タワマンブラリ旅のblog

港区をメインに食べ歩き、日本100名道を巡る旅のお話を書いてます。 最近は、お仕事で、神奈川県や千葉県にも出没します( ´∀` )/ぽん

千葉県南房総の旅。
東京湾アクアラインを通過して、房総半島の南へ。
初日のランチは、千葉県南房総市「道の駅 三芳村鄙の里(ひなのさと)」へ。
DSCN1314
DSCN1315
DSCN1316
DSCN1317
併設された「農村レストラン カントリーマム」についに辿り着きました。
DSCN1319
DSCN1320
木を基調としたインテリアが落ち着きます。
なんとも居心地よし。
DSCN1323
DSCN1324
窓の外の農村風景がこれまた良い。
DSCN1336
お冷は、セルフ。
冷たいプーアル茶を頂きました。
DSCN1328
DSCN1329
DSCN1333
メニューを拝見。
南房総の地物の野菜をふんだんに使用し、体にやさしい食事を提供しています。
DSCN1331
DSCN1325
DSCN1331
DSCN1326
DSCN1327
オーダーは、イチオシの「鄙の里膳」1,700円(税込)。
豪快に二段重ねで登場。
DSCN1337
解体作業w
DSCN1338
DSCN1339
DSCN1340
DSCN1341
DSCN1343
DSCN1346
料理は、どれもこれも澄み切った晴天のような味。
DSCN1345
DSCN1347
DSCN1352
DSCN1353
DSCN1357
日替わりのおかずは、鮭の幽庵焼き。
そういえば、千葉県は、鮭の遡上する南限でしたね。
脂がノッテ、旨いことよ。
DSCN1348
DSCN1355
地元で採れた山菜の天ぷらは、軽く塩が振ってあり、これがまた、美味。
苦みが、一足早く春の到来を告げています。
DSCN1354
デザートのキンカンの甘酢や、ビワのプリンが画竜点睛。
DSCN1358
DSCN1350
DSCN1351
DSCN1359
千葉は、食材の宝庫なのは知っていたけれど、これはまた、素晴らしい。
いやあああああぁぁぁぁぁ、満腹、満足。
朝食を食べないで、ここまで我慢してきた甲斐があったというものです( ´∀` )/ぽん

JR山手線・田町駅「田町センタ-ビル ピアタ」でランチ。
地下一階の飲食街へ長いエスカレーターでおります。
DSCN1264
DSCN1266
DSCN1267
奥にあるのが「謙徳蕎麦家 ピアタ2号店」。
田町駅三田口に3店舗を構える地元の人気店。
創業は、1972年ですから、50年も前から頑張ってます。
DSCN1268
DSCN1269
昼は、日替わり定食系の蕎麦屋。夜は居酒屋。
巨大な水槽や、ショーウインドウをチラ見。
ああああ、ここは丼ぶりと蕎麦の楽園やぁ~~。
DSCN1270
毎日変わる日替わり定食をチェック。
A、B、Cと、三種類あります。
午後1時過ぎに着くと、人気の「B.メンチカツ」は終っていました。
大体、いつも13時には、売り切れるそうです。
DSCN1272
席に座って、メニューを拝見。
かけ、もり、ご飯もの、天麩羅など、一式蕎麦屋の定番が揃っています。
特に、一尾850円の大きな海老天のトッピングがお勧め。
DSCN1273
DSCN1274
オーダーは「Aランチ.うな丼&山かけそば(温)」。
お新香、デザート付きで1100円。
DSCN1275
想像していたより、グッドルッキングでしたね。
特に、ウナギが、そこそこのサイズなのが嬉しい。
DSCN1278
DSCN1279
トロロ蕎麦の半熟の卵を溶いて、準備完了。
DSCN1284
細身の二八蕎麦。
DSCN1285
ツユは、やや辛め。腰もシッカリありますね。
うんうん、旨しです。
DSCN1293
箸休めのオシンコ、旨し。
DSCN1294 (2)
そして、ウナギ。
DSCN1294
DSCN1295 (2)
身は、ふっくらして、皮はサクサク。
DSCN1295
DSCN1299
甘辛いタレが染みたご飯とベストマッチ。
あああああ、旨し。
DSCN1304
デザートも 甘し、旨し。
DSCN1309
DSCN1310
この値段でこれだけ食べられれば、大満足です。

当然、ここで一曲歌います♪
いちばんトロタマ塁にでて~~♪
にぃばん オシンコ送りバント~~♪
さんばん ウナギがタイムリ~~♪
いいぞ!
がんばれ!
謙徳蕎麦家!
ピ~アタ~2号店~~~♪
(意味不明?)

JR山手線・田町駅「森永プラザビル(エンジェルビル)」の地下街でランチ。
地下一階の飲食街へ 狭い階段をおります。
DSCN1211
DSCN1212
DSCN1213
奥にあるのが「大乃(おおの)」。
昼は定食屋、夜は、ウナギ割烹の居酒屋。
DSCN1214
DSCN1253
DSCN1252
DSCN1215
プロ野球・横浜~巨人~ヤクルトで活躍した大野雄次さんのお店。
野球に青春を捧げた大将です。
DSCN1216
DSCN1217
DSCN1219
DSCN1220
DSCN1221
「振らなきゃヒットは生まれない。」が、こちらのモットー♪
1995年日本史リーズ第1戦の代打本塁打は、「シリーズ初打席初本塁打」として、史上4人目の快挙。
テレビで見ましたよ~~~w
DSCN1218
DSCN1222
お店は、野球グッズ満載。
壁に飾られたユニフォームは、見覚えがあります。
DSCN1226
ランチメニューを拝見。
穴玉丼、サバダ丼、そして、いろいろなオカズを選べる「お好み定食」が、目を引きます。
DSCN1225
DSCN1223
DSCN1224
ウナギに目を惹かれましたが、、、
オーダーは、「セットランチ(ミニアナゴ丼)」。
DSCN1229
DSCN1233
DSCN1234
よくわからないけど、讃岐うどんをチョイス。
御新香付きで750円。
DSCN1235 (2)
DSCN1235
豪快なフルスイングでイキマス。
DSCN1236
DSCN1237
DSCN1238
DSCN1240
DSCN1243
DSCN1245
DSCN1246 (2)
DSCN1246
DSCN1249
旨しです。
この値段でこれだけ食べられれば、大満足です。
DSCN1250
当然、ここで一曲歌います♪

いちばんうどんが塁にでて~~♪
にぃばん 天かす送りバント~~♪
さんばん アナゴ丼タイムリ~~♪
いいぞ!
がんばれ!
スワローズ!
よみうり ほえ~るず~~~♪
(意味不明?)

港区芝5丁目「肉酒場 ケナシバ」でランチ。
目立たない路地の目立たないビル。
DSCN1167
DSCN1168
DSCN1169
その狭い階段を上がった二階にあります。
掘り炬燵席とテーブル、カウンターで、全30席ほど。
DSCN1170
DSCN1171
DSCN1172
夜メニューが楽しい。
本場の「蒸しジンギスカン」が売りの肉バル。
かなりの北海道推しと、お見受けしました。
DSCN1175
DSCN1174
「肉屋のふたくちカレー」に萌えマスタw
DSCN1173
オーダーは、ランチメニューから、数量限定「ポークソテー」。
お代わり自由のご飯、サラダ、小鉢3種類、汁物、ひと口デザート付きで1000円(税込)。
DSCN1176
DSCN1177
DSCN1178
DSCN1179
このポークソテー、豚の味が、濃い。
臭くない豚は、ただの豚だが、かすかに漂うのは、豚肉の香気。
DSCN1185
DSCN1186
DSCN1187
こいつは、ただの豚じゃねえ。
本物だあ。
DSCN1188
DSCN1191
いやぁ、ブラボー。なかなかに美味しい。
凄いぞ!旨いぞ!! うん、うん。
DSCN1198
DSCN1200
付け合わせの野菜。
北海道産男爵イモのマッシュポテト。すべて、旨し。
DSCN1201
DSCN1202
小皿のおカズをオンザライス。
これまた、グッドジョブ!
DSCN1203
DSCN1205
DSCN1207
デザートまで、すっきりと、甘し、旨し。
DSCN1209
DSCN1210
これが、北海道オシの実力なんですね。
ポークソテーが、量限定なのが、わかった気がします( ´∀` )/ぽん!

2023年1月25日(水)。
本日の東京の朝は、ド快晴。
午前7時現在、kion mainasu2度、situdo 35%、seihokusei no kaze 6m。
なまら寒いっすが、雪なんてどこにもにゃぁだぎゃぁ!
DSCN1263
DSCN1262
DSCN1261

当然、ここで一曲、歌いまっせ♪

はぁ~~れた そらぁ~~♪
そぉ~~よぐ かぜぇ~~♪

(V)o¥o(V) フォフォフォ~~ッ!

神奈川県川崎市「かつや 川崎戸手店」を初訪問。
国道1号線をドライブしていて、急に空腹感を覚えて、突発的に入ってしまいました。
DSCN0990
DSCN0991
DSCN0992
たまたまの偶然で、100円引きクーポンも持っていたしねw
DSCN0994
カウンターとテーブルで50席ほど。
スタッフが、きびきびと動いて気持ちが良い。
DSCN0996
メニューが多い。
でも、クーポンがあるので、決まっています。
DSCN0999
DSCN1000
オーダ-は、「期間限定 かつや全力飯。」から、「ふわたま白カツ丼」。
ちょっとリッチな「竹」869円(税込)に強く惹かれましたが、、、
DSCN1002
ぐっとこらえて、「梅」715円 → 615円(税込。クーポン使用)。
カロリーが気になるお年頃ですからあ( ´∀` )/ぽん!
DSCN1004
上の壺に入った「かつやの割干大根漬」を、セルフで盛って完成。
これは、カツヲ出汁が効いていて美味いのよ。
DSCN1005
DSCN1008
卓美しいルックス。
これが、最近、巷で流行し始めたという、「玉子で閉じないかつ丼」。
DSCN1009
さて、どこが、「白」なの?と思ったあなた。
慌ててはいけません。
真っ白な牡蠣の身を使った牡蠣醤油に、白ネギと白だしを使っているのですよ~~♪
DSCN1010
サクサクのカツが、美味しい。
ご飯もかなり美味しい。
DSCN1011
DSCN1012
DSCN1013
そして、この玉子焼きが、凄い。
熱々の焼き立てで、うっかりすると、口の中を火傷します。
DSCN1016
ふうふううしながら、慎重に食べます。
あああ、旨し!
DSCN1017
七味を振って、味変。
これがまた、キリッと味が閉まって、旨しなんです。
DSCN1018
DSCN1020
最後は、秘伝の特製トンカツソースをドバっ~~と掛けて頂きました。
あああ、これまた、旨し。
DSCN1022
DSCN1024
時間をかけて、美味しく完食。
ごちそうさまでした。
満足です( ´∀` )/ぽん!

港区芝5丁目、桜田通に面した「台湾点心劇場1968 三田店」へ。
慶應大学三田キャンパスのお向かいです。
DSCN1000
DSCN1002
外観とインテリアは、中国の映画館や、昔の映画をモチーフにしています。
いたるところに、知的財産権切れのポスターがいっぱい。
DSCN1006
DSCN1012
階段を上がった二階がお店。
それにしても、怪しげな雰囲気w
DSCN1014
DSCN1018
テーブルとカウンターで全30席ほどですが、テーブル席は、相席必至。
隔て板も何もないので、コロナ対策はしていないに等しいかな。
DSCN1021
DSCN1023
DSCN1024
DSCN1026
お値段お手頃で人気の有名店なので、私が座って、すぐに満席になりました。
メニューを拝見。
DSCN1028
DSCN1030
そして、スタッフ女子に口頭でオーダー。
大盛と噂に聞く「汁なし麻辣麺」に惹かれましたが、、、
今回は、疲労回復に効く豚肉料理「豚ゴロ角煮の煮込み」650円(税込)をコール。
DSCN1033
「角煮の煮込み」が、頭痛で頭が痛い的表現で、
中国スタッフの日本語に親しみを感じます。
DSCN1036
ご飯とミニサラダ、小皿の箸休めを従えて登場。
DSCN1037
サラダと小皿からイキマス。
まあ、普通ですね。
DSCN1040
DSCN1050
角煮の煮込み。。
あああ、なるほど。。
アレがアレですねえ。
DSCN1085
ゴリゴリした歯ざわりで、期待したような蕩ける食感はありません。
しかも、作り置きなので、冷めかかっています。
DSCN1086
DSCN1087
もっと煮込みを前面に出して、熱々にして欲しかったなあ。
せっかくの「角煮の煮込み」なんだからさあ。。
DSCN1088
DSCN1091
味付けは濃いめで、ご飯にベストマッチ。
旨しなんですが、ちょっと、アレですねえ。
ご飯もアレかなあ。
DSCN1093
DSCN1097
期待しすぎてましたね。残念。
しかし、値段を考えれば十分でしょう。
やっぱり、このお店は、アレなんでしょうね( ´∀` )/ぽん!

慶応仲通り商店街「天下一品 田町店」へ。
DSCN1000
DSCN1003
DSCN1029
真っ赤な外観とインテリアは、京都北白川で本店が創業して以来、このスタイルを貫いています。
つまり、コレは、創業以来の勇気あるチャレンジの証し。
DSCN1036
DSCN1030
券売機で紙チケット購入。
いつもの「こってり(並)」に惹かれましたが、、、
DSCN1032
DSCN1033
DSCN1037
DSCN1040
今回は、勇気をもって、新メニュー「こってり天津飯」570円(税込)をチョイス。
「餃子の王将」のそれとは違う、独特のルックス。
ドロドロのコッテリしたアレが、天津飯の上に掛っています。
DSCN1042
京都の九条ネギが、清々しい青さ。
コラーゲンの海が目の前に!と、、、いうほどでもないか・・。
DSCN1043
イキマス。
あああ、旨し。
DSCN1045
しかし、アレがアレだなあ。
スープと玉子焼きは、もう少し、熱々にして欲しかった。
DSCN1048
途中で、ドンブリに、真っ赤なアレを入れてアジ変。
アレの花が咲きます! 
DSCN1052
DSCN1053
旨し、うまし。
しかし、ご飯がアレを吸って、フヤケテてる。
もっとアレにトロミが欲しかった。
DSCN1054
DSCN1058
そもそもアレの量が。少なすぎるのでね?
これも、残念。
しかし、好きな人には、これは堪らない一杯なのかも。
やっぱり、これからは、コレがアレなのかねぇ( ´∀` )/ぽん

港区芝5丁目、「松屋 三田店」でランチ。
DSCN1100
DSCN1101
DSCN1102
本当は、牛丼屋。
しかし、今や、カレーやパスタのメニューがメインですね。
DSCN1103
入り口の券売で食券を購入。
DSCN1104
DSCN1106
カウンターのみ30席ほど。
ランチタイムは、行列ができます。
DSCN1108
「ビーフカレー並盛」、味噌汁付きで680円(税込)。
&無料クーポンで、ミニサラダ追加。
DSCN1110
DSCN1113
数種類のドレッシング食べるサラダ、旨し。
DSCN1109
DSCN1117
DSCN1118
牛肉が蕩けるまで煮込まれたビーフカレー。
程よくスパイシーで、かなり旨し。
DSCN1119
DSCN1120
DSCN1121
DSCN1123
卓上の牛丼用紅ショウガを加えると、味変してさらに旨し。
牛肉と、生姜って最高のパートナーですね。
DSCN1125
DSCN1128
流石は、牛丼店から進化して、カレーショップに変貌した松屋。
お見事です( ´∀` )/ぽん!


そして・・・


品川区東品川「ジオンサイドセブン」へ・・・?
もとい、、
「イオン品川シーサイド店」へ。
DSCN1100
食料品の買い物の後は、8店舗ほどの地下フードコートへ。
いつもそうですが、特に土日は、家族連れで一杯です。
DSCN1106
席を確保して、さて。。
長崎ちゃんぽん「リンガーハット」の皿うどんに、お店のオリジナルソースを掛けて食べたくて、
散々に、心が惹かれましたが、、
DSCN1113
DSCN1116
3回目の利用です。
前前回は、「ぶっかけうどん(温)中盛り」430円(税込)。
前回は、「きつねうどん(温)中盛り」460円(税込)。
DSCN1119
DSCN1121
そして、今回は、、、
秋冬限定「生姜玉子あんかけ(小)」490円(税込)。
-50円クーポン使用で、440円。
DSCN1123
天かすと、オロシ生姜、七味を、セルフでタップリトッピング。
ここで、生姜が、二倍に増量されるのが、ポイント。
DSCN1124
天かすも良いねえ。
ここは、レベルが高いよ!
DSCN1126
DSCN1129
DSCN1146
DSCN1147
これぞ、生姜玉子餡掛けうどんの完全体!
DSCN1149
DSCN1150
DSCN1151
逝きます!
うどんだ、うどんだ、ワッショイワッショイ♪
DSCN1153
あああ、なんだか、うまい。
うまいぞ、こいつ!
DSCN1154
疲れきった体には、やっぱり生姜ですなあ。
これは良い饂飩だ。
他には何も言うことはない。
DSCN1155
ではぁ( ´∀` )/ぽん

       \⌒/
      E・ω・`ヨi /7
  ())  「/~'ー'~~ 7/ ̄ |
===二]匚ト〈‐〈iテ〈〈c iエコ
  ノヲ 弐ノ[]v/□ || ╋|
       | j | |.|| ┃|
      几0(几)L二!
     ∠三ヲ/i二iヽ

スタンディング蕎麦「ゆで太郎」が、新年早々、値上げ。
大好きな「朝蕎麦セット」が、400円→420円(税込)とな。
323426331_850648719353220_1500451072598270787_n
323938778_1304745930105679_8588061127049368351_n
その値段ならほかのお店でもいいじゃん!
ということで「ロッテリア 田町芝浦店」を朝食で訪問。
DSCN0970
DSCN0975
DSCN0976
1~2階合わせて5~60席ほど。
結構、広いですね。
DSCN0977
DSCN0984
冷静に考えると、何気に、ロッテリアで食べるのは初めて。
オーダーの仕方もわからないが、ぶっつけ本番。
でも、受付カウンターで普通に注文すれば無問題なのね。
DSCN0978
DSCN0979
オーダ-は、寒い冬にピッタリの激辛ホットホット「クレイジーホットチキンフィレバーガー/赤チキン」、に惹かれましたが・・・
DSCN0982
単品490円は、予算オーバーなので、冷静になって「チキンチーズバーガー」280円。
DSCN0987
コンビメニュー+140円から、選べるドリンク・アイスコーヒーをコール。
合計420円(税込)。計算間違ってないよね。
完璧だね( ´∀` )/ぽん!
DSCN0988
席に座って実食タイム~~♪
DSCN0989
DSCN0991
チーズとフライのダブル高カロリー攻撃ですか。
まあ、多少の罪悪感はありますが、それはそれとして、、、
DSCN0992
DSCN0993
うんうん、うんうん、、普通に旨し。
ご馳走様でしたあ。
DSCN0994
たまには、こんなのもありかな( ´∀` )/ぽん!

JR田町駅直結「msb Tamachi」をウロウロ。
バスロータリーに面した付属棟「なぎさテラス」へ。
DSCN0920
DSCN0923
いまや、どこにでもある「築地銀だこ 田町駅東口店」でランチ。
「皮はパリッ!と、中はトロッ!と、たこはプリッ!と」が合言葉のたこ焼きチェーン店。
DSCN0925
DSCN0929
たこ焼きを食べながら、酎ハイやビールを飲むのが最近の流行?
しかし、ここのおすすめは、ランチタイムのみ提供される、ワンコインカレー。
DSCN0926
DSCN0936
DSCN0934
DSCN0935
ご近所にリーマンが、シアワセな顔をして食べてます。
私も負けずに「E1 酒場の野菜カレー」495円(税別)をコール。
DSCN0938
レジで前払いして配膳カウンターで受け取り、食べ終わった後の返却も、すべてセルフ。
ミニサラダと、脂ぎったワカメスープ付き。
DSCN0956
頂きます。
どれもこれも普通のやや斜め下の味。
ワンコインだから、こんなものでしょう。
DSCN0958
DSCN0962
DSCN0964
DSCN0967
DSCN0968
DSCN0970
本音を言えば、370円以上は払いたくない。
でも、この値段に価値があるのです。
そういう時代なんです。インフレですから仕方ないんです。
ありがたくいただきました。
ご馳走様( ´∀` )/ぽん!

埼玉県からの帰り道、東京都東村山市「手打ちうどん こげら」でランチ。
10年前から来たかったお店。
ついに辿り着きました。
DSCN0900
DSCN0902
最寄り駅は、西武拝島線小川駅ですが、歩くと30分近くかかります。
まさに、都会の秘境。
DSCN0904
DSCN0906
実は、お店の横路地を入ると、常連さんしか知らない契約駐車場が3台分あります。
それを知っているかどうかで、このお店の評価は大きく変わるでしょう。
DSCN0907
中は、狭い。
カウンター3席、二人掛けテーブル2卓で、合計7人しか入れません。
店主の小笠原さんが、一人で調理・接客をしているので、お冷、天かす、スリオロシ生姜は、セルフ。
食べ終わった食器も、細かく分別して、返却棚までセルフで戻すシステム。
DSCN0908
午前11時開店ですが、実際は、もっと早いかも。
私は、午前11時半に入店。運よく待ち無しで着席。
DSCN0910
手打ちうどんは、一日30食程度で売り切れ、、かな。
TKGが付いたお得な「こげらセット」600円は、炊飯器で一回に炊けるご飯の量しかないので、たぶん8食くらいで終了します。
「こげらセット」をコールしたところ「こげらは、これで売り切れ。」とのこと。
これまた、運が良かった。
DSCN0909
こげら特性だしで、炊いたご飯から、生卵をお供に登場。
DSCN0914
選べるうどんは、「釜揚げ」をチョイスしたかったのですが、、
10分ほど時間がかかるとのことなので、一番早い「かけうどん」を。
選べる天麩羅は、「ちくわ天」に惹かれましたが、「げそ天」を。。
DSCN0911
あああ、このTKGは、かなりうまい。
ご飯だけ食べても中々の味です。
DSCN0915
DSCN0918
DSCN0919
DSCN0920
うどんは、極太ツルシコピチピチの讃岐うどん。
DSCN0921
DSCN0922
これは、歯応え、舌触り、だしとの相性まで、すべてが極上。
なるほどねえ。
武蔵のうどんの縄張りで、あえて、讃岐うどんで勝負するだけあって、こりゃあ、うまいや。
DSCN0923
DSCN0931
ゲソ天は、巨大なためハサミで切り分けます。
この作業も、讃岐うどんの伝統的な儀式。
DSCN0925
DSCN0926
ザクザクと切って、うどんつゆに浸して口の中へ。
小笠原さん、お見事。
DSCN0927
DSCN0930
こりゃあ、本当に、うまいやね。

小笠原諸島・父島で、ネイチャーガイドをしている、
弟の「オガツアー」こと、小笠原(弟)さんのおすすめ通りです。
わざわざ食べに来たかいがありました。
ごっちゃんです( ´∀` )/ぽん

埼玉県飯能市「休暇村 奥武蔵」で、夜明け前に目を覚ます。
午前5時から、朝風呂にゆっくり浸かって、
あああ、ええ気持ちや。極楽、ゴクラク、ごくらく、ラクラク。。。
夜明け前の秩父山塊は、空気がヒリヒリと冷たくて、熱い露天風呂とベストマッチでんなあ。
1260_20180427000040

午前7時から、朝食。
DSCN0800
DSCN0806
DSCN0813
ムーミン谷の仲間たちも一緒に頂きます。
DSCN0815
DSCN0855
夕食もそうだったけど、コロナ対策で、ビュッフェは、小鉢主体の提供スタイル。
これが、また、色々と食べられて楽しい。
DSCN0856
DSCN0858
DSCN0859
DSCN0860
牛乳が、旨いっすねえ。最高!
DSCN0862
DSCN0863
DSCN0865
DSCN0866
DSCN0868
DSCN0869
DSCN0870
DSCN0871
DSCN0874
DSCN0875
第二ラウンド開始。
DSCN0881
DSCN0888
武蔵野うどんは、外せないっすよねえ。
DSCN0889 (2)
DSCN0889
DSCN0890
食後のご飯は、カレー。
牛すじを煮込んだ料理長の特製カレーです。
DSCN0891
DSCN0892
ご飯は、埼玉県産米「彩のきずな」。
全て旨し( ´∀` )/ぽん!
DSCN0894
DSCN0897
〆のデザート。
甘い、旨い、シアワセ。
こいつは、やっぱり、別腹でんなあ。
DSCN0898 (2)
DSCN0898

さて、しかし、、
旅行支援制度「全国版 旅して!埼玉割」のクーポンは、ホテルのチェックアウト時に渡される。
これって、使えるお店を検索しないといけないし、出発の間際に渡されると困るんだよなあ。
DSCN08030
大阪府のクーポンもそうだったけど、、
すぐに当該府県を離れる人が使えるのは、その日しかないのだよ。
もうチョイ、何とかして欲しいんだけど、無理なんだろうかねえ( ´∀` )/ぽん

お泊りは、埼玉県飯能市「休暇村 奥武蔵」。
一年ぶりの訪問ですが今回は、、、
旅割「全国版 旅して!埼玉割」やら、クーポン・ポイントを全部使って格安のお値段。
ああ、ありがたや~~( ´∀` )/ぽん
DSCN0765
DSCN0767
DSCN0768
ウエルカムティを飲みながら、まずは、お部屋でマッタリ。
DSCN0771
DSCN0772
DSCN0773

そして、お風呂へ。
内風呂大浴場、露天風呂、一人用樽風呂、サウナ、水風呂まであります。
あああ、ええおゆやぁ~~♪
1260_20180426234431

1260_20180426235519

夕食は、ビュッフェスタイル。 
DSCN0774
マグロフェアのマグロ尽くし。
DSCN0852
ムーミンもいます。
DSCN0853
なんとも贅沢( ´∀` )/ぽん!
DSCN0787
DSCN0775
DSCN0777
DSCN0779
DSCN0776
DSCN0789
DSCN0790
DSCN0780
DSCN0781
DSCN0796
DSCN0793
DSCN0794
DSCN0798
DSCN0799
DSCN0800
ここで、ビール、お代わり。
もう、止まらない~~♪
DSCN0802
DSCN0803
DSCN0804
DSCN0808
一週間、断酒したあとのビールは、五臓六腑に沁みわたりますなぁ( ´∀` )/ぽん!
DSCN0803
第二ランド突入~~♪
ここからが、マグロ君の出番。
刺身で良し。
寿司で良し。
カマ焼きでよし。
いろいろとアレンジして、小鉢でよし。
DSCN0816
DSCN0817
DSCN0819
DSCN0820
DSCN0823
DSCN0824
第3ランドのゴングも鳴った~~♪
DSCN0825
DSCN0837
DSCN0826
DSCN0830
マグロは、やっぱり、カマだねえ。
DSCN0828
DSCN0835
DSCN0833
DSCN0837
第4ランドのゴング~~~♪
マグロ君も美味しいけど、、
やっぱりトーストビーフだよねえ( ´∀` )/ぽん
DSCN0838
DSCN0839
DSCN0843
DSCN0844
最終ラウンドは、デザート♪
マロンに、ブルーベリー、狭山茶をマブシタ、プルプル。
これは、別腹でしょう( ´∀` )/ぽん!
DSCN0845
DSCN0840
DSCN0841
DSCN0846
DSCN0847
DSCN0848
ご馳走様でしたぁ~~♪
大満足です( ´∀` )/ぽん!

埼玉県秩父郡横瀬町「道の駅 果樹公園あしがくぼ」へ。
DSCN0730
DSCN0731
秩父名物「ずりあげうどん」を食べようと欲する。
DSCN0732
DSCN0735
DSCN0736
「ずりあげうどん」は、薬味に、わかめ、揚げ玉、マヨネーズなどを使う珍しいうどん。
しかし、この日の夜、宿での大ご馳走を考えて、自粛。
DSCN0738
DSCN0740
お茶代わりの蕎麦湯もシミジミと旅愁を漂わせてGJ.
DSCN0751
DSCN0752 (2)
結局、オーダーは「みそポテト」220円。
ジャガイモを串揚げにし、甘い味噌で頂きます。
DSCN0752
DSCN0753
DSCN0755
揚げたて熱々の淡白なジャガイモが、上品にホックリしていて、
濃厚な味噌だれにベストマッチ。
DSCN0758
DSCN0761
これ、いいねええ。
かなり美味し( ´∀` )/ぽん!

↑このページのトップヘ