頷く。
IMG_20240524_105746
お酢を入れて味変。
辛さがマイルドになって食べやすい。
IMG_20240524_104151
IMG_20240524_105841
完食。
これは、野菜を美味しく食べるための最高の料理だなぁ。
外に出たら凄い行列が出来ていて、また\(◎o◎)/!
IMG_20240524_112044

JR大久保駅南口で電車を降りて、新宿区百人町をウロウロ。
なんやかんやで、「牛すじカレー小さなカレー家」でブランチ。
IMG_20240523_111759
IMG_20240523_111850
IMG_20240523_111853
IMG_20240523_111854
汚いニモホドガアル内外装。
カウンターのみ8席。
IMG_20240523_112950
IMG_20240523_113723
ご高齢のご夫婦が、二人で頑張っています。
お客様の全てが、心を開き、ヒタスラにカレーを頬張っている。
その姿は、少年少女のそれ。
IMG_20240523_113022
何と言う、アットホーム。
何とも、昭和ノスタルジー。
IMG_20240523_113142
メニューのイチオシは、もちろん「牛すじカレー」。
しかし、「みそ焼カレー」、「カレーつけうどん」にも惹かれる・・
IMG_20240523_111856
結局、私のコールは、初心貫徹で、「牛すじカレーライス並盛」650円。
さらに、牛すじ追加150円 & 生玉子50円で、合計850円。
IMG_20240523_113726
特盛かと、目を疑うようなボリューム。
ご飯は400gくらいある。
IMG_20240523_113744
IMG_20240523_113842
ちなみに、大盛は600gで、特盛は1キロだそうな。
特盛をコールしてたら死んでた( ´∀` )/ぽん
卓上のラッキョと福神漬けを載せて完成。
IMG_20240523_113853
IMG_20240523_113909
サラサラのルゥに、牛すじが絡んで蕩ける。
シナモンの香りが鼻に抜ける。
様々なスパイスが喉の奥で香る。
IMG_20240523_113928
甘いご飯が、これにベストマッチ。
堪りまへんわ~~♪
IMG_20240523_113941
中央を凹ませたら、生玉子を投入。
IMG_20240523_114046
IMG_20240523_114048
味がまろやかになったので辛くするためにガランマサラを投入。
あああ、旨いねえ。
でも、生玉子より、ゆで玉子の方が味がクッキリして良かったかも。。
IMG_20240523_114108
新宿最強クラスのコスパは、嘘じゃない。
実力は本物。お見事です( ´∀` )/ぽん

新宿区馬場下町をウロウロ。。
と言うより、早稲田大学・高田馬場キャンパスのソバと言った方が分かりやすい。
IMG_20240522_105000
IMG_20240522_105006
名店「キッチンオトボケ」でブランチ。
1973年創業の町食堂。大盛りで、最強コスパを誇る、早大生のソウルフード。
「学外の学食」とか、「ワセメシ」と呼ばれる。
IMG_20240522_105009
IMG_20240522_105015
創業当時は、ワンコインカレーが売りだった記憶がある。
値上がりしましたね。
IMG_20240522_105715
券売機にない裏メニュー「特盛」は、お客を地獄に突き落とす大盛り。
一般人は、オーダーしてはいけない。それに注意しつつ、紙チケット購入。
IMG_20240522_105806
カウンターとテーブル席で40席ほど。
店内は、明るく清潔で、今は、昭和ノスタルジーなど欠片もない。
IMG_20240522_105922
女子率高し。
7~8年ほど前にリニューアルして、女子学生が増えたのね。
IMG_20240522_105949
こんな大盛り店で食べきれるのか心配するが、仲間でシェアして食べている。
なるほど。
IMG_20240522_110111
早稲田の女子学生は頭がよい。
私は、彼女たちの食欲を甘く見過ぎていたようだ。
育ち盛りだもんな。
IMG_20240522_110153
「ミックスフライ定食830円+生卵80円」合計910円(税込)。安!
チキンカツ・串カツ・メンチカツのカツ三兄弟が、ドカンと構える。
IMG_20240522_110630
IMG_20240522_110635
IMG_20240522_110639
お供は、キャベツ・ご飯・お味噌汁。
卓上の刻み沢庵、ウスターソース、醤油、ドレッシング、一味唐辛子、練りガラシは、お好みで。
IMG_20240522_110701
IMG_20240522_110705
IMG_20240522_110709
IMG_20240522_110731
ウスターソースを掛けて、準備完了。
イキマス。
IMG_20240522_110719
チキンカツはハーフサイズ。
肉は固いが、うん、美味し。
IMG_20240522_110752
IMG_20240522_110835
生卵をご飯に掛け、TKGにして、加速装置オン!
IMG_20240522_111125
IMG_20240522_111255
IMG_20240522_111139
串カツは、大きな玉ねぎと三枚豚の組合わせ。
粗粗のパン粉が鉄グシにまでたっぷりと振られている。
シャクシャクした歯応えが堪りません。 
IMG_20240522_111330
IMG_20240522_111338
IMG_20240522_111402
ジューシーメンチカツは、柔らかいコネ加減。
内側からあふれる肉汁、美味し。
IMG_20240522_111905
満腹中枢が、作動して、限界。
コロモを外して中だけ食べます。(お店、スマヌ。)
あああ、美味いぞ。
IMG_20240522_112114
もう、食べられない・・
と思ったところで完食。
ご馳走様でした( ´∀` )/ぽん

中央区築地市場の跡地をチェック。
ここに、読売巨人軍の本拠地になるドーム球場が出来るのかあ。
IMG_20240521_101100
築地場外市場をウロウロ。
インバウンドの群がる様は、まさに東南アジアのそれ。
「アジアの純真」のメロディが脳内に流れます♪
IMG_20240521_101102
IMG_20240521_101104
IMG_20240521_101107
IMG_20240521_101109
IMG_20240521_101116
IMG_20240521_101124
IMG_20240521_101313
さてさて、、
築地場外市場の真ん中あたりの目立たないビル。
IMG_20240521_101353
IMG_20240521_101355
その左隅の分かり難い狭い階段を上がって、二階へ。
IMG_20240521_101408
IMG_20240521_101420
IMG_20240521_101432
危険な匂いの漂う廊下を行きます。
その奥の奥が目的のお店。
IMG_20240521_101505
IMG_20240521_101459
名前からして怪しげな「東印度咖哩商会 築地場外店」でブランチ。
IMG_20240521_101523
テーブルのみ20席ほど。
目の前の通リに溢れかえるインバウンドが、ここには一人もいないのは、何かの奇跡なのか?
IMG_20240521_101527
誰も知らない。知られちゃいけない~♪
まさに知る人ぞ知る。知らない人は、誰も知らない名店。
IMG_20240521_101619
欧風と日本風をミックスさせたカレーが頂けます。
お冷はセルフで飲み放題。
トッピングもセルフで取り放題。
ルゥも何度でもお代わり可能。
IMG_20240521_101629
「上上スパイシー豚カレー(辛口)」1300円に惹かれましたが。。。
この豚カレーが、私に投げかけられた、パラドックスなのです。
「豚抜き」でオーダーすると、500円ほど安くなる裏技があるのですが・・躊躇しました。。
それは、ラーメン屋で「チャーシュー麺。チャーシュー抜き!」をコールするのと同じ。
あまりにも、人の道、仁義に外れていると思われ・・
IMG_20240521_101703
コールは、
「築地場外店限定 スパイシーまぐろカツカレー(辛口)」1550円。
IMG_20240521_102241
ライスは、二人前に見えますが、これがデフォ。
セルフで取り放題のトッピングを盛りつけて完成。
IMG_20240521_102323
IMG_20240521_102401
IMG_20240521_102413
IMG_20240521_102421
IMG_20240521_102428
IMG_20240521_102432
皮ごと焼かれた半割のタマネギが存在を主張しています。
口内の粘膜を甘く撫で回すシャクシャクのタマネギ。
これは、巨大なマグロカツに負けていません。
IMG_20240521_102435
IMG_20240521_102538
マグロカツのコロモは、カリッ!
脂が蕩ける中身はトロトロ。
IMG_20240521_102725
IMG_20240521_103920
IMG_20240521_103922
それらを包み込むスパイシーなルゥ。
スパイスの芳香が、鼻孔を撫でながら、胃に落ちていくいく。
IMG_20240521_102913
ご飯が甘い。
トッピングの大粒の梅干しの酸味が、まさにエスニック!
IMG_20240521_103433
早々にルゥが無くなりました。
なので、ここでルゥをお代わり。
IMG_20240521_103339
後半戦に突入。
汗だくの闘いが続きます。ああ、美味し。
IMG_20240521_103417
やはり、この皮つきで焼いたタマネギが、素晴らしい。
IMG_20240521_103535
IMG_20240521_103648
IMG_20240521_103719
お見事です。
ルゥは、市販のホテルカレーだと思うけど、十分満足です。
出来れば、高齢者のために、両半分で値段半分にして欲しい。
まあ、ええねんけど( ´∀` )/ぽん!!

早朝の品川駅を東に歩き、「すき家 港南2丁目店」へ。
IMG_20240519_050809
IMG_20240519_050822
IMG_20240519_050824
IMG_20240519_050826
ここは、タブレットで注文する省力化システム。
オーダーは、朝セットの中から選びます。
「牛たまかけ朝食(ご飯ミニ)」360円。
スマホに保管した、‐30円クーポンを使うので、お支払いは、330円なんですけどね~♪
IMG_20240519_050828
IMG_20240519_050933

朝食の定番、生玉子・のり・ごはん・みそ汁・牛肉ミニ・小鉢と
盛りだくさんのラインナップこれは、良いんでないかぁぁぁ~♪
IMG_20240519_051133
IMG_20240519_051137
味噌汁は普通に熱々で旨し。
IMG_20240519_051546
牛肉は、光沢があって美しい。
IMG_20240519_051140
IMG_20240519_051531
IMG_20240519_051608
IMG_20240519_051624
そして、TKG。
IMG_20240519_051353
IMG_20240519_051414
海苔もセットして完成です。。
IMG_20240519_051653
あああ、美味し。満足しました。
しかし、海苔が3枚しかないのが、ちょっと惜しいなあ。4枚は、欲しかった。
まあ、ええんやけど( ´∀` )/ぽん!!

「CoCo壱番屋 港区三田店」でランチ。
IMG_20240518_125957
IMG_20240518_130014
IMG_20240518_130017
IMG_20240518_130024
カウンターとテーブルで全30席ほど。
卓上の福神漬けが、私を呼んでいる。
IMG_20240518_130030
IMG_20240518_130033
メニューを拝見。
カレーうどんが複雑化しています。
IMG_20240518_130129
しかし、今回の訪問の目的はそれではない。
これです。
IMG_20240518_130150
IMG_20240518_130226
オーダーは、、
「期間限定ごほうびカレー・肉塊LEVEL2・10辛・ご飯200g」2178円(税込)。
IMG_20240518_131025
IMG_20240518_131029
IMG_20240518_131106
届いたばかりの株主優待券(500円×4枚)使用で、178円。
ごっつあんです( ´∀` )/ぽん
IMG_20240518_131042
IMG_20240518_131053
蕩ける肩ロースのトンテキ。
溢れる肉汁。
IMG_20240518_131151
香り高いニンニクソース。
香辛料の豊かな香り。
IMG_20240518_131208
魂を抜かれるような辛さ。
シャキシャキキャベツには、ハニーマスタード。
IMG_20240518_131117
IMG_20240518_131151
ご飯が甘い。
福神漬けがシャクシャク。
IMG_20240518_131612
IMG_20240518_131411
IMG_20240518_131954
ああああ、体を吹き抜けるこの感じは何だ?
食欲か?
肉欲か? 
ごほうびか? 
皿の上にエロスが見えた(⋈◍>◡<◍)✧♡

新宿区北新宿4丁目「淀橋市場」をウロウロ。
IMG_20240517_090049
IMG_20240517_090312
IMG_20240517_090314
ここの鮮魚部門は、豊洲市場へ移転したのね。
興味があったのに、残念。
IMG_20240517_090516
IMG_20240517_090518
さて、食堂棟は、朝5時から営業中。
IMG_20240517_090543
チョイスは「あずま食堂」か迷ったが、、
老舗の「伊勢家食堂」。
IMG_20240517_090631
IMG_20240517_090633
だっぴしたてのえびフライ定食とは?
IMG_20240517_090635
テーブルのみ4卓の小さなお店。
妙齢の愛想がよいスタッフ女子が、和やかな雰囲気を醸し出す。
居心地、最高!
IMG_20240517_091105
壁一面のメニューと、有名人の色紙に圧倒される。
お勧めは、金曜日限定「天然本まぐろ刺身定食」2300円。
IMG_20240517_091116
それでも良いのだが、ここはやはり、あれ!
ここを全国に知らしめた「豚バラ生姜焼定食」です。
IMG_20240517_091652
ご飯の量を選べますが、普通盛り250gで。
味噌汁と、お新香がついて1200円。
IMG_20240517_091117
このお新香は、お盆に小皿がスラリと並び、それぞれお新香の種類と組合せが違う。
今回は、ナスと人参の浅漬けをチョイス。
IMG_20240517_091710
IMG_20240517_091715

IMG_20240517_091711
さらに名品との誉れも高い「トマト酢漬け」200円も追加。
気が付くと、テレビ東京「孤独のグルメ」の主人公が食べたのと同じになってましたw
IMG_20240517_091655
さて、トマトを頂きます。
出汁が効いた黒酢のタレが、実に旨い。今年のNo.1トマトかも知れない。
IMG_20240517_091659
豚バラ生姜焼は、当然ながら、生姜がガッキリと効いている。
口の中が火照って、食べるうちに汗が出る。
IMG_20240517_092000
IMG_20240517_092001
IMG_20240517_092002
IMG_20240517_092027
IMG_20240517_092052
キャベツは、ウスターソースをかけ、生姜焼きの油と混ぜてご飯に掛けて頂きます。
う~~ん、うまい。これは、いける。
IMG_20240517_092240
IMG_20240517_092255
うまい。いける。
うまいける!
ウッ!
マイケル!?
”Beat It 
They told him don't you ever come around here 
Don't wanna see your face, you better disappear 
The fire's in their eyes and their words are really ...”
意味不明だが、楽しく完食♪
これが、市場飯ってもんだぜ。
色んな意味で凄いね( ´∀` )/ぽん

↑このページのトップヘ