タワマンブラリ旅のblog

東京都港区のタワマン高層階に住む50代男性。 バツイチ、独身、子供なし。 港区をメインに食べ歩き、日本100名道を巡る旅のお話を書いてます。 最近は、お仕事で、神奈川県や千葉県にも出没します( ´∀` )/ぽん

2020年の初旅。やっと最終話です。。

4日目の夕刻、JR広島駅に到着。
DSC06190
帰りの新幹線に乗る前に、駅ビルのNORTHエリア 1Fへ。
DSC06191
夕食は、お好み焼き専門レストラン街「廣島ぶちうま通り」。
ここには、
有名店みっちゃん総本店 ekie店」と、そっくりなお店「いっちゃん ekie店【旧店名】みっちゃん」が並んでます。
DSC06193

実はこの「いっちゃん」は、食べログの評価は低いのですが、、、
ミシュランビブグルマンに最近選ばれてしまったのです。
さあたいへん。
DSC06194
どちらで食べるか迷ったものの、、、
やはり、行列ができる有名店みっちゃん総本店 ekie店へ~~♪ DSC06195

DSC06196

DSC06199+
オーダーは、スペシャルそば1270円。DSC06202

DSC06203

DSC06204

DSC06227

DSC06205

DSC06206

宮島ビール950円(大瓶2本分のジョッキ)も付けました~w DSC06209
あまりの量の多さ、大盛りに心が折れそうになりました。。DSC06213広島県広島市 みっちゃん総本店 ekie店

DSC06215

DSC06222

DSC06224

DSC06225
だが、しかし、みっちゃん特注ソース(ほぼオタフクソース)をタップリ掛けて、あっさり完食。DSC06228
美味し、旨しです。
DSC06226
熱々のお好み焼きに冷たいビールは鉄板ですねえ。
↑美味しいと鉄板焼きを掛けてますよ~。
笑うところですよ~~w( ´∀` )/ぽん!

2020年初旅、四日目。
「珍来軒」で元祖・呉冷麺を頂いて、やって来たのは、「大和ミュージアム」。DSC06137
正式名称は、「呉市海事歴史科学館」。
DSC06139
戦艦大和の主砲やプロペラの実物が展示されています。
DSC06141
DSC06142

DSC06143

戦艦大和の1/10模型を中心に、日本の戦争史と 造船の町・呉の歴史を紹介しています。DSC06145
それにしても、凄い迫力。
DSC06148
戦艦大和は、昭和16年12月、呉海軍工廠で、極秘裏に建造された世界最大の戦艦。
DSC06149
昭和20年4月7日、沖縄特攻作戦に向かう途上、米艦載機の攻撃を受け沈没。
乗員3,332名のうち3,056名が亡くなりました。
DSC06150

DSC06151

DSC06152

DSC06154

DSC06156

DSC06158

DSC06159

DSC06160

DSC06162

DSC06165

DSC06168

DSC06175

DSC06176

DSC06178

DSC06179

DSC06180

DSC06181

DSC06182

DSC06184

DSC06186

DSC06188

DSC06189

さらに、本物の零戦や潜水艦までが、目の前にあるとは驚き。DSC06190

DSC06191

DSC06192
零戦。正式名称は、「零式 艦上戦闘機 六二型」。
DSC06193
太平洋戦争初期における、世界最高性能のプロペラ機でした。
DSC06194
特殊潜航艇「海龍」(後期量産型)。
数百人の若者が命を散らした、特攻用の人間魚雷ですね。
DSC06195

DSC06196

DSC06197

DSC06198
重いテーマを持った博物館ですが、、
模型大好きな私は、子供に戻ってハシャイでしまいました( ´∀` )/ぽん!

2020年初旅、四日目。
日本100名道「安芸灘とびしま海道」を走破して、やって来たのは、造船で有名な広島県呉市。DSC06105

ランチは、行列のできる中華屋「珍来軒 呉本店」。DSC06106

創業1955年の「呉冷麺」発祥のお店。DSC06107

食べログでは、呉市の中華店で最高評価を付けています。DSC06108

営業は、お昼のみで 材料切れ次第終了。
東京から行くには結構ハードルが高い。DSC06110

しかしなんと、行列無しで、すんなり着席。DSC06113
改めて、食券購入。
DSC06111

DSC06112
オーダーは、もちろん、「呉冷麺」。大盛りで900円。DSC06118広島県呉市 珍来軒

冬だけ無料サービスの鶏スープ付。DSC06120
冷麺とも冷やし中華とも違う、独特な風貌。
DSC06121

DSC06122

DSC06123

DSC06124
麺はやや平たい細麺。
DSC06125

加水率高めですが、普通のラーメン麺のような食感。DSC06126

DSC06127
カウンターに置かれた「食べ方の説明」。DSC06114

酢辛しを入れるとピリッと来て、黒酢を入れると甘くなります。DSC06115

DSC06128

DSC06130

DSC06133

DSC06134
食べ終わった後味は、化学調味料の味なんだけど、、、
歴史を感じさせる一杯と言うことで「旨し」と言っておきます( ´∀` )/ぽん!

2020年初旅、四日目。日本100名道「安芸灘とびしま海道」をさらに観光。
島の旅で最後に訪問したのは、「松濤園」。
三之瀬瀬戸の急潮を跨ぐ「
蒲刈橋」を「松濤園」からパチリ
DSC06083
本土と下蒲灘島を繋ぐ最後の橋、「安芸灘大橋」のすぐそばにあります。DSC06084
三之瀬瀬戸の急潮を借景に、松を主樹としたみどり豊かな落ち着きと潤いのある庭園が素晴らしい。DSC06086

DSC06088
園内には、朝鮮通信使資料館「御馳走一番館」をはじめ、陶磁器館(古伊万里常設展示館)、あかりの館、蒲刈島御番所があり、下蒲刈島の歴史を中心に紹介しています。DSC06089

DSC06090

DSC06091

DSC06092

DSC06093

DSC06094

DSC06095

DSC06096
では、また、明日~~♪

2020年初旅、四日目。
日本100名道「安芸島灘とびしま海道」を観光。DSC06018
大崎下島の「御手洗町並み保存地区」を まずは、見学。DSC06019
江戸時代に海上交通の風待ち、潮待ちで栄えた港町が、そのまま残っています。DSC06021
平成6年重要伝統的建造物群保存地区として国から選定されました。DSC06022
小一時間で見て回れる広さですが、大小の商家、茶屋、船宿、住宅、神社、寺院などの建築が混在し、見どころ一杯。
DSC06023

DSC06024

DSC06025

DSC06026
大波止、石橋、高燈籠、石垣護岸、雁木、石積み等も面白いです( ´∀` )/ぽん!DSC06029

DSC06032
海に向かって鳥居が立っている。
と、いうことは、船がこの町のかつての主要な交通手段だったことを示しています。
DSC06033

DSC06034

DSC06036
かつての船宿が、今は、おしゃれなカフェになってます。
DSC06039

DSC06041

御手洗地区を見下ろす高台の「歴史の見える丘公園」へ。DSC06046
御手洗、来島海峡、四国の山々が一望できます。DSC06048
みかん畑の遊歩道は、島の歴史も垣間見えて、旅気分を味わえます。DSC06049

観光ポスターで見る風景。
これが、日本100名道「安芸島灘とびしま海道」を代表する一枚かもしれません。

DSC06052

DSC06053
「歴史の見える丘公園」からの風景をもう一枚。DSC06050

DSC06051

ここで、江戸時代の船乗りは、風待ち、潮待ちをしたのですね( ´∀` )/ぽん!

2020年初旅、四日目。
この日は、大三島からフェリーで岡村島へ渡り、日本100名道「安芸島灘とびしま海道」を走りました。
DSC05984
瀬戸内の島々を結ぶフェリーは、「大三島ブルーライン㈱」が運航しています。
岡村港乗り場に到着。
DSC05985
小さな待合室です。
DSC05986
券売機でチケット購入。
DSC05987
航路が複雑に入り組んでいます。
一人だけ留守番をしていたスタッフに買い方を教えてもらいました。

DSC05988
しかし、フェリーの姿がありません。
DSC05989
出航時間の間際になって、突然、島影からフェリーが現れました。
DSC05990
あっと言う間に着岸。
DSC05991
小さなフェリーなので、自動車は、後進で乗り込みます。
DSC05992

DSC05993
出航~~♪
DSC05994

DSC05995
たくさんの船が行きかう瀬戸内海。他の船と抜きつ抜かれつですw
DSC05996
瀬戸内海は、波が穏やかで快適な船旅。
DSC05999

DSC06000
30分ほどの船旅。
DSC06006
岡村島が目の前に迫ってきました。
DSC06009
岡村島の桟橋に到着。
DSC06010
ここで上陸し、本土と繋がる安芸灘大橋まで、西に向かって、島々を巡ります。
DSC06011
瀬戸内海に浮かぶ安芸灘諸島の島々を7つの橋で結ぶ、30キロほどの海上絶景ルート。
ここは、まさに小さな「しまなみ海道」。
DSC06013
四つの島を繋ぐ三つの橋が望める「人待ち瀬戸展望台」。
岡村橋~中の瀬戸大橋~平羅橋が連続する絶景ポイント。
DSC06014
岡村橋を渡ると、中之島。ここから、広島県に突入です。
DSC06015

DSC06016
大崎下島と豊島を結ぶ「豊浜大橋」。
DSC06063
豊島の海岸沿いを行く快走路。
DSC06069

DSC06071
豊島と上蒲灘島を繋ぐ「豊島大橋」。
DSC06073

DSC06076
「日本の渚百選」にも選ばれた「県民の浜蒲刈」。
DSC06078
三之瀬瀬戸の急潮を跨ぐ「蒲刈橋」。最後から二番目の橋です。
DSC06081
本土と下蒲灘島を繋ぐ最後の橋、「安芸灘大橋」が見えました。
DSC06097

DSC06099

DSC06102
この橋だけが有料です。
DSC06105
昔の海上交通で栄えた町並みが残っていたりで、離島らしさが今も失われていません。
走るだけなら、1.5時間ほどですが、半日かけて楽しみました。
瀬戸内海を代表する道の一つだと思います。

2020年初旅。四日目の朝。

DSC05941
大三島の「
しまなみ海道 料理旅館 富士見園
」は、静かな光で満ちています。
DSC05945
夜明けの光の中で入る海水風呂も快適。できれば、夜と朝で男女を入れ替えてほしかったけど。。
(写真は、ホームページから無断コピペ)3GiGHl[1]
朝食は、本館二階の大広間。
DSC05947
12時間前にあれほど飲み食いしたのに、まだ食べられる不思議。。
瀬戸内の海の幸、まことに恐るべし!
DSC05949
過不足のない、朝食。
DSC05950
華やかさはないが、ホッとする定番のお料理たち。
DSC05951
昨夜の大ご馳走のあとですから、これで十分満足です。
DSC05952
干物も良さげですね。
DSC05958

DSC05959

DSC05960
アジの干物と、味醂干し、ともに旨し。
DSC05961
このアラ汁の美味しかったこと!!
DSC05954
凄いね、この味は。。豊穣と言えばよいのか、なんとも美味し。
DSC05953
俸禄焼きは、目玉焼き。
DSC05955
スタッフが焼いてくれるのを断って、自分で焼きます。
私好みの半熟加減は、難しいのです。

DSC05956
完璧!
DSC05957
地元の玉子で食べるTKGも素晴らしく美味。DSC05972
あああ、美味し、旨し。
DSC05973
デザートもGJ! 美味い物食べて太るなら、満足です( ´∀` )/ぽん!
DSC05978
また、来ます( ´∀` )/ぽん!ぽん!

2020年初旅。
三日目のお宿は、大三島の「しまなみ海道 料理旅館 富士見園」。 
海水を沸かした名物・潮風呂に入ったら、さっそく夕食。
DSC05845
カウンターの下が生け簀になっているのが、面白いッスね。DSC05847
夕食は、
新鮮な海の幸がこれでもかと出てきます。味も素晴らしかった。感動したア。DSC05848愛媛県今治市上 大三島 料理旅館 富士見園
しかしまあ、ここの夕食は、料理が多くて吃驚!
DSC05852

DSC05853
旬の珍味三種盛りから始まります。
DSC05854

DSC05855

DSC05856

DSC05857

DSC05861
地元で採れたサザエ!
DSC05859
サザエは、最初のひとくちを刺身でコリコリと頂きます。うましです。
DSC05860
そして、火をつけて サザエの壺焼き。DSC05888
これも絶品!
DSC05889
酢のもの。
DSC05862
うまし。
DSC05863
地魚のメバルの煮付け。
DSC05864
美しいです。。
DSC05865

DSC05866
これも最高! 出汁が良く出ていて、上品なお味。美味し。
DSC05867
天然鯛の姿造り他県産カンパチ盛り合わせが、素晴らしい。
DSC05869
独りで舟盛り全部食べたのは、人生で初めてです。DSC05870

DSC05871
鯛のマツカサ。美しい!美味し!
DSC05872
これらの料理に合わせたお酒は、愛媛・島田酒造の「小冨士」。DSC05892
島田酒造は、日本酒は料理のための飲み物と考え、瀬戸内の幸に合うお酒を辛口一筋で醸しています。
DSC05873
すべての醸造工程は、自社の蔵で行っているそうな。DSC05874
その心意気や良し( ´∀` )/ぽん!
DSC05911
活け海老(足が暴れている!)の踊り食いは、身がプリプリを通り越して、コリコリ。DSC05876
こんな凄い海老は食べたことがありません。DSC05877
瀬戸内のタコ。
DSC05884
カンパチ。
DSC05887

DSC05896
脂がのってますなあ。
DSC05897

DSC05899
この貝が、これまた、コリコリでうまし。
DSC05907
名前を教えてもらったけど忘れた。なんだっけ?
DSC05909
お腹が出来上がり掛けた頃に 巨大なメイタガレイが一尾丸ごと出てきたのには天を仰ぎました。DSC05912
しかし、伯方の塩と自家製ポン酢(檸檬かな?)で頂くと まだまだ、イケます。DSC05913
旨し、美味し。
DSC05915
コめしが出来上がりました。
DSC05917

鯛も入ってますね。タコタイ飯ですね。贅沢です。
DSC05919

DSC05920
タイのウシオ汁。
DSC05925
お新香、三種。
DSC05924
〆のご飯、完成です~♪
DSC05923
すべて食べます。
DSC05926
ムシャブリつきます。
DSC05927
見事な塩加減。美味し。でも さすがにもうお腹いっぱい。
DSC05928
〆は、伯方の塩シャーベット。ここまで、息つく暇もなし。DSC05931
甘し、うまし。
DSC05933
これぞご馳走! 
DSC05936
二時間かけて完食。
旨いものを食べて、寿命が縮むなら、それもまた良し。我が人生に悔いなし!
瀬戸内の海、恐るべし!最高です!!

女性客にも同じだけの量が一人前なので、まったくもう、吃驚~~( ´∀` )/ぽん! 

2020年初旅。
夕暮れ近く、多々羅大橋が、朱に染まり始めた頃、大三島へ。 6
三日目のお宿は、大三島の「しまなみ海道 料理旅館 富士見園」。 DSC05825
とにかく、「じゃらん」で高評価の民宿。
しまなみ海道の宿の人気1位を何年もキープしています。

DSC05828
宿のスタッフの人情溢れるおもてなしと 瀬戸内の海の幸を使った料理が、売り。
DSC05829
お部屋は、清潔で綺麗で広い。
DSC05831
この他に、和室+洋室のお部屋もあります。
DSC05832
ウエルカムティーは、地元の手作りシフォンケーキ。DSC05833
島の名産の檸檬を使っています。
DSC05834
甘し、うまし。疲れが吹き飛びます。DSC05835
さっそく、お風呂へ。
こちらは、沖合200mから引いた海水を水蒸気で熱して作った「潮(海水)温泉」です。
DSC05836
男風呂は、潮(海水)温泉と お湯(真水)の二種類。(宿のホームぺージから無断転載)
あ~~、ええ気持ちや。極楽、ゴクラク。
GHqiEt[1]
今、気づいたのですが、女風呂↓には露天風呂もあったのね。(宿のホームぺージから無断転載)
Rd4YKU[1]
家族連れには、1日1組限定のヒノキ風呂付の特別個室がお勧め。(宿のホームぺージから無断転載)Y306119129[1]

そして、今まで見たこともない 超豪華な夕食のお話に続きます。。

2020年初旅、三日目。
日本100名道「しまなみ海道」を走ります。
DSC05738
次々と現れる絶景スポット。次は、伯方島(はかたじま)の「開山展望台/ひらきやま」へ。
DSC05739
桜の名所でもあります。
DSC05742

DSC05743
「しまなみ海道」の大きな4つの橋を見渡せる絶景スポット。
DSC05744

DSC05745

DSC05746

DSC05748

DSC05750

DSC05751
大島にわたります。
DSC05753

大島の絶景スポットは、建築家・隈研吾氏設計の「亀老山展望台」。
DSC05754
標高307mの山頂に造られた、しまなみ海道随一の絶景スポット。DSC05756
1994年に竣工し、数々の建築賞を獲得しました。DSC05758
頂上を平らにカットされていた亀老山頂に展望台を埋め込み、元のスカイラインを修復しています。DSC05759
訪問者は、一旦、地下で眺望を閉ざされて展望台に誘導されます。DSC05760

DSC05761

DSC05762 (2)

DSC05762
そして、いきなり360度の絶景の中に放り出される演出です。DSC05764

DSC05766
日本三大急潮のひとつ「来島海峡」の潮流と世界初の3連吊橋「来島海峡大橋」が一望できます。
DSC05767
なんという爽やかな展望!
DSC05768

DSC05773

DSC05776

DSC05777

DSC05778

DSC05779
石鎚山から来栖大橋にかけての眺望が特に素晴らしい( ´∀` )/ぽん!DSC05780

DSC05781

DSC05786

そして、愛媛県本渡に上陸し、最後の絶景スポット「糸原展望台」に向かいます。
DSC05793

DSC05794 (2)
到着。
DSC05794

DSC05795 (2)

DSC05795
「来島海峡大橋」が間近かに見えます。
DSC05798

DSC05799

DSC05802
まさに360度の絶景。
DSC05796

DSC05797

DSC05811
完走!満足です。
そして、この日の宿がある、大三島に向かいます( ´∀` )/ぽん!

↑このページのトップヘ